帝王切開での出産は何人まで可能なの?

増えている帝王切開、何度もできるものなの?

帝王切開での出産は何人まで

お産がはじまり、途中でなんらかのトラブルや異常が起こった場合に切り替えられる「帝王切開」。赤ちゃんとママの危険を取り除く帝王切開での出産は、近年多くなっていると言われています。帝王切開が増えているってホント?

逆子、前置胎盤巨大児児頭骨盤不均衡などなど…近年では、いろいろな異常や問題が見つかりやすくなったことで、あらかじめ帝王切開での出産と決められるパターンが増えています。また、経膣分娩での出産にトライしている最中であっても、いつ・どんな理由でトラブルが起こるかはわかりません。そういったことで、帝王切開での出産が増え続けているということなんですね。逆子を逆子体操についてはこちら

そんな帝王切開での出産ですが、何人もお子さんがほしいと望んでいるママの場合には、次回以降の出産ってどうなるのでしょうか?最近では、帝王切開で出産したあと次の妊娠・出産では経膣分娩にチャレンジするという、「VBAC(ヴイバック)」という出産方法をとる方も少なくありません。VBAC出産についてはこちら

しかし、VBACではなく再び帝王切開での出産となる方も多いですよね。そこで気になるのが「帝王切開って何回できるの?」ということです。

帝王切開のメリット・デメリットについて

まず、帝王切開を行うことのメリット・デメリットについてみていきましょう。

帝王切開ですが、ママにとっては開腹手術となりますので経腟分娩よりも産後の回復が遅れるため、負担が大きくなりやすいと言われています。入院期間が経膣分娩よりも伸びますし、歩いたり授乳をするペースも遅れてしまいます。ただ、赤ちゃんにとってはとても安全で、ストレスの少ない出産方法だと言われています。

帝王切開のメリット

  • 子宮の収縮による赤ちゃんへの締め付けがない
  • 狭い産道でぎゅうぎゅうと締め付けられることがない

このことから、赤ちゃんにとってはストレスの少ない出産方法となるんですね。

帝王切開のデメリット

  • ママのリスクが高い(出血・産褥熱・肺血栓塞栓症など)
  • 赤ちゃんが産道を通過しないので肺に羊水が残り呼吸が乱れやすい(新生児一過性多呼吸)
  • 次の妊娠、出産への影響(前置胎盤・子宮破裂・癒着胎盤)

この中で、帝王切開が何回できるかということとかかわってくるのが「次の妊娠、出産への影響」です。

帝王切開が次の妊娠・出産に与える影響

子宮破裂

一度帝王切開をした子宮は、綺麗に縫合したとしてもその痕がのこります。そうすると、次に妊娠したときにまた赤ちゃんが大きくなると子宮も伸び、帝王切開した部分も一緒に伸びることになります。このときに「子宮破裂」のリスクが高まります。

子宮破裂は全分娩の約0.1%程度だと言われていて起こりにくいのですが、その中でも帝王切開や子宮筋腫の手術など、子宮に傷がある場合に起こりやすいと言われています。子宮破裂が起こるとその程度にもよりますが、ママも赤ちゃんも死亡してしまうリスクが高まります。

癒着胎盤

妊娠したときに胎盤がつくられはじめますが、そのときに胎盤の絨毛(じゅうもう)が子宮の筋肉の層にまで入り込んでしまうことをいいます。これによって、通常は赤ちゃんを出産したあとに胎盤が自然に剥がれて出てくるのですが、子宮にくっついてしまっているため胎盤が出てきません。胎盤がどの程度の深さまで子宮の筋層に入り込んでくっついているかによりますが、感染症や多量出血を防ぐために出産後、子宮の全摘出を行う場合が多いと言われています。癒着胎盤についてはこちら

前置胎盤

人工中絶手術や帝王切開の手術をはじめ、子宮にかかわる手術をしたことがあるという方に多いと言われています。子宮を一度切っているため、次回の妊娠時に子宮がうまく伸びにくくなってしまいます。通常は赤ちゃんの成長とともに子宮も伸び、それにあわせて胎盤も子宮の上の方に一緒に引っ張られていくのですが、子宮の伸びが悪いことで胎盤が移動しません。そうすると胎盤が子宮の下のほうについてしまい、赤ちゃんの出口である子宮口を覆ってしまったり、子宮口の一部を覆ってしまいます。これを「前置胎盤」といいます。

妊娠後期など子宮が大きくなってくると胎盤の血管が破れて、無痛ではありますが出血が起こったりします(これを警告出血といいます)。いざ陣痛が起こると赤ちゃんが出てくるよりも先に胎盤が剥がれて大出血を起こすことも。無事に赤ちゃんが出てきたとしても伸びの悪い子宮は収縮もしにくいことから、出血量が多くなる傾向にあります。前置胎盤は妊娠中・分娩中のどんな時期でも危険が起こりやすいので、妊娠中に胎盤の移動がみられなければ帝王切開での出産となります。前置胎盤についてはこちら

帝王切開は「○回まで」できる!?

そういったことを踏まえて、帝王切開での出産は何回までできるの?ということをみていきましょう。みなさんがよく聞くのは「帝王切開は3回まで」ということではないでしょうか。

子宮はとてもよく伸び縮みする部分で、子宮筋層をつくる細胞は妊娠するととてもたくさん細胞分裂して、しかもそのひとつひとつの細胞が最大0.5㎜にまで大きくなるといいます。…とはいえ、何度も何度も伸び縮みをしていると子宮も疲れてしまいますし、最初の妊娠と何度目かの妊娠では子宮の疲労のために、やはり収縮力が弱まりやすいといいます。そして帝王切開をしている場合だと、やはり子宮に大きな負担がかかっているということがわかると思います。特に年子での妊娠・出産や、多くのお子さんをもうけているという方はどうしても子宮への負担が大きくなりますよね。

結論としては、一口に「○回まで出産できる」とは言えません。その人が何回帝王切開で出産できるかというのは、帝王切開をした医師が直接子宮の状態を見て判断することとなります。その回数がたいだい平均で3回程度となっているため、帝王切開は3回までと言われているんですね。3回以上だと子宮破裂などのリスクがぐんと高くなってしまうため、子宮の厚みがじゅうぶんあるという方でない限り、帝王切開はできないということになります。

ただ、何度も帝王切開ができないというわけではありません。また年子での妊娠など、子宮に負担がかかりやすいという場合もあります。これらは決して少なくないパターンで、このような例があるということも掲載しておきますので参考にしてみてくださいね。

・4度目の帝王切開で早期出産
帝王切開で5度目の出産、4人目の出産のときに医師から「子宮が薄くなって赤ちゃんが透けて見えていた」と言われたことから、5人目は時期を早めての帝王切開に。9か月後半での出産となったそうです。

・6回の帝王切開での出産

・1人目を帝王切開で出産後~半年での妊娠、年子で再び帝王切開での出産

こういったケースもありますので、誰もが3回までというわけではなく、その人の子宮の状態や妊娠の経過によって判断されるということを知っておいてくださいね。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。