意外と知らない!産後のママにも葉酸がとっても必要な理由とは?

妊娠中や妊活中のママに厚生労働省が摂取を推奨している「葉酸」。
最近では世間でも「葉酸」が妊活中・妊娠中に必要不可欠だという事は当たり前のように知られるようになってきていますね♪

そのためか、葉酸を摂取するのは、「妊活中~妊娠初期まで」で良いと考えているママも多いそうです。実は、葉酸は“妊活中から授乳中(卒乳まで)の期間”ずっと必要だということを知っていましたか?

なぜ葉酸が産後の授乳中も必要なのか、葉酸の意外と知らない産後の効果をお話したいと思います。

産後のお母さんに葉酸が必要なワケ

産後の葉酸による効果
この中で、あまり知られてないのが葉酸による「造血作用」です。葉酸は血を作る細胞に深い影響を与えているんです。葉酸の働きによって作られたママの血液が母乳の原料になってるんです♪

そのときに出来た母乳には、もちろん葉酸も含まれていますので、赤ちゃんにも葉酸を与える事が出来ます。出産後の赤ちゃんの成長には、ママからの母乳が栄養源のため、葉酸は切っても切れないくらい重要な栄養素なのです。

スポンサーリンク

母乳って血液でできてるの?

血液は真っ赤!でも母乳は白いですよね?母乳と血液は「絶対に別物でしょ!」って思いがちですが、実際はどうなんでしょうか?
母乳は血液で出来ている
乳房の奥には、太い血管が通っていて、そこの部分を「乳房基底部」といいます。
そこから乳首までに血液から母乳を作る「乳腺葉」があり、そこで母乳を生成してるんです!

血液が赤い理由は、赤血球が血液の大半を占めているから。
母乳には、その赤血球が含まれていないので白っぽいんです。

またカゼインミセルというアミノ酸から生成されたものによって母乳は作られていることもあり、色が白っぽくなると言われています。

いい血液を造ることは、いい母乳を作ることへと繋がります。

赤ちゃんの成長に欠かせない母乳

母乳は、赤ちゃんにとってとても大切な栄養です。
母乳に含まれている抗体が赤ちゃんを病原菌から守ります。

また生まれて間もない赤ちゃんはとっても成長著しい時期です。
人間は生まれた後も成長ホルモンによって細胞分裂をしているのですが、その細胞分裂に「葉酸」が必要で、不足すると成長が遅れるとも言われています。

しかし、赤ちゃんは母乳を通してでないと葉酸を摂取することはできません。
赤ちゃんが元気に、成長してほしいと願うすべてのママは良質な母乳をたくさん作るために葉酸の摂取を心がけたいですね!

もちろん粉ミルクにも葉酸は入っているものもあります。
ただ、粉ミルクには母乳に含まれていない成分が配合されていて、赤ちゃんのアレルギーの原因になっている場合もあると言われています。

しかも母乳は粉ミルクに比べて消化吸収がとっても良く安心♪
消化吸収がいいという事は、すぐに赤ちゃんのお腹が空いちゃうので、ママとしては何度も授乳しなければいけないので大変ですよね…。
母乳は腹持ちが悪いという事で、最近では腹持ちのいい粉ミルクに変えちゃうママも多いんだとか・・・。

でも実は「腹持ちがいい=赤ちゃんにとっては消化しづらい」という事。

粉ミルクは、胃液と混ざることで餅のように固いカード(凝固物)を作るので、カードを消化するために赤ちゃんの消化器官は負担がかかってるのです。
粉ミルクでは補えない栄養素を与えるため、また赤ちゃんの消化器官の負担軽減の為にも、母乳での育児が大切なんです♪

おわりに

どうですか?母乳は赤ちゃんにとって大切なものです。
赤ちゃんの為の母乳を作る葉酸はもっともっと大切なんです。

これだけ大事な「葉酸」。
妊活中・妊娠初期だけでなく産後の授乳中も摂取したい栄養です。

親であれば誰しも、わが子にはスクスク元気に育っていと願うものです。
安心安全な葉酸サプリを摂取して、栄養満点な母乳を作っていきましょう。


妊娠中に必須の「葉酸」 どんな成分?正しくとる方法は?

葉酸は大事というけれど、具体的にどうして必要で、一日にどれくらいを摂ればいいのでしょうか。 そんな葉酸の疑問・不安・具体的な摂り方を知りましょう!

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク