帝王切開で出産した、その後の出産は普通分娩が可能なの?

前に帝王切開しても、経膣分娩はできるの?

前に帝王切開

出産スタイルというのは、近年になってとてもさまざまになってきていますよね。たとえば、従来の出産といえば分娩台に仰向けに寝て…というものです。が、それ以外にもたとえば和室で、水中で、横向きでなど、ひとりひとりの希望に合わせた出産ができるようになっています。色々な分娩方法についてはこちら

しかし、産まれてくる赤ちゃんやお母さんの安全をいちばんに考えた結果、帝王切開となることも少なくありません。実は、帝王切開での出産は約5人に1人と言われています。帝王切開になってしまう理由としては、頭から出てくるはずの赤ちゃんが反対を向いてしまっているという逆子であること、双子や三つ子、お母さんの骨盤に比べて赤ちゃんの頭が大きいなどがあります。

また、自然な陣痛がきてそこからなかなかお産が進まない、お母さんや赤ちゃんが危険だと判断されたときにも、急きょ帝王切開になることがよくあるものです。

でも、できることなら帝王切開ではなく経膣分娩したい…と考えている方も少なくありません。帝王切開をしたら、次の妊娠時には経膣分娩することは難しいのでしょうか?

VBACの条件とリスクって?

帝王切開をしたあと、次の妊娠時に経膣分娩できるかどうか…実は、できます。これをVBAC(Vaginal Birth After Cesarean)といいます。

ですが、いくつか条件があってそれをクリアしなくてはいけません。やはり一度帝王切開をしているということでリスクがあるため、出産時に万が一のことがあってはならないからです。では、その条件を見ていきましょう。

赤ちゃんに異常がないこと

これは、赤ちゃんが逆子でないということをはじめ、特別大きすぎないということ、これまでの検診で何も異常なく元気に育ってきているということです。

前回の帝王切開で横切開であること

帝王切開にもパターンがあって、おなかをどのように切って赤ちゃんを出しているかで経膣分娩が可能かどうか決まります。おなかを縦に切っている・横に切っているのでは対応が違い、経膣分娩を目指すのであれば横に切っていることが条件となります。

横切開

緊急帝王切開になった場合、多くは縦に切っていることが多いので(スピーディーにできるため)、この場合は経膣分娩は難しいと言えます。帝王切開についての詳しい記事はこちら

帝王切開の経験は一度であること

何度も何度も帝王切開をしていると、それだけ子宮のあちこちに傷があるということになってしまいます。そうすると、再び妊娠して子宮が伸びてしまうことで、その傷跡から子宮が裂けてしまう…ということにもなりかねません。

VBACを行うなかでいちばん大きなリスクは、子宮が破裂してしまうことです。これをできるだけ避けなければなりませんから、帝王切開をした経験は1度までが限度となります。

これ以外にも、お母さんの妊娠状態が良くないということがあれば、早めに帝王切開をして赤ちゃんを出してあげることもあります。

いちばんは赤ちゃん・ママの安全です

VBACを行う上での条件はたくさんありますが、それでも経膣分娩をすることは可能になっています。上記のようなリスクがあったとしても「経膣分娩したい!」と強く望んでいるお母さんはたくさんいます。

ですが、出産途中で何か問題があれば即帝王切開へ切り替えられるというのは、VBACでなくてもどんなお母さん・赤ちゃんにも言えることです。スムーズに、より安全なお産ができるようよく産院の先生へ相談して、満足いく・納得できる出産に臨んでくださいね。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?