陣痛の痛みってどんな?始まりは?和らげる方法や呼吸法とは?

臨月になると「やっと赤ちゃんと会える」という嬉しい気持ちとはうらはらに、陣痛への不安を感じる方は多いのではないでしょうか。

赤ちゃんを産むためには陣痛は必要だけど「陣痛はどれくらい痛いの?」「いつ始まるの?」「陣痛だと気づけるのか?」という心配があるようです。

陣痛は何の予兆もなく突然起こるわけではありません。
陣痛の前触れ、陣痛の種類、お産を乗り切るための分娩の経過などについて説明します。

陣痛には前駆(ぜんく)陣痛と本陣痛の二種類があります

陣痛と聞いて思い浮かべるのは、赤ちゃんが産まれる直前の痛みではないでしょうか。
赤ちゃんを産むための陣痛(本陣痛)は急に始まりません。
「本陣痛」の前に、弱い痛みの「前駆陣痛」という前触れが起こります。

前駆陣痛とは

「前駆陣痛」は「偽陣痛」ともいわれます。
前駆陣痛は、赤ちゃんを出すための陣痛ではなく、赤ちゃんが産まれてくるための通り道である子宮下部や子宮頚管を柔らかくしておくために起こる痛みです。
妊娠36週~40週の臨月に入った頃に起こることが多いようです。

「前駆陣痛は本陣痛の前触れ」と理解しておくとよいでしょう。
前駆陣痛からすぐに本陣痛に移行する人もいますが、前駆陣痛から本陣痛まで2~3日かかる人もいます。

本陣痛とは

「本陣痛」は「分娩陣痛」ともいわれます。
本陣痛は赤ちゃんを押し出すための陣痛です。
子宮口が広がり、子宮が収縮して赤ちゃんを押し出そうとします。

痛みは規則的に現れ、だんだん強くなります。

産院に連絡するタイミング

初産の方は、痛みのピークとピークの間隔が10分おきになったときが、病院や産院に連絡をするタイミングです。

ただし、お産を経験したことがある経産婦は、陣痛の間隔が15分おきになった時点を出産する医療機関へ連絡する目安にするとよいでしょう。

痛みの発作と発作の間は、無痛なので、何ごともなかったかのように普通に体を動かすことができます。
痛みのないときを見計らって病院に電話をかけましょう。

ただし、産婦人科の検診で既に子宮口が開いていると指摘されている人は、お産が進むスピードが早くなる場合があるので、前もって産院に連絡をするタイミングを医師や助産師に確認しておいてください。

家から病院や産院までの距離が遠い人は、上記より早めのタイミングで連絡をして医師や助産師の指示に従ってください。

前駆陣痛と本陣痛の違い

前駆陣痛と本陣痛の違いを表にまとめました。

前駆陣痛では慌てる必要はありません。
本陣痛との違いを知っておいて落ち着いた対応をしましょう。

前駆陣痛 本陣痛
  • お腹が張っているような感覚
  • 生理痛に似た感じの我慢できる痛みで、しばらくすると治まってくる
  • 痛みの間隔は不規則
  • 姿勢を変えると楽になったり、痛みが治まったりする

 

  • 赤ちゃんが子宮口の方に下がってくるので便意を感じる場合もある
  • 徐々に強く激しい痛みに変わり、痛みを感じる範囲も広がってくる
  • 規則的に痛みが起こり、20分おき、15分おき、10分おきと間隔がだんだん短くなる
  • 姿勢を変えても痛みは治まらない

陣痛とあわせて出産の経過も理解しておきましょう

出産にかかる時間の平均は初産婦で15~16時間、経産婦で6~8時間です。

お産の経過は分娩第1期~分娩第3期に分けられます。
お産の進み具合によって、痛みの程度や痛む場所は変化します。
出産の流れを知っておくことで、陣痛に対する恐怖心を少なくし、うまく陣痛を逃してお産を乗り切りましょう。

分娩第1期「開口期」

開口期とよばれ、陣痛の間隔が10分おきになってから子宮口が全開(10cm)になるまでの期間をさします。
初産婦さんで10~12時間、経産婦さんで4~6時間です。

最初はおもに下腹部や腰が痛みます。
痛む場所をさするとよいようです。
自分では無理な時は誰かにさすってもらうとよいでしょう。

四つんばいになったり、横向きに寝て背中を丸めるのも陣痛を和らげるのに効果があるようです。

呼吸は普通にできるときは普通に、痛みが押し寄せてきたときは息を鼻からゆっくり吸って、口からゆっくり吐く、腹式呼吸を行うとよいでしょう。

出産全体をみると、序盤なので、好きな音楽を聴くなど、なるべくリラックスをして体力の消耗を控えましょう。

陣痛が微弱などでなかなか出産が進まなかったときは、陣痛促進剤を使うこともあります。

上手に「いきみを逃がす」ことがポイント

分娩第1期の後半は、赤ちゃんが徐々に下がってくるので、痛みの場所は腰や太もも、足の付け根の方に変化する方が多いようです。

いきみたい気持ちになる方が多いようですが、子宮口が全開になる前にいきむと子宮口がむくんで開きにくくなったり、子宮口が裂ける危険性があります。
それだけではなく、赤ちゃんは圧迫されて息ができなくなる可能性があるので、うまく「いきみ逃し」を行いましょう

いきみ逃がしの方法は、肛門を圧迫するのが効果的だと感じる方が多いようです。
テニスボールを肛門に押し当てる、正座やあぐらをかいた姿勢でかかとを肛門に押し当てるなどが効果があるようです。

もうひとつの方法は、「ラマーズ法」と呼ばれる呼吸法を取り入れたいきみ逃がしです。
陣痛の痛みで呼吸が乱れるのを防ぐために行います。
陣痛がきたら、鼻から息を吸って、「ヒッ、ヒッ、フー」と言いながら口から息を長く吐きましょう。
「ヒッ、ヒッ」では短く、「フー」では長く息を吐きます。

この頃になると、陣痛の間隔は2~3分おきで、痛む時間は1分くらいになります。

無痛分娩を希望している方は、陣痛が始まってから麻酔を入れるケースが多いようです。

分娩第2期「娩出期」

娩出期とよばれ、子宮口全開から赤ちゃんが出てくるまでの期間をさします。

個人差はありますが、初産婦で2~3時間、経産婦で1~1.5時間かかるといわれています。

一般的な出産では、子宮口が全開した後に破水が起こります。
このタイミングになったら、いきめます。
「いきみたいのを我慢していたときより、いきむほうが楽だ」と感じる人もいるようです。
陣痛にあわせていきみましょう

いきむタイミングは、医師や助産師さんが教えてくれるので、「いきんで」と言われたら、あごを引いておへそを見て、お尻を突き上げるようにして力を入れます。

このとき目は閉じないで、開けておきます
目を閉じると顔に力が入ってしまい、肝心のお腹の方に十分な力が入りません。
また、顔の毛細血管が切れて、顔中に赤い内出血の斑点ができることがあります。

陣痛にあわせていきみを繰り返することで、赤ちゃんが出てきます。

いきむ回数は人によって異なりますが、なかなか赤ちゃんが出てこなくて出産が長時間に及ぶケースもあります。
なるべく体力を消耗しないように、陣痛がない間はリラックスするようにしましょう。

分娩第3期「後産期」

後産期とよばれ、赤ちゃんが出てきてから胎盤が出てくるまでの期間をさします。
初産婦で15~30分、経産婦で10~20分です。

軽い陣痛と共に胎盤が出てきます。
これで出産は終了します。

レアケースですが、胎盤が出てこない「癒着胎盤」というケースがあります。
癒着胎盤のときは、胎盤を出すために医師によって処置がなされます。

陣痛とは違う痛みを感じたら病院に連絡を

陣痛とは思えないような痛みを感じたり、陣痛が起こる時期が予定より早すぎる場合は迷わず病院に連絡をしましょう。
赤ちゃんに危険がおよぶ場合もあります。
代表的なものを説明しておきますので、頭の片隅にいれておいてください。

陣痛のように波がなく、強い痛みが持続的に起こっている場合

強い痛みが持続的に起こっている場合は、胎盤早期剥離(はくり)の可能性があります。

胎盤は赤ちゃんが出てきたあと、お産の最後に出てくるのですが、何らかの原因でまだ赤ちゃんが子宮の中で育っている間に先に胎盤がはがれてしまう場合があります。

胎盤がはがれると、赤ちゃんに酸素や栄養がいき渡らず赤ちゃんが危険な状態になったり、子宮の中で出血が起こって母体が危険にさらされる可能性があります。

この出血は膣から外に出てくることもありますが、出てこない場合もあります。
痛みに波がなくずっと続くようなら、病院に連絡をしてください。

予定より早く陣痛が始まった場合

妊娠37週を過ぎると赤ちゃんは十分に成長しているので、いつ母体の外に出てきても大丈夫です。

しかし、37週より前は赤ちゃんの成長は十分ではないといわれています。
まだお腹の中で育ててあげなければいけない時期に、赤ちゃんが産まれそうになっている状態を切迫(せっぱく)早産といいます。

そのままお産が進んでしまう場合と、赤ちゃんが出てくるのをくい止めることができる場合があります。
どちらの場合も病院で対応を受ける必要がありますので、すぐに病院に連絡をしてください。

おわりに

陣痛は赤ちゃんが産まれてくるのを助けてくれるものです。
陣痛が起こっている間は赤ちゃんが頑張って出てこようとしています。

もうすぐ待望の赤ちゃんと会えることを励みにお産を乗り切りましょう。

また、いざ痛みが起こるとそれが陣痛かどうか分からないことがあるかもしれません。

分かりにくければ病院に電話をかけて状況を話してみましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【葉酸サプリおすすめ決定版】効果・値段で徹底比較

葉酸の含有量や、一緒に摂れる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

子どもの保険に悩むママ必見!「保険のビュッフェ」の無料相談体験レポ!

子どものための保険ってどうしたらいいの?妊娠中に気になる子どものためのお金について実際に相談してみました!