妊娠中はおならが増える!?

妊娠中おならが増える…しかも臭いのはナゼ?

妊娠中のおなら

妊娠中というのは、普段と違ったたくさんの変化が起こります。その変化に自分でも驚く…というママも少なくありませんが、その変化のひとつに「おならが増える」ということがあります。

妊娠とおなら…一見特に関係のないように思えますが、妊娠中におならが増えたと感じているママは非常に多いんです。

妊娠するとおなかの中で赤ちゃんはどんどん大きくなっていきますよね。そのため、大きくなった子宮は膀胱や胃などさまざまなところを圧迫します。

腸が圧迫されることで、食べたものが通りにくくなってしまうため、体の中で腐敗しやすくなってしまいます。体の中に食べかすが長時間あると腐敗し、発酵するためガスが生まれやすくなります。

これが、おならのもとです。

妊娠中に便秘になりやすい原因のひとつも腸の圧迫で、さらに妊娠中のおならがとても臭くなってしまった!という悩みもこのためです。下剤を飲むという人も中にはいますが、一時的に溜まっていた便が出ても便秘自体は解消されませんし、おならの臭いはもちろん、おならの出やすさも変わりません。臭いに関しては、まず腸内環境を整えてあげること、これで下剤や便秘薬を使わなくても便が毎日スムーズに出やすいという状態を作ってあげることです。

また、妊娠するとママの体はこれまでとは違い、赤ちゃんを育てていくためにパワーを使います。すると、ママの体に使われるパワーがいつもより少なくなってしまい、消化器官の機能が弱まってしまいます。このために、便秘になったり下痢になったりと人それぞれコロコロと調子が変わってしまうんですね。

妊娠中の難しいホルモンバランス

もうひとつの原因としては、ホルモンバランスの乱れです。女性ホルモンと言われているホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類があります。妊娠するとこの2種類のホルモンが、出産するまでどんどん分泌されていきます。この量は出産直前まで徐々に増えていくのですが、このホルモンは子宮の収縮を抑えてくれる…すなわち、妊娠を継続させるというはたらきがあります。

このホルモンが増えていくことで子宮の収縮が抑えられると、同時に腸の動きも鈍くなってしまいます。すると消化不良が起きたり、便秘になったり、おなかにガスが溜まりやすい環境になってしまうというわけなんですね。妊娠するとどうしても女性ホルモンが増えていきますから、対策はできないんじゃないの?と思ってしまいますよね。しかし、改善させていくことはできますので対策を見てみましょう。

腸の中を掃除してピカピカに!

対策ですが、まず腸の圧迫によるものは腸内環境を整えることです。よくイメージされるのはヨーグルトなどの乳製品を摂ることだと思います。腸内環境を整えるものとしては、乳酸菌と一緒にオリゴ糖を摂るのがおすすめ。シロップタイプのオリゴ糖とプレーンヨーグルトを一緒に食べるとほのかな甘みもあり、食べやすいですよ。

さらに、ここにバナナを加えて食べると効果的。バナナにはオリゴ糖のほか、腸内の老廃物を掃除してくれる働きのある食物繊維も含まれているからです。

逆に、摂取を控えたほうが良いものもあります。人によって腸内環境は異なるのでコレはダメ!とは一概には言えないのですが、一般的には揚げ物や甘いお菓子、たまねぎなどが挙げられます。これらの食べ物はガスを発生させやすくなると言われているからです。

また、よく噛んで消化しやすいようにしてあげるなど、ちょっとした心がけで少しずつ改善していくことができますよ。妊娠中の便秘についてはこちらから妊娠中の痔についてはこちらから

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク