妊娠中のペットとの付き合い方

妊娠中のペットとの付き合い方

最ペットは、私達の心を癒してくれる大切な存在ですよね。結婚や、妊娠する前からワンちゃんや、ネコちゃんと一緒に暮らしているという家庭も多いのではないでしょうか。妊娠すると、今まで当たり前だと思っていた行動が、危険を招く事があります。ペットを飼っている方は、必ず読んでおきましょう!

ペットと無意識にしてしまっている事

一緒に暮らしている猫や犬が可愛すぎて、ついつい当たり前のようにやってしまっている行為があります。例えば、口移しで食べ物をあげる、キスをするなどです。ペットを飼った経験が無い方からすると、驚かれるかもしれませんが、ペットを家族だと考えている方からすると、当たり前(日常的)な光景だったりします。「我が家は予防接種をしっかり受けているから大丈夫!」なんて考えていてはいけません。

ペットの糞などには、何かしらの菌がいます。妊娠期間中は、ママの体内に入ったもの全て(いい物も悪い物も)赤ちゃんへと送られるという事を頭に入れておきましょう。今は、ペットよりも赤ちゃんの事を一番に考えてあげましょう。

犬よりも猫に注意しましょう!

猫(特に子猫)を飼っている方は、特に注意しましょう!妊娠中に控えた方がいい食べ物の項目でも少しお話しましたが、外に出す機会のあるネコちゃんは「トキソプラズマ」に感染している可能性があります。「トキソプラズマ」は、「人畜共通感染症」の一つです。

「人畜共通感染症」とは

人間も人間以外の動物も共通して同じ病原体に感染する可能性のある病気のことです。ですから、ネコからママへ感染する可能性もありますし、逆にママからネコちゃんへ感染するという事も考えられるのが「人畜共通感染症」なのです。妊娠前に子猫の時から飼っていて、すでにトキソプラズマに感染して免疫を持っている可能性もあります。既に免疫を持っている場合は、問題ないと言われていますが、免疫を持っていない方や、妊娠中に外の子猫と触れ合ったり、可愛い子猫を飼い始めたという方は要注意です!

猫を飼っている方で、完全室内外を徹底していれば、トキソプラズマに感染する可能性が低くなります。外を自由に行き来させている猫ちゃんは、他の猫との接触や、トキソプラズマの卵であるオーシストを含んだ土を舐めてしまったり、生肉(ねずみ等)を食べてしまう事で、感染してしまう可能性がとても高くなります。今後も猫ちゃんとの生活を楽しみたいのであれば、室内飼いを徹底し、予防接種はしっかりと受けるようにしましょう!今、飼っているネコちゃんが「トキソプラズマ」に感染していないか心配な方は、動物病院などで検査を受けさせましょう!

妊娠中にトキソプラズマに感染するとどうなるの?

妊婦さんがトキソプラズマに感染すると、トキソプラズマが胎盤から胎児の体内に潜入します。その事により、赤ちゃん自身もトキソプラズマに感染してしまい、生まれてくる赤ちゃんに脳障害、水頭症などを引き起こす原因を作ったり、流産、早産を招くことがあります。

トキソプラズマに感染する時期や感染率などによって、赤ちゃんに様々な影響を及ぼすと言われています。それは妊娠初期であるほど、重篤化すると言われています。妊娠中にトキソプラズマ症に感染し、胎児に影響を及ぼす可能性は、妊娠初期では約60%~70%であるのに対して、妊娠後期では約10%だと言われています。

トキソプラズマに感染しないようにする為には?

トキソプラズマに感染した猫ちゃんの糞には、トキソプラズマの卵であるオーシストを含んでいます。オーシスト(トキソプラズマの卵)を何らかの理由により、体内へ入れてしまうことで感染してしまいます。猫の糞を処理した後には、しっかりと手を洗うなど、衛生管理をきちんとすることが重要です!それ以外にも最も注意すべきなのは、生肉です。生肉からもトキソプラズマに感染する可能性がありますので、妊娠中は生肉を食べる事は控え、また園芸などで土を触る機会がある場合は、しっかりと手を洗うようにしましょう。以下の事に注意しましょう。

トキソプラズマ

ハムスターやフェレットなどは、大丈夫なの??

犬・猫以外のペットを飼っている方もいらっしゃるかと思います。例えば、ハムスター・フェレット・インコ(文鳥やオウム)・カメなどなど・・・。これらの動物は生肉を食しないのでトキソプラズマに感染する事があまりありません。ですが、サルモネラ菌などの他の菌の感染などを考えて、ペットのトイレを掃除したり、遊んだ後は出来るだけ手を洗うなどして、清潔に保つようにしましょう!

もしも、トキソプラズマに感染してしまったら?

トキソプラズマに感染しているかは、病院で血液検査を受けることで知る事が出来ます。妊娠する前にトキソプラズマに感染した可能性がある方は、トキソプラズマの免疫を持っているので、妊娠してからは感染の心配は殆どありません。感染しても、殆どの方が無症状だと言われているので、捨て猫を拾って育てた経験や、野良猫と戯れる事が好きな方であれば、既に免疫を持っている可能性もあります。妊娠中に感染した場合には抗生物質などを服用して治療します。妊娠中期~後期にかけて感染した場合は、重篤化する事はないと言われているので、あまり深刻に悩み過ぎないようにしましょう。まだ感染した事のない方は、妊娠期間中は感染しないよう気をつけましょう。

ペットは、大切な家族の一員です。トキソプラズマやサルモネラ菌の感染を恐れて、遠ざけてしまうと、ペットは敏感にその状況を察知します。「今まで可愛がってくれていたのに・・・なんで??」と、ペットの心が傷つけられてしまい、その事から、噛み付いたり、無駄吠えが増えたりと、違った形での感情表現が始まってしまいます。ペットと戯れた後にしっかり手を洗う、ペットのトイレを清潔に保つなど、日々の心がけで一緒に楽しく暮らしていく事が出来ますので、家族として大切にしていきましょう!

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?