【専門家が教える】東洋医学的な赤ちゃんの4タイプ風邪をひきやすい「肺(はい)」

さまざまな赤ちゃんを見ていると、好奇心旺盛な子もいれば怖がりの子、胃腸の弱い子もいれば、風邪をひきやすいタイプの子…いろんな子がいますよね。

東洋医学では赤ちゃんを4つのタイプ、「肝(かん)脾(ひ)肺(はい)腎(じん)」に分けて赤ちゃんの状態をとらえています。

タイプ別に赤ちゃんの気質や特徴に応じた、ケア方法やベビーマッサージなどがあります。

ご自分のお子さんがどのタイプかがわかると、効果的に赤ちゃんへのケアをおこなえます。

今回は、風邪をひきやすい「肺(はい)タイプ」の赤ちゃんについてお伝えしていきます。

肺(はい)タイプの赤ちゃんとは?

肺(はい)タイプの赤ちゃんは、以下のような特徴がみられます。

肺(はい)タイプの気質

  • 甘えん坊気質
  • 悲しいことがあるとシクシクとよく泣く、または声を出さず涙だけ流すこともある
  • おっとりしていてマイペースで、動きものんびりしている
  • 環境の変化や気持ちの切り替えに時間がかかりやすい
肺(はい)タイプのからだの特徴

  • 鼻水がいつも出ている
  • 風邪をよく引く
  • 季節の変わり目に体調を崩しやすい
  • 皮ふは色白でやわらかい
  • 背中にうぶ毛が多いところもある
  • 皮膚が、虫や植物などでかぶれやすい

季節の変わりめに敏感で、気温の変化に影響を受けやすく、保育園の入園しはじめや環境の変化などで風邪をひきやすいのが肺(はい)タイプの赤ちゃんです。

性格的にはとてもマイペースで動きもゆっくりのんびり。
ママが大好きで甘えん坊さん。ママから離れて遊べるようになるまでに時間がかかります。

肺タイプの赤ちゃんは、色白で皮膚がやわらかいのも特徴です。

東洋医学的にこの肺タイプは「気」のバリア機能が弱いため、外部の環境の変化から身体を守れず、風邪などの「邪(じゃ)」(東洋医学では邪(じゃ)が身体に入り込み体調を崩す外的要因と考えます)が身体に入り込みやすく風邪をひきやすいといわれています。

ベビーマッサージのふれあいで皮ふを鍛え、ママの手でたくさんの「気」を補うことで「気」のバリア機能も強くなり、身体に「邪」が入りづらく丈夫になっていきますよ。

オススメのベビーマッサージはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

肺(はい)タイプの赤ちゃんは汗をかくこともオススメ

天気がよい日は外で遊ばせ、動いて汗をかくことでも自然に肌も強くなり、「気」のバリア機能も強くなります

また、汗腺の発達は2〜3歳までに決まるといわれています。

この時期、夏場にクーラーなどで汗をほとんどかかずに過ごしてしまうと、赤ちゃんの汗腺の発達の妨げにもなります。

温度設定は28度程度にして、クーラー使い方も気をつけてみてください。

赤ちゃんはなぜ汗っかきなの?あせものスキンケアのコラムはこちらを参照してください。

注目記事

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー