ドラッグストアやコンビニで買える!市販のおすすめ葉酸サプリ10選

正常な細胞分裂をサポートしてくれる葉酸は、妊娠・授乳中の人はもちろん、妊活中の女性にとって重要な栄養素です。

妊娠期に必要な葉酸は食事だけでは摂取するのが難しいため、サプリメントも効果的に利用したいところです。

しかし、ネット販売のみの葉酸サプリがあったり、市販品ひとつとっても種類が豊富にあったり、「一体何を基準に選べばいいの!?」と迷ってしまう部分もあるでしょう。

そこで、ここではドラッグストアや店舗で買える市販品の葉酸サプリの選び方や商品の紹介、またネット販売のみのサプリメントとの違いなどについてご紹介します。

≫葉酸サプリの総合ランキングを見たい人はコチラ

葉酸サプリを選ぶ3つのポイント

妊活中・妊娠初期の女性は、通常の食事にプラスして毎日400μgの葉酸をサプリメントから補うことが厚生労働省から推奨されています。

ドラッグストアに行けば色々な葉酸サプリがありますが、その中からサプリメントを選ぶには大きく分けて3つのポイントがあります。

添加物がなるべく少ない葉酸を選ぶ

市販品のサプリメントには、添加物が多く含まれているものがあります。

サプリメントに含まれる添加物は、すべてが飲んだらすぐに身体に悪影響がでるというわけではありません。
しかし、なかにはお腹の赤ちゃんへ影響してしまうリスクや、分解するときに肝臓に負担がかかる添加物もあります。

なるべくなら、必要以上に多くの添加物が含まれないサプリを選んだほうが安心でしょう。

ビタミンやミネラルなども含まれている

葉酸サプリには、妊娠期に合わせて必要なビタミンやミネラルも配合してあるものがあります。
ビタミンやミネラルには、妊娠期の健康を支えるさまざまな効果が期待できます。

ビタミンC 鉄分の吸収率を上げる、皮膚・骨・血管などを強化する、免疫力を向上させる
ビタミンD カルシウムの吸収率を上げる、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方の排卵率を上げる
ビタミンB1 炭水化物(糖質)をエネルギーに変換させ、疲労回復効果がある
ビタミンB2 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
ビタミンB6 つわりの原因にもなるアミノ酸の代謝不良を整える
ビタミンB12 葉酸と相互関係があり、どちらも赤血球の形成を促す
鉄分 妊娠期の貧血症状を予防する
カルシウム 赤ちゃんの骨や歯の生成や、ママのストレスを緩和させる

妊娠期はつわりなどで思うように食事ができないこともあるので、サプリメントでさまざまな栄養を補えると安心ですよね。
また、いくつかのサプリメントを併用すると成分の過剰摂取になるリスクも考えられるので、ひとつのサプリメントで済ませられるのが理想的です。

続けやすい価格の葉酸を選ぶ

葉酸は、妊活中から授乳がひと段落する一定の期間、飲み続けることがのぞましい栄養素です。
どんなによい製品でも、金銭上の理由で続けられないのでは意味がありません。

葉酸サプリを選ぶときには、自分のおサイフ事情と相談のうえ、長く続けられるものを選びましょう

人気のおすすめ葉酸サプリはコレ!【市販編】

ここからは、お店で買える、人気の葉酸サプリ情報をみていきましょう。
それぞれの特徴をご紹介しますので、自分にあった製品をチェックしてください。

AFC葉酸

AFC葉酸は不足しがちなビタミン・ミネラルを補いつつ、葉酸を効果的にチャージ可能です。
合成着色料・香料・保存料は含まれていません。
匂いがなく、小粒で飲みやすい商品です。

大手百貨店エーエフシーショップ・東急ハンズ・ベビーザらス・アカチャンホンポなど(※一般薬局での取り扱いなし)で購入できますが、送料が無料なので、通販での購入がオススメです!

成分 葉酸:400μg/鉄分:10mg/ビタミンB6:1.8mg/ビタミンB12:2.4μg/ビタミンC:100mg/カルシウム:200mg
価格 1ヶ月分 1,944円(税込)

ピジョン葉酸プラス

ピジョン サプリメント 葉酸プラス 60粒入

ピジョン葉酸プラスは葉酸以外にもさまざまな成分が摂れますが、ビタミンCやカルシウムは含まれていません。
また、添加物が少し多め(※)なので、無添加の葉酸サプリを飲みたいという場合は注意しましょう。

※マルチトール、セルロース、ステアリン酸カルシウム、パントテン酸カルシウム、ゼイン、微粒酸化ケイ素、グリセリン脂肪酸エステルを配合

成分 葉酸:400μg/鉄分:10mg/ビタミンB1:1.3mg/ビタミンB2:1.5mg/ビタミンB6:1.4mg/ビタミンB12:2.8μg/ナイアシン:11mg/パントテン酸:5mg
価格 60粒(60日分)1,922円(税込)

ディアナチュラ(Dear-Natura)の葉酸

ディアナチュラ 葉酸 60粒

ディアナチュラの葉酸は、葉酸・ビタミンB12・B6のみのシンプル設計です。
香料、着色料、保存料は無添加で、添加物の量について配慮されています。

ディアナチュラの葉酸サプリはさまざまな種類があり成分の含有量も違うので、自分に足りない栄養を考えて決めると良いでしょう。

成分 葉酸:400μg/ビタミンB12:6μg/ビタミンB6:3mg
価格 30粒(30日分)450円(税抜)
60粒(60日分)540円(税抜)

ネイチャーメイド(NatureMade)の葉酸

大塚製薬 ネイチャーメイド 葉酸 150粒

ネイチャーメイドの葉酸は葉酸しか入っていないため、ビタミン剤を別に飲んでいる人はあわせやすいサプリです。
ただし添加物が99.9%(※)ととても多く含まれています。

※乳糖、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル

成分 葉酸:400μg
価格 150粒(75日分)680円(税抜)

DHCの葉酸

葉酸 30日分

DHCの葉酸はとにかく安く、負担なく続けやすいのが最大のメリットです。
ただ98%が添加物(※)で作られているため、注意が必要です。

※麦芽糖、デキストリン、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル

成分 葉酸:400μg/ビタミンB2:1.3mg/ビタミンB12:2.5μg/ビタミンB6:1.7mg
価格 30粒(30日分)258円(税込)

小林製薬の葉酸

小林製薬の栄養補助食品 葉酸 約30日分 30粒

葉酸の量も多めに配合されているうえ、ビタミンCとB12が含まれているので、葉酸のパワーを効率的に発揮できます。

成分 葉酸:480μg/ビタミンC:110mg/ビタミンB12:2.8μg/カルシウム:0.032~0.32mg
価格 30粒(30日分)480円(税抜)

ファンケル(FANCL)どこでも鉄分 植物性ツイントース配合

ファンケル FANCL どこでも鉄分 植物性ツイントース配合(箱) 約4週間分 21粒×4袋

ファンケル独自の植物性ツイントースが、ミネラルの吸収・保有率をアップしてくれ、鉄分を効率よく吸収できます。
合成着色料、保存料、砂糖は無添加。
葉酸の配合量が少ない(目標の半分程度)のがネックですが、ミネラルが気になる人にはおすすめです。

成分 葉酸:400μg/ビタミンB12:2.4μg/鉄:6mg/植物性ツイントース:500mg
価格 4週間分1,512円、12週間分3,996円

【番外編】おやつ代わりに葉酸キャンディやタブレット

市販で買える葉酸として、キャンディやタブレットタイプも人気です。

和光堂の葉酸が配合されたアメや、ピジョンのかんで食べられるタブレットなどがあります。

ママスタイル 葉酸キャンディ 78g

ただし、人工甘味料などの添加物が配合されている商品もあるので、よく成分を確認して利用しましょう。

市販の人気葉酸サプリについて紹介をしてきました。
葉酸サプリには、市販では買えない、はぐくみ葉酸やベルタ葉酸など「通販商品」も多くのママから支持を集めているものがあります。

通販商品のどのような部分が評価されているのでしょうか。
つづいては、市販と通販の葉酸サプリを比較して、どのような違いがあるかをみていきましょう。

安全かつ総合的に栄養ケアしたいなら【通販商品】もオススメ

市販で買える葉酸サプリについてみてきました。

市販品のよさは、なんといっても便利で手軽なところです。
実際に手にとって選べる満足感もあります。

しかし市販の葉酸サプリは、栄養効率が悪く、なにより安全面で心配があるのも事実です。
品質の高い葉酸で赤ちゃんの健康を全力サポートしたい人には、いちど通販商品をチェックしてみることをおすすめします。

≫安全な葉酸サプリのランキングを見たい人はこちら

葉酸サプリ、ドラッグストアのものとネット通販のものではなにが違うの?

市販で売られているもののほかに、葉酸サプリには、ネット通販限定で売っている商品も多くあります。

では、ドラッグストアに置いてある商品とネット商品とでは、どんな違いがあるのでしょうか。

ドラッグストアで買える市販の葉酸サプリの特徴

市販品の葉酸には、つぎのような特徴があります。

  • 現物をみて気に入ったものを、すぐにどこでも買える
  • 比較的安く買える
  • 大量生産のコストをさげるため、葉酸以外の栄養はほとんど入っていない
  • 合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)でも原料が人工的なものが多い
  • 長期保存や管理の問題から、保存料などの添加物が多く使われている

ネット通販で買える葉酸サプリの特徴

通販の葉酸には、つぎのような特徴があります。

  • 店舗運営などのコストがない分、天然由来の高品質な合成葉酸を使える
  • 葉酸のほかにも、必要な栄養素が総合的に配合されている
  • 流通がスムーズなため保存料などの添加物も必要最小限ですむ
  • 購入前に手に取ってみることができない
  • 市販品よりやや高価

市販の葉酸と通販の葉酸を比較!

市販の葉酸と通販の葉酸を比較してみましょう。

葉酸の種類 市販葉酸 通販葉酸
購入方法 すぐに買える 購入前に手に取って見れない
価格 比較的安い 市販品よりやや高価
葉酸以外の成分 ほとんど葉酸のみ 葉酸以外にも栄養素が豊富
合成葉酸について 原料が人工的なものが多い 天然由来の高品質なものを使っている
添加物について 添加物が多く使われている 添加物は必要最小限に抑えている

市販に比べると、通販の葉酸の方が安全性が高いことがわかります。

妊婦さんはサプリで1日にどれくらいの葉酸を摂取すべき?

妊婦さんの葉酸の推奨摂取量は、以下のようになります。

妊娠1か月以上前~妊娠3か月
⇒通常摂取量240㎍+栄養補助食品(サプリメント)から400㎍
妊娠4か月目~正産期
⇒通常摂取量240㎍+栄養補助食品(サプリメント)240㎍
授乳期
⇒通常摂取量240㎍+栄養補助食品(サプリメント)100㎍

妊婦さんは妊娠週数によって、通常摂取量にプラスして葉酸をとるよう勧められています。

葉酸をとり過ぎると、食欲不振や吐き気、アレルギーなどの症状がおこる危険性もあるため、1日の摂取量の上限は1,000μgと定められています。

葉酸は種類によっても吸収率がちがう

なぜ葉酸をサプリメントから追加して摂るよう推奨されているかというと、吸収率の高い葉酸が摂取できるからです。
葉酸は、大きく分けてつぎの2種類があります。

天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)

食べものに含まれる天然の葉酸は、「ポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれます。

ポリグルタミン酸型葉酸は、タンパク質や酵素と結びついた高分子型の葉酸で、そのままでは吸収されません。

栄養として取り込むためには酵素で分解して「モノグルタミン酸型葉酸」にする必要があるため、実際の葉酸吸収率は、摂取した葉酸の50%ほどになってしまいます。

合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)

合成葉酸「モノグルタミン酸型葉酸」は、天然葉酸を分解してそのまま体内で吸収できるようにしたもので、大部分のサプリメントがこれにあたります。

酵素が働かなくても吸収できるため、「ポリグルタミン酸型葉酸」よりも2倍近い栄養に換算されるわけです。

合成葉酸はさらに、人工的な成分で作られたものと、天然由来の成分で作られたものとにわかれます。

厚生労働省が妊婦さんに勧めているのは、こちらの【合成葉酸】のほうです。

合成葉酸は、体内の分解酵素量といった不確定要素が少ないのと、葉酸自体の摂取効率がよいためです。
また、赤ちゃんの先天異常を回避する検証は、合成葉酸で行っている(天然葉酸では保証できない)ことも理由にあげられるでしょう。

安全性を考えるとネット販売の葉酸がおすすめ!


市販のサプリは安くて便利ではありますが、やはり気になるのは安全性。

お腹の赤ちゃんにとっては、すこしの異物も毒になる可能性があります。
実際、食品添加物は、赤ちゃんの先天異常の原因になっています。

こうしたリスクを回避するために、赤ちゃんの部屋編集部では高品質の栄養がぎゅっと凝縮されている「通販葉酸サプリ」をおすすめしています。

葉酸サプリの総合ランキングを見たい人はこちら↓

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク