産前・産後の骨盤ベルトについて

産前・産後の骨盤ベルトについて

腰痛

産前・産後の腰痛予防&腰痛を軽減させる効果があると言われている骨盤ベルト。骨盤ベルトには、どのような効果があり、どのような商品を選べばいいのか、骨盤ベルトはいつ頃から着用するのが望ましいのか・・・疑問に思うところでしょう。骨盤が開く事で起こるトラブルや着用時期など、骨盤ベルトのご紹介をしていきたいと思います。

骨盤が開く事で起こるトラブルとは?

妊娠するとリラキシンというホルモンの影響で骨盤を繋ぐ靭帯がゆるんできます。この事を一般的に「骨盤が開く」と言います。妊娠中に骨盤が開き始めると、腰痛をひき起こすだけでなく、妊娠中の浮腫みや便秘、身体の冷えなどをひき起こします。産後になると、骨盤の開きが原因で尿漏れや腰痛、歩行障害などの症状が出る方もいらっしゃいます。骨盤の開きが様々なマイナートラブルを生み出すといっても過言ではありません。妊娠中・産後、どちらにも影響を及ぼしますので、妊娠・出産後は骨盤ベルトで骨盤を閉める習慣をつけるという事が大切です。

骨盤ベルトの着用時期とは?

妊娠中は、恥骨や骨盤周辺に違和感を感じたり、お腹が重いと感じた頃からつけ始めるのが一般的なようです。ですが、臨月に入ったら骨盤ベルトは一時的にお休みするようにしましょう。

産後は、出産を終えて2~3週目頃から使用するのが望ましいです。産後1ヶ月間は子宮から悪露(おろ)という出血があります。出産直後からベルトを付けてしまうと、悪露が出にくくなる可能性がありますので、産後2~3週間目(出血がこげ茶色になる頃)から骨盤ベルトを再開するようにしましょう。悪露の色の見分け方はこちら

骨盤ベルトのご紹介

骨盤ベルトは、購入し使用した時に「あぁ・・・失敗した。」と感じる事の多い商品です。骨盤ベルトを失敗したと感じる事の多くは以下のようなことです。

  • すぐにズレ上がる
  • 圧迫されすぎて、逆に浮腫みがひどくなった
  • 使い方(着け方)が難しい
  • 装着に時間がかかりすぎる

骨盤ベルトは、毎日使い続ける事が大切なので、使わなくなってしまうと意味がありません。毎日使い続けられるような骨盤ベルトを選びましょう。

産前・産後用キューズベリーの骨盤ベルト

赤ちゃんの部屋で母乳育児のコラムを書いてくださっている“小林寿子先生”とキューズベリーの共同開発商品です。おんぶ抱っこひもと同じく、30日間返金保証付き!

産後用ワコールマタニティ 骨盤研究所骨盤ベルト

ワコールさんと(社)日本助産師会が共同開発した骨盤ベルトです。ワコールさんと(社)日本助産師会が共同開発とあってレビューの評価も良いです。

産後用dacco キュッとベルト

助産師さんとママの声から生まれた骨盤ベルトです。身体にフィットし、ずれにくく、装着しやすいです。

~トコちゃんベルトについて~

一般的に、骨盤ベルトと言えば「トコちゃんベルト」というくらい知名度のある商品です。こちらの商品は、「つけ方を間違えると腰痛が悪化する」「着け方が難しい」「装着に時間がかかる」「ずれ上がる度に1から装着し直さなければいけないので大変」といった声を身近でよく耳にします。また、商品も「トコちゃんベルトI」「トコちゃんベルII」「トコちゃんベルトIII」「マイルドトコちゃんベルトII」と種類があり、骨盤の開き具合や腰痛の痛み具合などで購入するべき商品が変わってきます。通っている産院などでトコちゃんベルトの取り扱いがあり、直接選んでもらえたり、つけ方の指導を受けられる場合はいいかもしれませんが、個人の判断によってインターネットで購入する場合は失敗例の多い商品と言えます。「トコちゃんベルトを使いたい」という方は、しっかりと自分に合った商品を見極めた上で購入しましょう!トコちゃんベルトの選び方はコチラから(外部サイト)>>

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?