ドラッグストアやコンビニで買える!市販のおすすめ葉酸サプリ10選

正常な細胞をつくる作用のある葉酸は、妊娠・授乳中の人はもちろん、妊活中の女性にとっても、とても重要な栄養素です。

ママの葉酸摂取量が不足してしまうと、赤ちゃんに「神経管閉鎖障害」という先天異常のリスクが急上昇。
それを避けるには、枝豆・ブロッコリー・ほうれん草・アボカドといった葉酸が豊富な食材をとるとともに、サプリメントも効果的に利用したいところです。

どのようなサプリメントを選べばよいのか、ここでは薬局でも買える“市販品”の葉酸に限定してご紹介します。

薬局での葉酸選びのコツは?

ドラッグストアにいくと、いろいろな葉酸サプリが並んでいます。
お店で葉酸を選ぶときには、どんな点に着目して商品を選んだらよいのでしょうか。

ポイントは、つぎのような点になります。


【葉酸選びのコツ】

  • 不要な添加物がなるべく少ない葉酸を選ぶ
  • ビタミンCやビタミンB(B12&B6)が入っている葉酸を選ぶ
  • 続けやすい価格の葉酸を選ぶ

どういうことなのか、ひとつずつ具体的にみていきましょう。

不要な添加物がなるべく少ない葉酸を選ぶ

市販品のサプリメントには、添加物が多く含まれる傾向にあります。

これらの添加物は、かならずしも「飲んだらすぐに身体に悪影響がでる」わけではありません。
じっさい厚生労働省が摂取を推奨する「合成葉酸」自体、自然のものに手を加えた栄養成分になるため、添加物の扱いになります。

しかし体内で分解するときに肝臓に負担がかかる添加物もありますし、なにより、お腹の赤ちゃんへの影響が心配です。
添加物は少ないほうが、「栄養が高くて効率のよい製品」ということもできますので、とらずに済むならそれに越したことはありません。

なるべくなら、必要以上の添加物が含まれないサプリを選びましょう。

なお「ショ糖脂肪酸エステルという添加物は赤ちゃんの障害リスクを高める」という説もありますが、いまのところ信ぴょう性は薄い(※下記参照)ようです。

Q1 サプリメントに含まれている「ショ糖脂肪酸エステル」という成分は安全なのでしょうか。

A1 「ショ糖脂肪酸エステル」は、いわゆる乳化剤として多くの食品に含まれています。
ガムベースもその一種です。
催奇形性について調べてみたところ、とくに見当たりませんでした。
WHO等の国際機関からの提供情報を載せている下記サイト(英語)
http://www.inchem.org/documents/jecfa/jecmono/v15je09.htm
にもありませんでしたし、ラットのえさに混ぜて2世代にわたって観察したという
Food Chem Toxicol(1987)の論文にも催奇性はみられなかったとあります。

ビタミンCやビタミンB(B12&B6)が入っている葉酸を選ぶ

葉酸には、セットでとると、はたらきを強められる栄養素があります。
代表的なものは、以下の栄養素です。

【葉酸と相性のよい栄養素】

  • ビタミンC:
    葉酸が活発になり、吸収されやすくなる。
  • ビタミンB12:
    葉酸のはたらきをサポートする。
    逆に不足すると、葉酸の効果が存分に発揮されない可能性がある。
  • ビタミンB6:
    代謝の手助けをし、動脈硬化のリスクを減らす。
    つわりも軽減するため、妊娠初期のつわりで食事から栄養がとれない人もサポートする。

自分で計画的にビタミン剤を飲んでいる人はいいですが、そうでない人は、なるべく葉酸単体ではなく、ビタミンC・ビタミンB12・ビタミンB6などとセットになった製品を選ぶとよいでしょう。

続けやすい価格の葉酸を選ぶ

葉酸は、妊活中から授乳がひと段落する一定の期間、飲み続けることがのぞましい栄養素です。
どんなによい製品でも、金銭上の理由で続けられないのでは意味がありません。
葉酸サプリを選ぶときには、自分のおサイフ事情と相談のうえ、長く続けられるものを選びましょう

人気のおすすめ葉酸サプリはコレ!【市販編】

ここからは、お店で買える、人気の葉酸サプリ情報をみていきましょう。
それぞれの特徴をご紹介しますので、自分にあった製品をチェックしてください。

1.AFC葉酸

匂いがなく、小粒で飲みやすい商品。
不足しがちなビタミン・ミネラルを補いつつ、葉酸を効果的にチャージ可能です。
合成着色料・香料・保存料は不使用。
通販のほか、大手百貨店エーエフシーショップ・東急ハンズ・ベビーザらス・アカチャンホンポなどで購入できます。
(一般薬局での取り扱いなし。)

葉酸の配合量 1日4粒 400μg
ビタミンC・B12・B6の有無 ビタミンC 100mg、ビタミンB12 2μg、ビタミンB6 1.4mg
そのほかの栄養素 カルシウム200mg・鉄10mg、8種のビタミン、4種のミネラル配合
価格 1ヶ月分 1,944円(税込)

 

2.ワダカルママ葉酸

ワダカルママ 葉酸 120粒

葉酸のほか、妊娠初期に必要な栄養分を効率的に摂取できます。
ビタミンCは入っていませんが、ビタミンB12・B6は配合されています。
着色料、香料、保存料は不使用です。

葉酸の配合量 1日2粒 400μg
ビタミンC・B12・B6の有無 ビタミンCなし、ビタミンB12 2.8μg、ビタミンB6 1.9mg
そのほかの栄養素 鉄10mg
価格 60粒(30日分):924円
120粒(60日分):1,944円

3.ピジョン葉酸プラス

ピジョン サプリメント 葉酸プラス 60粒入

胃でとけにくく腸にしっかり届くつくり。
小粒で飲みやすい大きさです。

葉酸の配合量 1日1粒 400μg
ビタミンC・B12・B6の有無 ビタミンCなし、ビタミンB12 2.8μg、ビタミンB6 1.4mg
そのほかの栄養素 鉄 10mg、ビタミンB1 1.3mg、ビタミンB2 1.5mg
価格 60粒(60日分)1,922円(税込)

4.ディアナチュラ(Dear-Natura)の葉酸

ディアナチュラ 葉酸 60粒

香料、着色料、保存料は無添加。
葉酸・ビタミンB12・B6のみのシンプル設計です。
30粒入と60粒入で値段があまりかわりません。

葉酸の配合量 1日1粒 400μg
ビタミンC・B12・B6の有無 ビタミンCなし、ビタミンB12 6μg、ビタミンB6 3mg
そのほかの栄養素 なし
価格 30粒(30日分)450円(税抜)、60粒(60日分)540円(税抜)

5.ネイチャーメイド(NatureMade)の葉酸

大塚製薬 ネイチャーメイド 葉酸 150粒

葉酸しか入っていないため、ビタミン剤を別に飲んでいる人はあわせやすいサプリです。
ただし添加物はそこそこ配合されています。

葉酸の配合量 1日2粒 400μg
ビタミンC・B12・B6の有無 ビタミンCなし、ビタミンB12なし、ビタミンB6なし
そのほかの栄養素 なし
価格 150粒(75日分)680円(税抜)

6.和光堂ママスタイルマタニティーチャージ

ママスタイル マタニティチャージ マタニティ用(妊娠初期からずっと) 60粒(30日分)入

葉酸量が1日分480μgと多めになっています。
ビタミンCは入っていませんが、妊娠中に不足しがちな鉄分を配合しています。
ただし、「非ヘム鉄」と呼ばれる、ビタミンCがないと吸収されにくい鉄分なので、別途ビタミンCを補うほうがベターでしょう。

葉酸の配合量 1日2粒 480μg
ビタミンC・B12・B6の有無 ビタミンCなし、ビタミンB12 2.8μg、ビタミンB6 1.4mg
そのほかの栄養素 鉄 8.5mg、カルシウム 130mg
価格 60粒(30日分)780円(税抜)

7.DHCの葉酸

葉酸 30日分

とにかく安く、負担なく続けやすいのが最大のメリット。
ビタミンCは入っていないので、別途補給してもよいでしょう。

葉酸の配合量 1日1粒 400μg
ビタミンC・B12・B6の有無 ビタミンCなし、ビタミンB12 2.5μg、ビタミンB6 1.7mg
そのほかの栄養素 ビタミンB2 1.3mg
価格 30粒(30日分)258円(税込)

8.小林製薬の葉酸

小林製薬の栄養補助食品 葉酸 約30日分 30粒

葉酸の量も多めに配合されているうえ、ビタミンCとB12が含まれているので、葉酸のパワーを効率的に発揮できます。

葉酸の配合量 1日1粒 480μg
ビタミンC・B12・B6の有無 ビタミンC 110mg、ビタミンB12 2.8μg、ビタミンB6なし
そのほかの栄養素 カルシウム 0.032~0.32mg
価格 30粒(30日分)480円(税抜)

9.オリヒロPD葉酸

オリヒロ PD 葉酸

ビタミンB12とB6を配合。
実売価格は2ヶ月分で600円代と安く、続けやすいのがメリットです。

葉酸の配合量 1日2粒 400μg
ビタミンC・B12・B6の有無 ビタミンCなし、ビタミンB12 2μg、ビタミンB6 2mg
そのほかの栄養素 鉄 5mg
価格 120粒(60日分)オープン価格(※アマゾン参考価格629円)

10.ファンケル(FANCL)どこでも鉄分 植物性ツイントース配合

ファンケル FANCL どこでも鉄分 植物性ツイントース配合(箱) 約4週間分 21粒×4袋

植物性ツイントースが、ミネラルの吸収・保有率をアップ。
鉄分を効率よく吸収できます。
合成着色料、保存料、砂糖は無添加。葉酸の配合量が少ない(目標の半分程度)のがネックですが、ミネラルが気になる人にはおすすめです。

葉酸の配合量 1日3粒 200μg
ビタミンC・B12・B6の有無 ビタミンCなし、ビタミンB12 2.4μg、ビタミンB6なし
そのほかの栄養素 鉄 6mg、植物性ツイントース 500mg
価格 4週間分1,512円、12週間分3,996円

次に、葉酸サプリには、市販と通販でどんな違いがあるのかをチェックしてみましょう。

葉酸サプリ、ドラッグストアのものとネット通販のものではなにが違うの?

葉酸サプリには、ネット通販限定で売っている商品も多くあります。
ドラッグストアに置いてある商品とネット商品とでは、どんな違いがあるのでしょうか?

市販しているドラッグストア葉酸の特徴

市販品の葉酸には、一般的につぎのような特徴があります。

【市販葉酸のいい点】

  • 現物をみて気に入ったものを、すぐにどこでも買える
  • 比較的安く買える
  • 有名メーカーが販売していることが多く、安心感がある
【市販葉酸の悪い点】

  • 大量生産のコストをさげるため、葉酸以外の栄養はほとんど入っていない
  • 合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)のなかでも、人工的な物質で作られていることがほとんど
  • 長期保存や管理の問題から、保存料などの添加物が多く使われている

ネット通販葉酸の特徴

通販の葉酸には、つぎのような傾向があります。

【通販葉酸のいい点】

  • ムダなコストを省けたぶん、原材料に費用をさけるため、天然由来の高品質な葉酸が多い
  • 葉酸以外にも、妊活中・妊娠中・授乳中の人に必要な栄養素が総合的に配合されていることがほとんど
  • 流通がスムーズなため、保存料が少なくてすみ、添加物も必要最小限のものになる
【通販葉酸の悪い点】

  • いますぐ欲しくても、数日間は手に入らない
  • 市販品より高い
  • 知らない企業が作っていることが多く、買うのに抵抗を感じることがある

安全性を考えるとネット販売の葉酸がおすすめ!

市販のサプリは安くて便利ではありますが、やはり気になるのは安全性。
妊娠前のカラダならいざ知らず、お腹の赤ちゃんにとっては、すこしの異物が毒になる可能性もあるのです。
じっさい、食品添加物は、赤ちゃんの先天異常の原因になっています。

赤ちゃんの健康と将来のために葉酸をとるのに、それが原因で胎児に危害が加わるようでは、それこそ本末転倒でしょう。

こういったリスクを回避するために、赤ちゃんの部屋編集部では、高品質の栄養がぎゅっと凝縮されている「通販葉酸サプリ」のほうをおすすめします。
市販品にくらべたら少し値段が高いかもしれませんが、通販品の葉酸にも、お買い得な商品はあります。

しかも通販の葉酸サプリには、葉酸以外の必要栄養素が好バランスで配合されていることが多いのです。
各種の栄養素を自分でバラバラに購入するくらいなら、通販葉酸1品のほうがかえって安くすんだり、自分で栄養量を計算する手間(※)も省けます。
総合的に考えると、じつは通販葉酸はコスパがよいのです。

※栄養素のなかには、ビタミンAに代表されるように、過剰摂取するとよくないものが多くあります。
何種類かのサプリを組み合わせて使いたい人は、自分で上限値などを計算のうえ、計画的に摂取する必要があります。

妊娠さん、1日の葉酸必要量は?

厚生労働省では、妊活中・妊娠中の女性は、通常の食事にプラスして、毎日400μgの葉酸をサプリメントから補うことを推奨しています。

また葉酸をとり過ぎると、食欲不振や吐き気、アレルギーなどの症状がおこる危険性もあるため、1日の摂取量の上限は1,000μgと定められています。

葉酸には種類があるので要注意!

ひとくちに葉酸といっても、じつは種類があるのをご存知ですか。
葉酸は、大きく分けてつぎの2種類があります。

天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)

食べものに含まれる天然の葉酸は、「ポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれます。
ポリグルタミン酸型葉酸は、タンパク質や酵素と結びついた高分子型の葉酸で、そのままでは吸収されません。
栄養として取り込むためには酵素で分解して「モノグルタミン酸型葉酸」にする必要があるため、実際に栄養になる葉酸は、摂取した葉酸の50%ほどになってしまいます。

合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)

合成葉酸「モノグルタミン酸型葉酸」は、天然葉酸を分解してそのまま体内で吸収できるようにしたもので、大部分のサプリメントがこれにあたります。

酵素が働かなくても吸収できるため、「ポリグルタミン酸型葉酸」よりも2倍近い栄養に換算されるわけです。

合成葉酸はさらに、人工的な成分で作られたものと、天然由来の成分で作られたものとにわかれます。

厚生労働省が妊婦さんに勧めているのは、こちらの【合成葉酸】のほうです。
合成葉酸は、体内の分解酵素量といった不確定要素が少ないのと、葉酸自体の摂取効率がよいためです。
また、赤ちゃんの先天異常を回避する検証は、合成葉酸で行っている(天然葉酸では保証できない)ことも理由にあげられるでしょう。

安全かつ総合的に栄養ケアしたいなら【通販商品】も視野に入れて!

市販で買える葉酸サプリについてみてきました。

市販品のよさは、なんといっても便利で手軽なところです。
実際に手にとって選べる満足感もあります。

しかし市販の葉酸サプリは、栄養効率が悪く、なにより安全面で心配があるのも事実です。
品質の高い葉酸で赤ちゃんの健康を全力サポートしたい人には、いちど通販商品をチェックしてみることをおすすめします。

通販で人気の高い葉酸サプリ情報については、下記のリンク先をご確認ください。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク