吸引分娩と鉗子分娩って何?

吸引分娩と鉗子分娩って何?

ママの子宮口が全開大になって、赤ちゃんが誕生する時になって、思わぬトラブルが起こる場合があります。赤ちゃんを急いで出してあげたほうがいいと判断された場合は「吸引分娩(きゅういんぶんべん)」や「鉗子分娩(かんしぶんべん)」になることがあります。

吸引分娩・鉗子分娩とはどのようなもので、どんな場合に行われるのか吸引分娩や鉗子分娩について学びましょう。

吸引分娩と鉗子分娩の違い

「吸引分娩(きゅういんぶんべん)」「鉗子分娩(かんしぶんべん)」と言われても、一体どのように赤ちゃんを出すのか・・・分かりづらいかと思います。それぞれについて説明していきたいと思います。

吸引分娩

吸引分娩とは、吸引器に接続された金属製やシリコン製のやわらかい丸いカップを赤ちゃんの頭に密着させ、吸引器の吸引力で赤ちゃんを誘導する方法です。陣痛の時のいきみのタイミングとあわせて誘導します。

吸引器で引っ張り出された赤ちゃんの頭は、頭に圧力がかかることで、頭に大きなふくらみができて頭の形が変わったり頭に血が溜まって「頭血腫」ができたりする場合があります。これは時間が経つにつれ、自然に治りますので心配はいりません。

鉗子分娩

鉗子分娩とは、二枚のヘラを組み合わせたはさみのようなもので赤ちゃんのあごから頭にかけて挟み、ママのいきみと同時に赤ちゃんを引き出す方法です。吸引分娩と同じで、赤ちゃんの頭にあとが残ることがありますが、一時的なもので時間が経つと自然に治るので心配はいりません。

どんな時に吸引分娩・鉗子分娩が行われるの?

吸引して赤ちゃんを引っ張り出す「吸引分娩」と、ヘラで頭を挟み引っ張り出す「鉗子分娩」。一体どのような時に、お医者様は吸引分娩(鉗子分娩)の判断を下すのでしょうか。

  • 赤ちゃんの頭が大きめで途中でつかえているとき
  • へその緒が赤ちゃんの首に巻きついているとき
  • 赤ちゃんが産道を下りてくる際、向きや回り方に問題があるとき
  • 十分な酸素が届いておらず、赤ちゃんに元気がないと判断されたとき
  • 赤ちゃんの心拍が低下したとき

吸引分娩や鉗子分娩を試みても、赤ちゃんを取り出すことが出来ない場合は、緊急帝王切開に切り替わることがあります。吸引分娩にするか鉗子分娩にするかは医師によって異なります。

吸引分娩・鉗子分娩のリスクについて知ろう

吸引分娩・鉗子分娩はリスクを伴います。それは、吸引分娩や鉗子分娩だからというわけではなく、出産自体にリスクはつき物です。もちろん帝王切開にだってリスクがあります。リスクがあるからと避けていては赤ちゃんに命の危険が及ぶことがありますので、医師に判断を任せましょう。

ママへの影響(リスク)

  • 会陰裂傷
  • 膣壁裂傷
  • 頚管裂傷
  • 尿道膀胱裂傷

赤ちゃんへの影響(リスク)

  • 分娩損傷(分娩時に胎児に外傷が出来ること)
  • 赤ちゃんの頭に血腫(頭血腫)ができる
  • 帽状腱膜下出血
  • 頭蓋内出血
  • 産瘤が大きくなる
  • 吸引カップにあたった部分にコブができたり、頭の形が長くなる

頭の形が変わったり、コブができてしまった場合は、その後自然に消えるので心配いりません。ですが、頭蓋内出血が起きた場合には、障害や後遺症が残る可能性があります。

鉗子は操作や扱いが難しいため、日本では吸引器を使って引き出す方法がほとんどです。また、ママと赤ちゃんへのリスクが高いと判断された場合は帝王切開に切り替わります。その他の分娩方法についてはこちらをご覧下さい

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?