妊娠中の海水浴にはどんな危険が考えられるの?

妊娠中の海水浴って、行ってもいいの?

妊娠中の海水浴

妊娠すると、あれもこれも「やっていいの?」「本当に大丈夫?」と気になってしまうもの。たとえば、あれって食べても大丈夫なの?ヘアカラーをしても大丈夫なの?つわりが落ち着いたから旅行に行きたいけれど大丈夫なの?…などなど、たくさんの心配があるかと思います。妊娠中に避けたい食べ物についてはこちら妊娠中のヘアカラーについてはこちら妊娠中の旅行についてはこちら

その中でも、特に安定期に入ったことで「旅行に行って海に入りたい!」と考える方も少なくありません。また、妊娠中に上のお子さんを海水浴に連れて行ってあげたい、そのため自分も海に入りたいんだけど大丈夫?と心配になることもあると思います。では、妊婦さんは海水浴に行ってもよいのでしょうか?

海水浴で心配なことって何があるの?

まず、海水浴に行ったときに考えられる危険とは何があるでしょうか?

  • 強い日差しによるシミや日焼けなど肌トラブル
  • 暑さによる熱中症、脱水症状
  • 海水やシャワー室などでの細菌感染
  • 海水温が低く体が冷えやすい
  • 混んでいるとお腹が人とぶつかりやすい
  • 水泳中に足がつると危険(こむら返り)

…などなど、いろいろな危険や心配があるかと思います。また、上のお子さんがいらっしゃる場合にはお子さんから目を離さないように追いかけたり、つきっきりでいなければ危険ですよね。

でも、もしおなかが張ってしまったら?「おなかが張ったら安静に」というのは絶対です!そんなときに上の子が走り出してしまったら、どうしても追いかけなくてはなりません。つまり、おなかの子に負担をかけてしまうことになりますし、これがきっかけで切迫早産になってしまうということも考えられます。切迫早産についてはこちら

海水浴での危険について詳しく見てみよう

妊娠中の海水浴について、上で少しお話ししましたが、どうして危険なのか、どのように危険なのか・・・という事を、それぞれを詳しくみてきましょう。

強い日差しによるシミや日焼けなどの肌トラブル

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、ふだんよりもシミができやすい状態となっています。妊娠中にできたシミは産後にケアをすれば消えやすいとは言われていますが、シミのもとができている状態なので産後にケアを怠ってしまうと、そのままシミ・そばかすとして残り続けてしまいます。

また、同じく肌が敏感になっている妊娠中は、ふだんよりも日焼けによる肌のダメージが大きいことも…。日焼け=やけどと同じですから、水膨れ・痛み・赤みがいつもよりひどくなることも少なくありません。まずはできるだけ直射日光を浴びないように工夫をしましょう。海水浴に行くときは必ず日焼け止めを使い、さらに水着だけでなくラッシュガードや上着を一枚羽織るようにしましょう。

暑さによる熱中症、脱水症状

危険なのがこちらの熱中症。普段、公園や夏場の外出でもそうですが、熱中症や熱中症による脱水症状は水分不足や高熱などの症状があらわれますし、症状がひどくなると臓器の障害も起こります。さらに最悪の場合は意識障害、高体温と脱水のために肝機能・腎機能障害が起こり、赤ちゃんもママも死亡してしまうケースも。特に妊娠中のママは代謝が良くなり汗をかきやすいので、たとえ海の中に入っていてもいつの間にか汗をたくさんかいて、海から出たときには軽い脱水が起こっていることもあります。こまめに水分補給をするほか、熱いと感じたらおでこや首をアイスノンで冷やして体感温度を下げるなどの工夫をしましょう。

海水やシャワー室などでの細菌感染

これは多くの妊婦さんが気になっていることではないでしょうか。確かに、衛生管理がきちんとされているプールとは違って海は雑菌がたくさんいます。膣から雑菌が入り込んだとしても通常の膣内は酸性に保たれているために殺菌作用があり、感染することはありません。

しかし、妊娠中はさまざまな体の変化がありますし、ちょっとしたことで抵抗力が下がってしまうことから細菌感染する可能性もゼロとは言えません。こればかりは海に入る以上完全に防ぐことはできませんので、やはり自己責任となってしまいます。

海水温が低く体が冷えやすい

これもおなかの中の赤ちゃんにとって心配なことです。室内プールで行われるマタニティビクスなどは、プールの温度も冷たすぎないようきちんと温度管理がされていますよね。

しかし海では海水温がびっくりするくらい低いときがあります。真夏は冷たくて気持ち良いかもしれませんが、徐々に体温を奪っていってしまうため気が付いたときには寒くて真っ青…ということも。30分ごとに海からあがって休憩をとりましょう。このとき、まずしっかりと水分をふき取り、水分補給の際には冷たすぎるものを飲み過ぎないようにし、さらにおなかを温めるようバスタオルを巻きましょう。

混んでいるとおなかが人とぶつかりやすい

海水浴場によっては海一面人で埋まるなんて事もあります。また、小さな子達も走り回ったりしていますので、お腹にぶつかってしまった時になんらかのトラブルになってしまう事もあります。

水泳中に足がつると危険(こむら返り)

こむら返りは筋肉疲労・脱水・妊娠中におこりやすくなるため、妊娠中のママはしっかりと水分補給、足のストレッチを行い、できるだけ浅いところで海水浴をするようにしてくださいね。

妊娠中の海水浴は自己責任

妊娠中の海水浴の危険について、その危険と対処・予防をご紹介しました。ただ、すべてこれは「自己責任」だということを覚えておいてくださいね。

まず海水浴に行くときには産婦人科の医師に相談を。二つ返事で行ってもいいよ!と言う医師と、プールはいいけど海はダメという医師、妊娠中に泳ぐのは絶対ダメ!という医師など、それぞれです。基本的にはかかっている医師の判断に従うようにし、もしOKをもらった場合であってもよく自分で考え、さらにパパとも話し合ってみてください。細菌感染の可能性がゼロではないこと、お腹や体を冷やさないようにすること、熱中症になりやすいことなどを考えて、最終的にはしっかりと個人で考えるようにしてくださいね。上のお子さんを海水浴に連れて行く場合にはパパや周囲の家族の協力が不可欠ですので、よく相談してくださいね。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク