自然分娩と帝王切開を比較!帝王切開すると二人目は?

この記事の監修医師
久保田産婦人科病院・副院長
久保田一郎先生
http://www.kubota-hosp.jp/

「奉仕の精神」「地域医療としての責任」をモットーに、妊婦さんが安心できる診療をおこなっています。 親しみやすい人柄で、なんでも相談しやすい頼れる産婦人科医です。

自然分娩を経験したママから、陣痛とお産の激しい痛みが経験談として語られるケースが多くあります。
いっぽう帝王切開はお腹を切開して赤ちゃんを取り出したあと、体力の回復に時間がかかるといわれています。

自然分娩と帝王切開の違い痛みについて気になっているママもいることでしょう。
また、一度帝王切開をすると次回以降の出産は、どうなるのでしょうか。

自然分娩とはなにか、帝王切開との違い、実際に分娩したママのエピソードをみていきましょう。

自然分娩

自然分娩は経腟分娩のひとつです。
経腟分娩とはママの産道から腟を経て、赤ちゃんが生まれる分娩方法です。

自然分娩の定義は、病院や産院によって異なる場合があります。
ここでは経腟分娩のなかで、医療処置が介入しないものを自然分娩として紹介します。

自然分娩は、分娩場所やお産の姿勢などによってさまざまな種類があります。

自然分娩の種類

自然分娩には以下の種類があります。

  • 水中分娩…専用の浴槽やプールの中で出産します。
  • 座位分娩…分娩用の椅子に座り出産します。
  • フリースタイル分娩(アクティブバース)…立ったままや四つんばいなどの姿勢が選べます。
  • ラマーズ法…「ヒッ・ヒッ・フー」の呼吸法をおこないます。
  • リーブ法…中国医学の気功法を取り入れた分娩方法です。
  • ソフロロジー…ヨガや瞑想を取り入れた分娩方法です。

医療処置を必要とする分娩の種類

妊娠や自然分娩の経過によっては、次のような医療処置がおこなわれます。

  • 無痛分娩…局所麻酔により痛みをなくして出産する方法です。
  • 計画分娩…陣痛を計画的に起こして出産します。
  • 吸引・鉗子分娩…赤ちゃんの頭を吸引器や鉗子で引っ張る方法です。

無痛分娩や計画分娩はあらかじめ予定して、分娩がおこなわれることもありますが、お産の状況によって急に必要と判断される場合もみられます。

自然分娩の流れ


自然分娩は陣痛やおしるし、破水から分娩が始まります。
個人差がありますが、強烈な陣痛を経て出産に至るママが多いようです。

一般的に初産婦は経産婦より分娩に時間がかかるといわれています。

自然分娩の始まりから出産まで

分娩の1週間~前日に「前駆陣痛」が起き、いったんおさまることがほとんどです。
子宮下部が開き始め、少量の出血である「おしるし」がみられることも。

子宮が収縮して赤ちゃんを押し出す「陣痛」が始まります。
陣痛が10~15分間隔になったら、病院や産院に連絡しましょう。

陣痛と同時に「破水」をするケースもあります。
破水をしたら病院や産院へ伝え、指示があればすぐに入院します。

子宮口が最大の10cmになり、一般的にはこのころに破水をします。
助産師の指示に従っていきみ、会陰が裂ける恐れがあれば会陰切開をすることも。

赤ちゃんが出てきたら、胎盤を取り出します。
産後すぐは動かずに2時間ほど安静にすることが多いようです。

自然分娩の時間

自然分娩は10分間隔の陣痛がきてから子宮口全開までがおよそ10時間、赤ちゃんが出てくるまでが2時間かかり、産後2時間は経過を見てその間に必要な処置を30分程度おこないます。

平均して初産婦で12~15時間かかり、経産婦は半分の時間になるようです。
個人差があるのでママによって、かかる時間に差があります。

参考文献:宋美玄 (2016)「産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK-プレ妊娠編から産後編まで! 」メタモル出版

自然分娩の入院期間

自然分娩の入院期間は、5~7日間のケースがほとんどです。
経産婦の多くは、4~6日間の入院期間のようです。

自然分娩の痛み


自然分娩には次のような痛みがみられます。

  • 強い陣痛
  • 子宮や産道が圧迫されて起こる下腹部痛や腰痛
  • 会陰切開の痛み

自然分娩のエピソード

自然分娩でのエピソードをご紹介します。

赤ちゃんが回旋異常になり吸引分娩することに!
先生が私のお腹に乗っかって押したときは、内臓が全部飛び出しちゃうんじゃないか、と思うほど苦しかった!
赤ちゃんの頭がつっかえて、例えるなら骨盤にボーリングの玉がゴリゴリとはまっている感覚が!
産まれた時は長〜い便秘から解放されたような爽快感がありました。
出産翌日はいきんだせいか、上半身から顔が内出血でひどいありさまに。
ひとり目の出産では生理痛の100倍の激痛が腰に!
助産師さんの腕を夢中になって掴んでいたようで、爪痕がつくほどでした。
ふたり目では、あの痛みがまたくると思うとつらかった。
出産は最初から最後まで痛かったです。
陣痛中は身体の内側から金棒で内臓を掻き回されているような感じ。
陣痛の波の合間も痛い。
あまりの痛さに壁に頭をごんごんぶつけたりパパに暴言吐いたり、申し訳ないですが当時はそれどころではありませんでした。
破水して赤ちゃんが一気に降りてくるときは骨盤がミシミシいってる感覚がとても痛かった!
先生からは安産と言われましたが、めちゃめちゃ痛かった…。

自然分娩費用と保険


病院または産院によって、自然分娩の費用は大きく差があります。
平均すると、およそ50~60万円のことが多く、さらに高額になることも。

自然分娩は健康保険が適用されません。
高額療養費は、妊娠・出産の医療費には利用できませんが、陣痛促進剤や麻酔を使用した場合は適用されることもあります。

出産育児一時金は支給条件を満たしていれば、子どもひとりにつき42万円もらえます。

「産科医療保障制度」に未加入の医療機関で出産した場合や、出産時に妊娠22週目未満であれば、支給額は40.4万円です。

帝王切開

帝王切開は麻酔を使用し、ママのお腹を切開する手術によって、赤ちゃんを取り出します。

帝王切開の麻酔は2種類あり、腰椎麻酔と硬膜外麻酔です。
2種類の麻酔を組み合わせる場合と、腰椎麻酔のみ使用される場合があります。

麻酔の効き方や手術状況によって全身麻酔をするケースもみられます。

一般病院での帝王切開による出産は、年々増加しており、平成26年では24.8%が帝王切開をおこなっていまていす。

帝王切開の種類

帝王切開は予定帝王切開と緊急帝王切開があります。

予定帝王切開

逆子や巨大児、双子、前置胎盤など前もって経腟分娩が難しいと、判断された場合におこなわれます。
選択帝王切開ともいわれます。
36週までの妊婦検診で決められ、37~38週に実施されることが多いようです。

緊急帝王切開

胎児機能不全や常位胎盤早期剥離など、母子に予期せぬトラブルが起こった場合に実施されます。

帝王切開の 記事一覧

帝王切開の術後の痛みや傷について紹介しています。
ふたり目のことやお金のことも知っておきましょう。

帝王切開の流れ


帝王切開手術の前日に入院し、手術の直前にママの尿道に管を入れます。
手術直後は歩いてトイレに行けないことがあるからです。

帝王切開の始まりから出産まで

帝王切開は麻酔のかかり具合によってはママの意識があり、手術の様子を感じられるようです。

局所麻酔で帝王切開した場合は、出産してすぐに産声を聞けるママもいます。
術後のママと赤ちゃんに無理がなければ、赤ちゃんを出産直後に抱っこできるケースも。
全身麻酔の場合は、ママの意識が戻ってからになります。

手術の翌日以降に歩行ができれば、尿道の管をはずします。
術後2〜3日目からシャワーが許可され、術後5〜7日目に抜糸をおこなうことが多いようです。

帝王切開の手術時間

個人差はありますが、帝王切開の手術時間は30分~1時間程度のことが多いようです。

帝王切開の入院期間

一般的には平均8日間とされています。
ママの体調が回復しない場合は入院期間が、術後2週間以上になることもあるようです。
また、赤ちゃんに強い黄疸が出ているときなどはママだけ先に退院します。

退院するときに、痛み止めが処方されることがあります。
切開の傷が痛むことがあれば、我慢せずに痛み止めを服用するとよいでしょう。

また、上の子どもやなんらかの事情で早めに退院したいときは、病院や産院にあらかじめ相談しておきましょう。

帝王切開の産後検診は、通常通り1ヶ月後です。

帝王切開の痛み


帝王切開には次のような痛みがみられます。

  • 麻酔するときに痛みがある
  • お腹の傷が術後に強く痛む
  • 術後の回復が遅れ、歩行もままならないケースも

帝王切開のエピソード

帝王切開でのエピソードをご紹介します。

痛かったのは術後、特に手術当日から5日間くらいです。
ベッドを降りる、トイレに腰掛けるといった動作が涙が出るほど痛かったです…。
体勢を変えるたびに傷がズキズキするので、傷が開いたのでは、と思いました。
後産の痛みは常に下腹部に重りがぶら下がっているような鈍い痛みでした。
でも子どもはかわいいです!
普通分娩の予定が急に帝王切開になりました。
陣痛は子宮を思いっきりぎゅーっと握られてるような痛みでした。
帝王切開は術後に子宮の血を出すために、上からお腹を押さえつけるのがとにかく痛かったです。

帝王切開の費用と保険


帝王切開は健康保険が適用されるため、3割負担になります。

適用対象は手術や薬、処置、検査にかかる費用で、入院中の食事やベッドの差額費用は自己負担です。

帝王切開の費用は一般的には40~44万といわれていますが、病院や産院によってはさらに高額になることもあるようです。

出産育児一時金や高額療養費制度などを利用できます。

帝王切開のあとの出産はどうなる?


帝王切開を1回だけしている場合に、次の出産で経腟分娩をおこなえる施設もあります(おこなっている施設はかなり限られます)。

帝王切開をした経産婦が経腟分娩をおこなうことを、VBACといいます。

帝王切開のあとの出産は子宮が破裂する恐れがあるため、母児の安全のために帝王切開することがほとんどです。

VBACの条件

VBACをおこなうには、赤ちゃんに異常がないこと、帝王切開の経験は一度であることなどがあります。

日本産科婦人科学会によると、VBACの条件は以下の通りです。

  • 児頭骨盤不均衡がないと判断される
  • 緊急帝王切開および子宮破裂に対する緊急手術が可能である
  • 既往帝王切開数が1回である
  • 既往帝王切開術式が子宮下節横切開で術後経過が良好であった
  • 子宮体部筋層まで達する手術既往あるいは子宮破裂の既往がない

VBACのリスク

VBACのリスクは、子宮が破裂してしまうことです。
そのため帝王切開をした経験は1度までが限度となります。

子宮破裂が起こるとごく稀に、大量出血する場合があります。
母体への強いショックや感染症、腸閉塞などの可能性もあり、胎児の心拍異常や最悪のケースは胎児が死亡するケースもあります。

VBACを考えている場合はよく相談のうえ、VBACをおこなっている病院や産院で相談してみましょう。

自然分娩も帝王切開もお産は偉大!


自然分娩は陣痛や腰痛がみられ、産後は早い回復が見込めます。
帝王切開は術後の痛みがあり、入院期間が自然分娩より長い傾向にあります。
お金の面では、自然分娩のほうが出産費用が抑えられますが、帝王切開は保険適用になります。
一度帝王切開をすると、次回以降も帝王切開になる可能性が高いです。

自然分娩も帝王切開も赤ちゃんとの対面はかけがいのないものでしょう。
ご紹介したことを参考に出産を乗り越えてくださいね。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事の監修医師・専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク