【小児歯科医が教える】子どものブクブクうがいはいつから?練習のやり方は?

母子手帳には、4歳のページに「ブクブクうがいをしますか?」という質問が書かれています。
何歳くらいからブクブクうがいができるようになるのでしょう?

クリニックにくる子たちを見てみると、2歳でも上手にブクブクうがいができる子もいれば、小学生になっても苦手な子もいます。

「ブクブク」をしないで水をはき出すだけ、という子も見られます。

日本歯科医師会の報告によると、3歳で約50%、4歳で約75%の子どもたちができるようになっているようです。

ブクブクうがいが上手にできるようになる時期は、呼吸や食事、発音など口の機能の発達と深い関連があることもわかっています。

しっかり唇を閉じて、口をたくさん動かしてブクブクうがいをすることは、口の発達のためにとてもよい運動です

そのため、上手なブクブクうがいができるようになるための練習をしましょう。

ブクブクうがいの練習はいつから?

ブクブクうがいの練習は、ママやパパの動作をまねするところからはじめます

声かけである程度指示された動作ができたり、テレビやお友達の動作をまねできるようになったら練習を始められます。

2~3歳くらいが目安です。

「ブクブクうがい」4つのステップ

ブクブクうがいには、上達のステップがあります。今どのくらいできるのかをよく見て、発達に応じた練習をすることが大切です。

ステップ1:ママのブクブクうがいのまねをして、コップを口にもっていく

まずはママのブクブクうがいのお手本を見せて、まねをするように声かけしてみましょう。

お水の入ったコップを自分で口にもっていきますか?

もっていけない場合は、声かけをして水の入ったコップを口にもっていくことを教えましょう。

自分で持っていけない場合は、手をそえてあげます。

ステップ2:口に水を入れて、はき出す

「口に水をふくんではきだす」というのは、簡単なように見えてなかなか難しい動作です。

「適量の水を口に入れる」「水を口にためておく」「水をはきだす」という3つの動作を順番に練習しましょう。

(1)口に入れる水の量が多すぎる、または少なすぎる場合

ブクブクうがいに適した水の量は、およそ一口分です。
最初はコップに一口分の水だけを入れて練習しましょう。

慣れてきたら、コップに入った水から一口量だけを口に入れる練習をします。

うまく適量の水を入れられない場合は、コップに手をそえて一口分の水が入ったところでコップを離してあげましょう。

上手になってきたら、手をはなして声かけだけでコップを口から離すタイミングを教えるようにします。

(2)口に水を入れられるけれど、そのまま飲んでしまう場合

口に入れた水を出す、という流れを教えます。
コップから水を口に含んで「ぺー」と出すことを見せて、まねをさせましょう。

(3)水を飲んでから「ペー」と言いながら吐き出すまねをする場合。

お水をお口にしばらくためておく練習と、水をはき出す練習をしましょう。

唇の力が弱いと、水を口にためておけずにすぐにのみこんでしまったり、口からこぼしてしまいます。

お風呂の時間など、水がこぼれてしまってもよい時に「ママが3つ数えるあいだ、お水をお口にためておこう」という練習をします。

最初は小さな数字から初めて、少しずつ長い間口にお水をためておけるようにしましょう
カウントが終了したら「ぺー」と水をはき出させます。

水をうまくはき出せない場合は、水をふくんだまま少し下をむかせて、「ぺー」と声かけをしながら下あごを下にひき、口をあけて水を出すタイミングを教えます。

(4)口の中に一旦水をためてから「ペー」とはき出す。

ここまでできるようになったら、ステップ3「ブクブク」の練習に進みましょう。

ステップ3:「ブクブク」ができる

まずは水をふくまない状態で、頬をふくらませたりへこませたりする「ブクブク」の動作を見せて、まねをさせましょう。

唇をとじて左右のほっぺや鼻の下、下唇の内側などに空気を入れて「ブクブク」。

ママやパパが変顔をしてたくさんブクブクして見せると、喜んでまねをしてくれると思います。

水がない状態で上手にブクブクの動作ができるようになったら、いよいよ「ブクブクうがい」です。
 

ステップ4:「ブクブクうがい」をしましょう

コップを口にもっていき、水を口にふくんでブクブクして「ぺー」と出す
ママのうがいを見せてまねさせましょう。

水をふくんで「ブクブク」すると、口から水が飛び出してしまったりすることがあるので、水にぬれても大丈夫な場所で練習するとよいと思います。

最初は、口の中に貯めた水を両側の頬を同時に動かして吐き出す動作になると思います。

だんだん上手になると、左右の頬を交互に動かして吐き出せます。

ここまできたらゴールはすぐそこ!
一連の動作をお手本や声かけがなくてもできるように練習しましょう。

ブクブクうがいができるようになったら

ブクブクうがいができるようになると、口の中の汚れを洗い流せるようになるだけではありません。

歯みがき粉を使った歯みがきや、フッ素による洗口剤が使えます。

日常の歯のケアに歯みがき粉やフッ素洗口を取り入れられるようになると、むし歯予防効果も高くなりますので、「ママやテレビのまねが上手になったら」ブクブクうがいの練習をはじめてみましょう

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー