たとえ方は人それぞれ、陣痛の痛みについて

正直怖い!けれど…陣痛と向き合おう!

陣痛の痛みについて

赤ちゃんがおなかに宿り、出産の日を心待ちにしているというママ。ただ、どうしても乗り越えなくてはならないのが「陣痛」です。男性には耐えられない痛みともいわれている陣痛ですが、いろいろなママの経験談を聞いていると恐ろしくて…という方もいらっしゃるはず。そのために出産を控えたママの中には恐怖のあまり、出産したくない!嫌だ!とパニックになったり、赤ちゃんに対して自己嫌悪に陥ってしまうことも。

当然、出産を経験したことがない初産の方はどんな痛みなの?と、どんどん想像が膨らみ、怖くなっていきます。一方で2回目以降の出産となる経産婦の方は、またあの痛みを経験しないといけないのか…とまた怖くなるもの。

では、陣痛・出産のときの痛みって、具体的にどんな痛みなのでしょうか?怖くても、イメージトレーニングをしておくことで出産についてある程度心構えができたりするものです。先輩ママたちの陣痛の痛み、それぞれのたとえ方について見ていきましょう!

前駆陣痛の痛みについて

前駆陣痛とは、赤ちゃんが出てくるための本陣痛とは違って、出産の準備段階で起こる痛みのことです。「これって陣痛!?」と疑ってしまうほど痛みを感じることもありますが…

  • おなかの張り(陣痛)が定期的でない
  • すぐにおさまってしまう

ということが特徴です。ですが、逆にこれは前駆陣痛だと思っていたら本陣痛だった!というパターンもありますので、陣痛を疑うような痛みが起こったらまずは産院を受診しましょう。ほとんどのママが経験する前駆陣痛って?陣痛の兆候(前駆陣痛)や陣痛について

さて、そんな前駆陣痛の痛みについて、世の中のママたちはどのような痛みにたとえているのでしょうか?

  • 軽い月経痛のよう
  • チクチクした痛み
  • 子宮ではなく骨や腰がぴきぴきと痛い
  • 下痢のときのような強い痛み
  • 子宮が握られているような痛み
  • ひどい恥骨痛
  • 針で刺すような痛み

…などなど、さまざまなたとえ方があります。前駆陣痛は赤ちゃんの頭がママの骨盤にはまっていく、出産の準備をしている痛みになります。ですから、子宮の収縮のせいで生理痛のような痛みもあれば、骨盤が押し広げられるような感覚や腰にくる痛みなど、さまざまな痛みを伴います。前駆陣痛がまったくないという方もいれば、前駆陣痛から本陣痛につながったという方もいらっしゃいますよ。

本陣痛の痛みについて

多くのママが気になるのは、こちらでしょう。やっとやってきた本陣痛は、ママはもちろん赤ちゃんも体中をぎゅうぎゅうと締め付けられています。強い痛みがやってくると息を止めてぐっとこらえたくなりますが、赤ちゃんに酸素を送るためにしっかり呼吸をするように心掛けてくださいね!では、世の中のママたちの気になる本陣痛の痛みについて見ていきましょう。

  • ひどい生理痛
  • 最大級の下痢を我慢し続けているような痛み
  • 子宮をぞうきん絞りされているような痛み
  • 木づちで腰を殴られているような痛み
  • 子宮が握りつぶされているような痛み
  • 史上最大の腰痛
  • ずどーんとくる重たい痛み
  • 生理痛20倍+下痢痛30倍
  • ひどい便秘がさらにひどく、脂汗が出るような痛み

…不安をあおってしまったでしょうか。ですが、実際にそんなことをされたら生きていられないほどのたとえを、世の中のママたちは乗り越えてきました。

また、陣痛の痛みはもちろんですが「いきみ感」を我慢する方が大変だったというママも少なくありません。子宮口は全開の10センチ開かないと赤ちゃんの頭がスムーズに出てくることができません。あと2~3センチというくらいになったり、赤ちゃんの頭がどんどん下がってくることによって「いきみたい…」という感覚がうまれます。体が勝手に、全力で赤ちゃんを押し出そうとするそのいきみ感を、なんとか子宮口が全開になるまで我慢しなくてはならないのです。陣痛をやわらげるアイテムはこちら

ちなみに、筆者の陣痛のたとえは「だるま落としなどで使われる木づちを巨大にしたもので、腰をフルスイングされる痛み」でした。腰にくる痛みだったので、腰の骨を粉々に破壊されるような感覚でした。

分娩時の痛みについて

やっと子宮口が全開になり、いきむことが許されるとき。今度は子宮の痛みよりも、産道が赤ちゃんの体で押し広げられていく痛みになります。いきむときにはどうしても「うぅ~~!」と声が出てしまいますが、できるだけ声を出さないようにいきむと力が入りやすくなります。

  • あそこが痛くて熱い感覚
  • 骨がビキビキと押し広げられていくのがわかる
  • 人生最大の便秘で、超巨大な便をひねりだす感覚・痛み
  • 陣痛と違い、刃物でさされるような鋭い痛み

やっといきめるということから、陣痛よりマシだという方も少なくありません。ただ、赤ちゃんの頭や体がママの体を押し広げて出てくるため痛みもかなり強くなります。赤ちゃんが生まれると、その痛みは不思議なほど一気になくなります。

出産での痛みや感覚について、その他

破水

人によっては破水から始まる出産もあれば、なかなか破水(破膜)しないという方も。筆者の場合は陣痛で分娩室にいるときに先生が「お産が進みやすくなるから」と人口破膜を行いました。膜が破れた瞬間、自分の足の間から勢いよく飛び散る羊水…あの光景はなかなか忘れられません。

また、末っ子のときには分娩台で陣痛に耐えていたとき。それまでで一番強いぎゅう~っという収縮が起こったときに、おなかの中で「ぱちん」と水風船がはじける感覚がありました。すぐに温かいものが流れてきたので、破水したとすぐにわかりました。あの「ぱちん」という感覚は本当に不思議なもので驚いたものです。

中には、破水したときに「ぶつっ」と膜が破れた音が周囲にまで聞こえたというパターンも!ちなみに、膜が破れて破水するときに痛みは特にありませんのでご安心を。破水からの陣痛、破水とおりものの見分け方などはこちら

会陰切開

いよいよ赤ちゃんが出てくる!というときに、スムーズに赤ちゃんが出てくるように出口の部分、つまりお母さんの膣口を数センチ切開して出口を広げます。会陰切開についてはこちら

初産の7割の方が会陰切開を行うといいますが、もし会陰切開をせずに膣口が裂けてしまった場合には会陰裂傷となって、処置が長引くこともあります。いよいよ分娩!というときに行われるので、多くの場合では特に麻酔をせず、はさみで切開をおこないます。麻酔なしであそこを切るなんて!?と思うかもしれませんが、陣痛の痛みで気づかなかった…という方が多いんです。

もちろん、会陰切開に気付く人・会陰切開の方が痛いという人もいます。(筆者はそうでした)それまでは「痛い」という感覚だったのが、会陰切開をした瞬間に「痛み+熱い」という感覚になったことを覚えています。

また、「会陰切開なんて陣痛でわからなかった~」という周囲の声が多かったので、分娩台の上で「気が付かないなんて嘘じゃん!!」と叫んだことも今では思い出となっています…。

後産

赤ちゃんが出てきたあとすぐ~30分くらいの間に、赤ちゃんのへその緒とつながっていた「胎盤」が自然に剥がれ落ちて出てきます。赤ちゃんがいなくなって空っぽになった子宮は、すぐに元通りになろうとして収縮を始めます。このときの収縮で胎盤が剥がれて出てくるのですが、若干痛みを伴う場合もあります。ただ、陣痛を経験したので痛みはほぼないに等しいと言っても良いでしょう。

胎盤が出てくるとき、軽いいきみ感があったあとに大きなゼリー状のものが出てくる「どぅるん」という独特の感覚が。これが快感!という方も少なくないようです…。(筆者も実はこれが楽しみでした)

会陰切開の縫合

会陰切開を行った方はすぐ縫合を行います。数針ですむ場合は麻酔をせずそのまま縫合を行うこともあり、やはりチクチクとした痛みですが10分程度で終わります。ただ、かなり切開をおこなった方や裂傷があるという場合は局所麻酔をして、きちんと処置をしてもらいます。

もちろん、数針の縫合であっても痛い場合にはきちんと医師に伝えると局所麻酔をしてもらうことができますよ。筆者は3針縫ったと言われましたが、赤ちゃんが出てきたことでハイになっていて、チクチクと言う痛みを感じるもののさほど気になりませんでした。

…いかがでしょうか?出産は、前駆陣痛や陣痛のほかにも浣腸・点滴など痛みを伴うことばかり…。そのため、余計に不安になってしまう方もいらっしゃると思います。ですが出産は、産まなければ痛みはなくなりません!スムーズなお産を目指して、陣痛がきたときに痛みのせいで叫ぶと体力を消耗して筋肉がこわばってしまうので、リラックスするように心掛けてくださいね。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?