産前・産後の骨盤ベルトについて

産前・産後の腰痛予防&腰痛を軽減させる効果があると言われている骨盤ベルト。

骨盤ベルトには、どのような効果があり、どのような商品を選べばいいのか、骨盤ベルトはいつ頃から着用するのが望ましいのか・・・疑問に思うところでしょう。
骨盤が開く事で起こるトラブルや着用時期など、骨盤ベルトのご紹介をしていきたいと思います。

骨盤が開く事で起こるトラブルとは?

妊娠するとリラキシンというホルモンの影響で骨盤を繋ぐ靭帯がゆるんできます。
この事を一般的に「骨盤が開く」と言います。

妊娠中に骨盤が開き始めると、腰痛をひき起こすだけでなく、妊娠中の浮腫みや便秘、身体の冷えなどをひき起こします。
産後になると、骨盤の開きが原因で尿漏れや腰痛、歩行障害などの症状が出る方もいらっしゃいます。骨盤の開きが様々なマイナートラブルを生み出すといっても過言ではありません。

妊娠中・産後、どちらにも影響を及ぼしますので、妊娠・出産後は骨盤ベルトで骨盤を閉める習慣をつけるという事が大切です

骨盤ベルトの着用時期とは?

妊娠中は、恥骨や骨盤周辺に違和感を感じたり、お腹が重いと感じた頃からつけ始めるのが一般的です。
ですが、臨月に入ったら骨盤ベルトは一時的にお休みするようにしましょう。

産後は、出産を終えて2~3週目頃から使用するのが望ましいです。
産後1ヶ月間は子宮から悪露(おろ)という出血があります。

出産直後からベルトを付けてしまうと、悪露が出にくくなる可能性がありますので、産後2~3週間目(出血がこげ茶色になる頃)から骨盤ベルトを再開するようにしましょう。

骨盤ベルトのご紹介

骨盤ベルトは、購入し使用した時に「あぁ・・・失敗した。」と感じる事の多い商品です。
骨盤ベルトを失敗したと感じる事の多くは以下のようなことです。

  • すぐにズレ上がる
  • 圧迫されすぎて、逆に浮腫みがひどくなった
  • 使い方(着け方)が難しい
  • 装着に時間がかかりすぎる

骨盤ベルトは、毎日使い続ける事が大切なので、使わなくなってしまうと意味がありません。
毎日使い続けられるような骨盤ベルトを選びましょう。


≫トピナガードルの公式サイトはこちら

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク