バースプランって何?書き方・内容・記入例・注意点などまとめ

最近、日本でも耳にする機会が増えつつある「バースプラン」

出産準備のひとつとして、メジャーになってきました。

ではバースプランとは具体的にどんなものなのでしょうか?

今回はバースプランの書き方や記入例、書くときのポイントなどを紹介します。

バースプランって何?


産院選びなどをしていると、たまに、「バースプラン」という言葉を聞く機会があるでしょう。

バースプランとは何なのでしょうか?

バーズプランとは

バースプランとは、出産のため入院してから退院するまでの期間を、どのように過ごし、どのような産み方をしたいのかなど、事前に計画することをいいます。

医師や助産師さんと共有しておくことで、スムーズに、かつ安心して、お産をむかえられるのです。

バースプラン記入用紙は、病院側が用意してくれることが多く、妊娠後期の入るころに用紙が渡されます。
臨月に入る時期には、提出しておくとよいでしょう。

バースプランに対応しているか、いないかは産院によります。
バースプランを希望する妊婦さんは、産院選びの時点で、対応している病院かどうかを確認しましょう。

バースプランを書くメリットは?

バースプランを作成するときに、自分はどんな出産をしたいのかなど、具体的に想像して計画します。

このように出産に向き合う時間を作ることで、自然と出産に対する心構えができるというメリットがあります。

また計画段階で、家族と話し合いながら一緒に考えることで、パパもこれから父親になるんだという自覚もより湧いてくる、というメリットも。
家族も、新しい家族を迎えるために、心の準備ができるでしょう。

また、バースプランを提出することで、病院側も、個人個人に合った適切な対応ができます。

不安に思っていることや、出産に対する気持ちを、助産師さんに知っておいてもらうことで、安心して出産を迎えることができるのです。

バースプランには何を書くの?

バースプランには、どのような内容を書くのが一般的なのでしょうか。

さっそくご紹介していきます。

分娩方法について

誰もが一度は考えることが、分娩方法についてでしょう。

バースプランを採用していない病院でも分娩方法の希望は聞いてもらえますが、バースプランにも書いておくとよいでしょう。

分娩方法には大きく分けて、経膣分娩(自然分娩)・無痛分娩・帝王切開があげられます。

帝王切開は、余程の事情があって、医師が「適切である」と判断しない限りは、選択できません。

自然分娩には、水中出産やフリースタイル出産など、さまざまな出産法があるので希望の出産ができるかどうかは、病院に相談してみましょう。

また麻酔を使って痛みを和らげる、和痛分娩や無痛分娩も、事前に医師との相談やテストが必要なので、希望する場合は早めに伝えることが大切です。

分娩方法について詳しく知りたい方はこちら

無痛分娩のメリットとデメリット

陣痛中の過ごし方について

陣痛に耐えながら、子宮口がしっかりと開き、分娩の準備が整うまでの時間が、もっとも長いので、この間の過ごし方についても書いておくと安心です。

陣痛自体は避けては通れませんが、陣痛室で待っている時間を、少しでもリラックスして過ごせるように、好きな音楽をかけてもらったり、好きな香りのアロマを焚いてもらうなどの希望を出すことができます。

陣痛について詳しくしりたい方はこちら

陣痛中の呼吸法はこちら

立ち会い出産について

夫あるいは、家族の立ち合いについての希望を、書いておきましょう。

出産は非常にデリケートなので、分娩中の立ち合いについては自分の希望をしっかりと伝えておくことも大切です。

また、病院によっては旦那さんしか立ち会えないなど、立ち合いできる人が限られている場合もあるので産院側にも確認しておきましょう。

日本と海外での立ち合い出産の違いについてはこちら

分娩時の対応について

ある程度、病院側が一連の措置を定めている場合もありますが、分娩前の剃毛や浣腸の有無、分娩中の会陰切開に関する希望などを記入します。

また分娩後の対応についても、「生まれたての赤ちゃんを一番に抱きたい」や写真撮影など、希望を書くことができます。

入院中の過ごし方について

産後は、ある程度身体が回復するまで、数日間入院する必要があります。

入院する部屋の種類についても、明記しておきましょう。

大部屋や、シャワートイレ完備の個室など、病院によってさまざまなタイプの部屋を選べます。

部屋によって料金も変わるので、病院に確認しましょう。

また入院中も部屋でアロマを焚きたい、マッサージを受けたい、夜間は赤ちゃんを預かってほしいなど、入院中だからこその要望を記入します。

バースプランの記入例


実際に、どのような内容を記入しているのでしょうか。

先輩ママの体験談を元に、具体的な記入例をご紹介しましょう。

  • 分娩方法について

    ●座位分娩が希望
    ●フリースタイルで自分が一番楽な姿勢で

  • 陣痛中について

    ●陣痛中、時々安心できる言葉をください
    ●呼吸法をリードして欲しい
    ●いきみを逃すのを手伝って欲しい
    ●好きな音楽と香りを使いたい
    ●陣痛中、一人にしないで欲しい
    ●わたしは打たれ弱いので、叱らないでほしい

  • 立ち合い出産について

    ●夫以外に、上の子を出産に立ち会わせたい
    ●長男がびっくりしないように出産時に声をかけてほしい
    ●旦那の立ち会いは希望しない
    ●夫側の両親は分娩室に絶対いれないでほしい

  • 分娩時の対応について

    ●出来るだけ陣痛促進剤を使いたくない
    ●赤ちゃんを私より先に旦那に抱っこさせてあげたい
    ●へその緒を自分で切りたい
    ●分娩台で抱っこして写真を撮りたい
    ●お産の状況などを逐一説明しながら進行してほしい
    ●カンガルーケアをしたい
    ●切開するときは言って欲しい
    ●産まれた後、旦那にビデオを録ってもらいたい

  • 入院中の過ごし方について

    ●自分の体調が悪いときは赤ちゃんを預かってほしい
    ●できるなら、完母で育てたい
    ●母乳育児希望
    ●母子同室がいい

以上のように、記しておくことで、病院側も柔軟に希望を受け入れてくれることも多いようです。

また、書いてよかったこと/書いておけばよかったこと、に多く挙げられていたのが、義理のご家族の分娩室への立ち入りでした。

分娩中は非常にデリケートなため、自分がお産に集中できるよう、立ち合いに関してはしっかりと希望を伝えておいた方がよさそうですね。

バースプランを書くときのポイントと注意点


実際の記入例などをご紹介してきましたが、いざバースプランを書こうとすると迷ってしまう人も多いでしょう。

ここでは、よりしっかりと自分の意志を伝えるためのポイントとバーズプランを書くときの注意点について説明します。

優先順位と理由を明確にする

バースプランの記入例などを参考にしていると、あれもやりたい、これもやってみたいなどさまざまなアイデアがでてくるかもしれません。

沢山希望をいうのは構いませんが、優先順位がしっかり分かるように、これだけは絶対したいなど、明確に記載しておくといいでしょう。

またなぜそれを希望するのか理由を添えておくことで、より明確な出産ビジョンが医者や助産師に伝わりやすくなります。

しっかりと伝わっていれば、もし希望が通らなかった場合でも、別の方法で希望に近づけてくれるなど、柔軟に対応してくれることもありますよ。

希望しないことも書く

バースプランには、希望する内容はもちろんですが、希望しないことも書いておくことがポイントです。

希望することが叶うのはうれしいですが、これだけはイヤだというような希望しないことが起こってしまうのは、精神的にもあまりよくありません。

もちろん帝王切開は絶対イヤだと書いていても、緊急で仕方ない場合もあるので、その点は理解しておきましょう。

必ずしも希望通りにいくとは限らないことを理解しておく

バーズプランにどれだけ希望を書いていても、出産はいつなにが起こるかもわからないので、どうしても希望がかなわない場合もあります。

病院の先生も、できるだけバースプランに沿うように努力してくれますが、一番、重要視するべきは赤ちゃんと母体の健康状態です。

必ずしもバースプラン通りの出産ができるわけではないことをしっかりと理解し、医師の判断で必要だといわれた処置には従うようにしましょうね。

どんな出産であっても、お母さんと赤ちゃんにとってかけがえのない瞬間です。

バースプランで理想の出産に近づけよう


最近、対応している病院も増えてきたバースプラン。

いざ、妊娠中に書きだすと、赤ちゃんに会える楽しみにワクワクできるかもしれません。
より具体的に、理由も添えて書くことが、伝わりやすいコツです。

しっかりと出産へのイメージを掴んで、少しでも理想の出産に近づけるといいですね!

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア