妊娠中、無性に辛いものが食べたくなる


妊娠中、無性に辛いものが食べたくなる

妊娠中にからいもの

妊娠中、無性に辛いものが食べたくてしょうがないというママがいらっしゃいます。妊娠前までは辛いものが苦手で、甘いものばかりを好んで食べていた方も、妊娠後は甘いものが一切食べられず、苦手だったはずの辛いものばかり好んで食べてしまうという方もいます。妊娠すると食の好みも変わってしまうことがあります。なぜこのような事がおこるのか、説明していきたいと思います。

なぜ食の好みが変わってしまうの?

妊娠するとホルモンのバランスが変化します。妊娠中のマイナートラブルや気分の浮き沈み、食の好みの変化などは「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の影響によるものだといわれています。

プロゲステロン(黄体ホルモン)とは?

プロゲステロン(黄体ホルモン)がどのような働きをしているホルモンなのか簡単にご説明します。プロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠の為の準備(着床しやすくしたり、子宮内膜を厚くする)などを行ったり、着床後に妊娠を継続するために最も重要な女性ホルモンです。妊娠する前、月経が始まる前兆としてイライラしたり、食欲が旺盛になったりと気分や食欲、体調などに変化があらわれた事はありますか?妊娠前の気分の浮き沈みや体調の変化もプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響によるものです。妊娠を継続するために大切なホルモンですが、女性を悩ませる原因にもなるホルモンとも言えます。

ホルモンについて詳しく知りたい方はコチラの記事もお読みください

食の好みを変えたり、体調・気分に大きな影響を与えるプロゲステロン(黄体ホルモン)。今まで辛いものが一切食べられなかったのに、妊娠したら辛いものが大好きになってしまった・・・今まで好きだったものが大嫌いになってしまったというのは、プロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されている影響からおこることだといえます。

毎日辛いものを食べても大丈夫なの?

香辛料に関してはあまり赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。唐辛子やわさび、胡椒、七味(一味)、マスタードなどは適量であれば、胎児には何も影響が無いことが分かっています。食べたいものを我慢してストレスを溜めてしまうよりはいいと考えられていますが、何でも適量が一番です。香辛料の過剰摂取によって胎児に影響があった、または母体に影響があったという話は聞きませんが、香辛料を使用していうるものには塩分が多く含まれている事があります。塩分の問題もありますので、適量を心がけるようにしましょう。

塩分の摂りすぎは、妊娠高血圧症候群になる可能性があります。妊娠高血圧症候群になると、胎児や母体に大きな影響を与えます。

妊娠高血圧症候群に関してはこちらをご覧下さい

塩分の摂りすぎによる胎児への影響

お腹の赤ちゃんは、ママから栄養や酸素などをもらって大きく成長していきます。ママが妊娠高血圧症候群になることで、胎盤の状態が悪くなり、酸素や栄養などが送られづらくなり、赤ちゃんが栄養・酸素不足になる事があります。それ以外にも、ママが高血圧であったり、心疾患、腎疾患、自己免疫疾患、糖尿病などでも胎児が栄養・酸素不足になる事があります。このような状況を子宮内胎児発育遅延(しきゅうないたいじはついくちえん)といいます。

子宮内胎児発育遅延とは・・・母体異常(妊娠高血圧症候群や糖尿病)などが原因で、胎児が栄養不足になり体重が増加せず、体重増加曲線グラフに照らし合わせた際に、明らかに標準よりも小さいと認められる事。酸素がしっかりと行き届かないことで、胎児の脳が酸素不足になってしまい、脳に影響(障がい)が出ることもあります。

塩分の摂りすぎによるママへの影響

むくみ高血圧尿淡白などの影響があらわれます。殆どのママにむくみの症状は見られるので、むくみがあるからといって、すぐに妊娠高血圧症候群を疑うのは早いです。血圧を定期的に確認する必要があるので、そのためにも健診は欠かさずいくようにしましょう。妊娠高血圧症候群をほっておくと、合併症などの危険もあり、母体や胎児に大きな影響を与えます。

塩分は一日どのくらいを目安にしたらいい?

塩分摂取の目安は、小さじ約1~2杯程度(5~10g)を目安としてください。塩分とは、お塩だけのことではありません。味噌や醤油などにも塩分が含まれていますので、濃い味の料理ばかり食べないよう注意が必要です。市販で売られているキムチのもとにも多く塩分がふくまれているので食べすぎには注意してください。

どんなものが食べたくなった?

妊娠中に辛いものが食べたくなったという方で一番多いのが「キムチ」です。キムチの他にも、「坦々麺」「カレー」が食べたくてしょうがないという方もいるようです。キムチの国「韓国」の妊婦さんは辛いキムチを毎日食べているんじゃないの?と考えたことはありませんか?韓国の妊婦さんは、妊娠中キムチを食べない方が多いそうです。ホルモンバランスによって、キムチを食べたくなくなる方が多い事と、香辛料の影響を懸念して食べることをやめる妊婦さんが多いようです。「韓国の妊婦さんはキムチを毎日食べているだろうから私も大丈夫!」なんて考えていた方にはビックリな情報ではないでしょうか。適量なら問題ありませんので気にする必要はありません。キムチよりも圧倒的に漬物や梅干の方が塩分量が多いので、キムチ、漬物、梅干・・・一日全種口にしているなんて方は要注意です!

辛いものを食べる際の注意点とは?

  • 妊娠中のマイナートラブルには「胃痛」「胃もたれ」などの胃の不快感などがあります。辛いものは胃を刺激してしまい、余計に胃痛や胃もたれなどを引き起こしてしまう可能性があります。
  • 妊娠中はホルモン(プロゲステロン)の影響で体内に水分を保持しやすい状態になっています。簡単に言うとむくみやすい状態になっているということです。そんな中、辛いものを沢山食べて水分を多くとってしまうと、体内の水分量が増えすぎてしまい、むくみが酷くなってしまいます。
  • 辛いものは白米などの主食が進むため、カロリーを摂りすぎてしまうという問題もあります。

塩分を多く含んだ血液が赤ちゃんにも流れてしまう為、最悪の場合赤ちゃんも高血圧の状態で生まれてくることがあります。妊娠中は自分の事だけでなく、赤ちゃんのことも意識した食事を心がけることが大切だと言えます。出産後に辛いものを食べると、母乳にも影響が出るといわれており、赤ちゃんが母乳を飲まなくなってしまうことがあります。産後に辛いものを食べる場合は、食べる前に母乳を搾乳して冷凍保存しておくなどしましょう。

他にも、甘いものや酸っぱいものが無性に食べたくなる・・・という方は下の記事も一緒にお読みください。

「妊娠中に甘いものが欲しくなったら」の記事はこちら
「妊娠中、無性に酸っぱいものを食べたくなる」の記事はこちら
妊娠中に多い異食症の症状について

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?