【お片付けのプロ直伝】イヤイヤなし!最新グッズで歯磨きタイムをお楽しみの時間に変えちゃおう

嫌がる子が多い「歯磨きタイム」。
避けては通れないなら、なるべく楽しくできるよう工夫してみませんか?

我が家では、こんな最新グッズも使いながら、子どもたちの歯磨きの時間を「お楽しみの時間」にしています。

健康な歯を保つための我が家の工夫

子どもに、なるべく虫歯のない健康な歯でいてもらいたいというのは、共通の親の願いですね。

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因になる菌が存在せず、周りの人から唾液を通じて菌に感染することで虫歯になりやすくなるというのは、広く知られるようになりました。

我が家でも、感染に気をつけることに加えて、虫歯の原因菌を減らすために、キシリトールのタブレットなども利用しています。

王道?歯磨きの大切さを繰り返し説く

子どもたちに対して、我が家では甘いものなどを特に制限してはいません。

そのかわり、おやつのときには「この〇〇はすごく甘くて虫歯になりやすそうだから、きちんと歯を磨こうね!」と、言い添えています。

このひと言だけでも、子どもには効果大。
歯磨きタイムには、いつもよりも真剣に取り組んでくれます。

歯科検診も大事な習慣

日頃のケアに加えて、1ヶ月にいちど、歯医者さんで虫歯チェックと歯のクリーニングをしてもらっています。

歯医者さんに行き慣れていると、万が一、虫歯ができてしまったときにも、初期の段階で発見でき、スムーズに治療がしやすいというメリットもあります。

最近は、子ども専門の歯医者さんもあるので、「歯が生えはじめたら、歯医者さんデビュー」がおすすめです!

最新歯磨きグッズで「楽しい時間」にしよう!

それでも歯磨きを嫌がる末っ子に、すごく効果があったのは、スマホと連動して楽しく歯磨きができるサンスターの「G・U・M PLAY for kids」です。


いつもの歯ブラシに、この白いアタッチメントを取りつけ、3種類あるスマホの無料アプリと連動したゲームで楽しく歯磨きができます

アプリは以下の3種類です。

    • お口の中の菌を退治できるゲームアプリ
    • 磨き方に合わせて楽器の演奏ができるゲームアプリ
    • 歯磨き中にニュースを読み上げてくれるアプリ

子どもたちにはとくに、虫歯菌を退治できるゲームが人気でした。

上手に磨けた場合には褒めてくれたり、強く磨きすぎる場合には、きちんとお知らせしてくれたりと、すごくよくできています!

ひとつのアタッチメントを家族みんなでシェアすることもできるので、ついつい親もやってみたくなります。

対象年齢は4歳以上になっていますが、3歳になったばかりの息子でも十分楽しめました。

小さなお子さんには、仕上げ磨きのときに、「今、虫歯菌をこうやって退治しているんだよ!」と画面を見せながら、お子さんに歯磨きをしてあげてもいいですね!

おわりに


目に見えない虫歯菌を感じるだけでも、子どもにとって「歯を磨こう!」という気分にさせてくれるようです。

歯磨きは「絶対にやらなければいけないこと」のひとつです。

どうしても嫌がるお子さんには、こんな工夫をしながら「お楽しみの時間」に変えてしまうのもいいかもしれませんね!

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー