妊娠中に甘いものが欲しくなったら


妊娠中に甘いものが欲しくなったら

妊娠中に甘いもの

妊娠中に甘いものが欲しくてたまらないというママがいます。中には今まで甘いものが苦手で全く食べることが出来なかったのに、一日に板チョコを何枚も食べるようになってしまったという話も耳にします。適度に糖分を補給するのは身体や脳にとっても良いことですが、一日に大量の糖分を摂取するとなるとリスクの方が大きくなってしまいます。なぜ、妊娠すると甘いものが欲しくなったり、甘いものが止められなるのか、また甘いものを摂りすぎるとどのようなリスクがあるのかを知っておきましょう。

なぜそんなに甘いものが欲しくなるの?

妊娠中に甘いものが食べたくなる理由として以下のような事が考えられます。

分泌されているホルモンの影響
妊娠を継続する為に、大量に分泌されている黄体ホルモンは味覚にまで影響を及ぼすといわれています。
嫌いな食べ物を好きになったり、好きだった食べ物を食べられなくなったりするのは、黄体ホルモンが影響しているといわれています。
妊娠する前に月経(生理)中に無性に甘いものが食べたくてしょうがないという方がいます。そのような方も黄体ホルモンが影響しているといわれています。 ホルモンについての詳しい解説はこちらから
ブドウ糖が赤ちゃん(胎児)へ送られる為、ママのブドウ糖が不足している
赤ちゃんを育てていく上でブドウ糖は必要不可欠な栄養素の一つです。ママの体内にあるブドウ糖が赤ちゃんへと送られる為、ママがブドウ糖不足になり甘いものが無性に欲しくなるとも言われています。妊娠後期に入ると、赤ちゃんの成長速度もアップする為、ブドウ糖が多く必要になります。

ホルモンバランスの変化と赤ちゃんの成長に伴い、ブドウ糖を多く必要とするようになりますが、身体が要求しているからといって欲しいだけ食べてしまうと色々な問題が出てきます。

続いて、甘いものを食べ過ぎるとどのような影響があるのかみていきましょう。

甘いものを食べ過ぎるとどのような影響があるの?

黄体ホルモンが多く分泌されている時期は、黄体ホルモンの影響で太りやすい身体になっています。いつもよりも脂肪がつきやすい身体になっているという事を、しっかりと自覚しておかないと、どんどん体重が増加してしまいます。体重管理が大切な時期なので甘いものの食べすぎには十分注意しましょう!また、この時期は妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病などの危険もあります。妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になると、以下のようなリスクを伴います。

体重が急激に増加した場合のリスク

  • 早産
  • 低出生体重児
  • 難産
  • 流産
  • 巨大児
  • 羊水量に異常が出る
  • 最悪の場合は赤ちゃんが亡くなることもあります

甘いものがどうしても食べたい場合は?

「甘いものを絶対に食べないように!」とは言いません。「身体が欲している=体内に不足している」という事なので、何をどれだけ食べるかという事が大切です。ケーキやチョコレート、クッキーなどは糖分や脂質が高いので、出来れば毎日ではなく週に数回やご褒美で食べるなどルールを決めておきましょう。どうしても甘いものが食べたいという場合には、ヨーグルトを食べてみたり、果物を食べてみてください。天然の甘みを感じられるものを食べてみるといいでしょう。豆腐やおから、オートミールなどを使ってヘルシーなクッキーやケーキを作っておくのもいいですね。また、一口サイズのゼリーを冷凍しておき、シャーベット状にして食べても満足できます。牛乳寒天やヨーグルトを丸々使ったヨーグルトゼリーなどもオススメです。

女性は様々なシーンでホルモンバランスの変化で悩まされています。妊娠中は特に、黄体ホルモンが優位になるので、マイナートラブル以外にも味覚や食欲の変化、甘いものや辛いもの、すっぱいものの何れかへの欲求が強くなってしまいます。身体がほしがっているという事は、それに含まれる栄養素が不足しているということです。甘いものに関しては摂りすぎてしまうと様々なトラブルが予想されるので、食べるもの・食べる量にはくれぐれも注意してくださいね!

低カロリーのヨーグルトアイスなどを作る事が出来るオススメ商品の紹介はこちら

他にも、酸っぱいものや辛いものが無性に食べたくなる・・・という方は下の記事も一緒にお読みください。

妊娠中に辛いものが無性に食べたくなるという方はコチラもご覧ください妊娠中にすっぱいものが無性に食べたくなるという方はコチラもごらんください妊娠中に多い異食症の症状について

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク