妻が妊娠した時、パパになる事への不安


妊娠はパパにも不安がいっぱい…

キラキラネームとヴィンテージネーム

結婚をして、赤ちゃんを授かった―――。

新しい命が生まれる、家族が増えるとても喜ばしいときですね。しかし、赤ちゃんを身ごもっているお母さんはさまざまな体の変化がありますし、さらに出産への不安や恐怖を抱いているという方も少なくありません。女性は本当に大変ではありますが、同じようにパートナーであるパパ側にもさまざまな不安が生まれてくるものです。

確かに、おなかの中に実際に赤ちゃんがいるのはお母さんのほうです。

ですから、つわりも経験したりそれ以外でも体のだるさや火照り、貧血や毎月の妊婦健診、さらにおなかが重たくなっていく…など、たくさんのことを身を持って知っていきます。約10か月かけて、こういったさまざまな変化を知っていき、それでお母さんになる自覚が生まれていくといいますね。

でも、パパにはお母さんのように身を持ってその変化を知っていく方法がありません。ですから、妊娠?つわり?出産?というふうに、たくさんの変化に戸惑っていくため不安を覚えてしまうんです。

自分が大黒柱、本当に大丈夫?

では、パパは具体的にいったいどんな不安を覚えるのでしょうか?

まず、漠然とはしていますが誰もが少なからず抱くのが「将来への不安」です。自分は良い父親になれるのだろうか?妻はもちろん、子どもも生まれてしっかりと養っていくことができるのだろうか?ということです。

子どもが生まれるということはとても嬉しいことではありますが、正直なところしっかり育てていくための金銭も必要になってきます。さらに、子どもは個性がありますし、育て方や育っていく環境によっても性格はどんな方向にも変わっていきます。

自分がきちんと育児に携われるかという不安もあるでしょうし、それによって将来この子は自分にどんな思いを抱いてくれるのだろう?とも思うでしょう。こうした将来への不安というと挙げるとキリがないほどだと思います。

そのため、パパにも「マタニティブルー」のような症状があらわれてしまうということも、実は少なくありません。男性のマタニティブルーに関する詳しい記事はこちらから

お母さんは赤ちゃんを妊娠して、胎動をその身で感じて、その身で命がけで出産する。こうした流れがあることで子どもをいとしい存在、守らなくちゃ!と本能的に思うものですが、男性はいきなり毎日の生活が変わって、赤ちゃんがやってきた!という感覚なのではないでしょうか。

ですから、お母さんは妊娠・出産の不安をパートナーであるパパに受け止めてほしい…と思うのと同じように、パパもお母さんに不安を受け止めてほしいと思っているものです。

自分の楽しみ・ママの変化などの不安も

また、男性でよくある不安のひとつが「自分の娯楽が失われてしまう」という不安です。具体的に言うと、今までは仕事帰りに同僚とよく飲みに行っていたのが、育児やお母さんの家事の手伝いなどをしなくてはならないということで、その楽しみを減らす・なくさなくてはならないということです。

こうした娯楽を極端にゼロに減らす必要は、ないのではないでしょうか。育児をしているママに息抜きは必要!と言われるように、仕事を頑張っているパパだって息抜きはするべき。お母さんとパパで妊娠中からよく話し合って、お互いにしたい息抜きプランを考えておくと良いでしょう。

具体的な話をしておくことで息抜きのしすぎをセーブすることができますし、また逆にお母さんを気遣って「出かけてくる?」と声をかけられるでしょう。

そして、よくあるのが妊娠しているお母さんに対する不安。赤ちゃんの成長とともに、急激にお母さんの見た目も変わっていってしまいますよね。今までなんの支障もなく夫婦生活をすることができていたのに、つわりや赤ちゃんを気遣ってなかなかできないということや、お母さんによってはパパの匂いでつわりが起こってしまうということもあるので、なかなかスキンシップもできないこともあります。これではパパも放っておかれた気持ちになって、とても寂しい気分になってしまいますよね。いくらパパ・お母さんになる…とは言っても、恋人同士から結婚し、お互いに愛し合っている存在です。

つわりの時期などはぐっとこらえる時期ではありますが、お母さんの体調がよさそうなとき・赤ちゃんの状態が良好なときなど、自然なスキンシップを心がけてみてください。

おなかが大きくなっていくなど見た目の変化に戸惑うことはだれでもあると思います、が、それをあまり口に出すのではなくわかちあってあげることも大切です。自分の体が変化していくお母さんは、産後ダイエットできるのかどうか、夫に嫌われるのではないか…などたくさんの不安があるものです。お母さんの体形は戻すことができますし、先の不安を考えるよりも短い妊娠期間をお母さんと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。