赤ちゃんの首にへその緒が巻き付く臍帯巻絡

赤ちゃんにへその緒が巻き付いた!臍帯巻絡について

臍帯巻絡

出産時に「赤ちゃんの首にへその緒が巻き付いていた!」と言われることがありますよね。出産がなかなか進まず時間がかかってしまったというときなど、いざ産まれてみるとへその緒が二重に巻き付いていたなど、へその緒が赤ちゃんに絡まってしまうことはよくあります。このようにへその緒が赤ちゃんの一部に絡まってしまった状態のことを「臍帯巻絡(さいたいけんらく)」といいます。

この臍帯巻絡ですが、イメージとしては先ほど例に挙げたように首に巻き付くというのがよく知られていると思います。ですが、もちろん首だけでなく手や胴体に巻き付いているなど、体のどこに巻き付いていてもおかしくありません。臍帯巻絡自体は、全出産の中で約20~25%の割合で起こると言われています。つまり、産まれてくる赤ちゃんのうち4~5人にひとりはへその緒がどこかに巻き付いているということになりますね。こうして見てみるとかなりの確率で臍帯巻絡となることがわかりますが、へその緒が巻き付くことで赤ちゃんやママにどんな影響があるのでしょうか?

へその緒ってどんなふうになってるの?

へその緒のことを臍帯(さいたい)と呼びますが、この臍帯のトラブルでもっとも多いと言われているのが臍帯巻絡です。臍帯巻絡以外にもへその緒のトラブルはたくさんあり、たとえばへその緒の長さが長い・短い、胎盤ではなく卵膜にくっついてしまうなどさまざま。いろいろあるへその緒のトラブル

そんな中で特に多い臍帯巻絡ですが、特に多いのが首にへその緒が巻き付いてしまうパターンです。へその緒が首に巻き付くなんて危険!と思われますが、多くの場合は首に巻き付いていてもトラブルはさほど生じません。

と言うのも、へその緒は三本の血管がたっぷりのバリアに守られているからなんです。へその緒には2本の動脈と1本の静脈があって、その周りは「ワルトン膠質(こうしつ)」というゼラチン状の物質で覆われています。弾力のあるワルトン膠質で3本の血管が包み込まれているため、多少の衝撃はへっちゃらというわけなんですね。

おなかの中で赤ちゃんがくるくる回ったり、手足をバタつかせて多少へその緒を押さえたとしても、ワルトン膠質がへその緒の血管を守っているため基本的には問題ありません。ですが、ぐるぐると二重にも三重にもへその緒が巻き付いていたりすると、そのぶん赤ちゃんの首が締め付けられることになってしまいますから危険も増えてしまいます。

へその緒が赤ちゃんに絡まる危険について

「へその緒が赤ちゃんに絡まった=危険」というわけでなはく、先ほど述べたように二重三重になっていたり、絡み方がとてもきつくなっていると赤ちゃんにも影響があらわれます。ですが、まるでマフラーを巻いているようにゆるくかかっていたり、ワルトン膠質のおかげで特に症状がないことの方が多いと言われています。

たとえ赤ちゃんの首にへその緒が巻き付いていたとしても、無症状で特に問題なく産まれてくることがほとんどです。臍帯巻絡になっていてもママは特に自覚症状はなく、検診でわかることも。検診でのエコーで、へその緒の血流を調べる超音波ドプラー法(カラードプラ・パワードプラ)が行われるので、すぐにわかるんです。ぐるぐる巻きになっていなくても、へその緒が我が子の首に絡まっていることがもしわかったとしたら…とっても心配ですよね。

しかし、残念ながらおなかの中の赤ちゃんの臍帯巻絡に対してこれといった治療法はなく、いわば運にかけるようなもの。万が一、臍帯巻絡であることがわかっても、何も治療や対処をすることはできずそのまま出産に臨むほかありません。ですが場合によっては帝王切開となったり、早めに赤ちゃんを出してあげないと危険だと判断されることも。

赤ちゃんが成長するにつれて、おなかの中では赤ちゃんと羊水との割合が変わってきます。羊水が多い場合にはまだ赤ちゃんが動くスペースがあり、絡まったへその緒がとれる可能性もありますよね。ですが、羊水が少なくなってくるとへその緒が絡まった状態そのまま、もしくはさらに巻き付いて悪化してしまうということが考えられます。こういった危険は少しでも防ぎたいものですが、対処方や詳細な原因はわかっていません。今のところは、よく動き回る子に偶然へその緒が絡みついてしまったと考えられています。また、へその緒が長い(過長臍帯)ことで絡まりやすくなるとも言われています。

臍帯巻絡は死産の原因にも…検診時に注意!

臍帯巻絡になったとしても、多くは特に問題なく産まれてくることがほとんどだと言いましたね。しかし、実際のところは死産やおなかの中での突然死の原因になっていることも。「いよいよ臨月、出産だ!」というところで検診に訪れ・・・エコーで心臓が止まっていることがわかり、赤ちゃんをお腹から出してみると、へその緒がぐるぐるに巻き付いていたということも。

へその緒は赤ちゃんとママをつなぐパイプであり、赤ちゃんに栄養や酸素を届けるために唯一の命綱です。へその緒に問題があると赤ちゃんの成長にも影響がありますから、検診のときには注意しておきたいですね。いつどんなタイミングで臍帯巻絡が起こるかはわかりませんし、臍帯に問題があるかどうかも、おなかの中ではなかなかわからないものですよね。医師もこういったリスクを減らすために注意してエコーを見てくれるはずですが、心配であればへその緒の状態について詳しく調べてもらうようお願いしても良いのではないでしょうか。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク