妊娠中もまつげエクステを続けて大丈夫??

まつエクって赤ちゃんに影響あるの?

妊娠中のまつげエクステ

ぱっちりとした目になれるということで人気のまつげエクステ。

メイクのたびにつけまつげをつけるのは面倒!ということで、髪の毛のエクステのようにまつげをつけて、ふさふさにできるという優れモノ。つけまつげよりも自然な見た目で、メイク落としなどの制限はありますが約3週間くらいもちますし、毎日つけまつげをつける手間が省けるということでとっても人気ですよね。

お子さんがいらっしゃるママにも、普段なかなかきちんとメイクができないという場合にまつエクが人気。すっぴんなのにどこか目力がある…そんな目元を作り出してくれます。

さて、そんなまつげエクステですが、妊娠中にもすることってできるのでしょうか?

妊娠中というのはお酒はもちろん、市販薬は飲まないなどおなかの赤ちゃんのことを考えていろいろな制限がありますよね。ではまつげエクステについてはどうなのでしょうか。妊娠中でもキレイでいたい…と考える方は多いと思いますが、まつげエクステをつけても赤ちゃんに影響はないのでしょうか?

まつエクのアレルギー反応って?

まず、妊娠中のまつげエクステには賛否両論があるということを知っておいてください。確実に赤ちゃんや母体に悪い影響がある!ということはわかっていません。そして、まったく影響はない!ということもわかっていません。これは妊娠中のネイルについても同じようなことがよく言われていますよね。妊娠中は匂いに敏感になったり、肌質の変化などでアレルギー反応が起こりやすくなるからです。妊娠中のネイルについてはこちら

さて、まつげエクステを行うサロンによっては「妊娠中は施術できません」というところがとても多くなっています。これはなぜなのでしょうか?

まつげエクステをつけるときに使う接着剤(グルー)ですが、これは人によってはアレルギー反応を起こしてしまう成分が入っています。シアノアクリレートという成分が入っていますが、このグルーが乾いてかたまるときに「ホルムアルデヒド」という毒性の強い成分を放出します。グルーが完全に乾くまでは実に丸1日程度かかりますが、その間ほんのわずかですがホルムアルデヒドはずっと出続けています。発がん性があり、新築の家でよく起こるシックハウス症候群の原因も、このホルムアルデヒドだと言われています。

これだけ聞くとそんなものを目につけるなんてとても恐ろしい…と思いますが、シアノアクリレートには種類があります。ホルムアルデヒドの放出量が少ない「ブチル」、接着力が強力ですがホルムアルデヒド量が多い「エチル」、キープ力が弱いことや乾きにくいけれどこの中でもっともホルムアルデヒドが少ない「メトキシエチル」があります。よく使われているのはブチルシアノアクリレートですが、いくらホルムアルデヒドが少ないとはいえ、やはりアレルギー反応が起こってしまう可能性はあります。

グルーはもちろんサロンの衛生管理にも注意!

妊娠すると、女性は思いもよらなかった体の変化に悩まされます。

まったく便秘知らずだったという方が便秘になったり、軟便に悩まされたり、ひどいつわり、貧血、動悸、息切れなどなど、たくさんの変化があります。また、食べ物の好みが変わる・肌の調子が変わるといった体質の変化も多いのですが、アレルギーなんてない!という方でもどんな変化があるかはわかりませんよね。万が一妊娠をきっかけにひどいアレルギー体質になってしまったらどうでしょうか。それを知らずにまつげエクステをつけて、目が腫れたりそこから皮膚の炎症を起こしたりなど、さまざまなトラブルが考えられますよね。

また、グルーの成分だけでなくそれを扱うサロンの品質も重要です。いくら良いグルーを使って、高い品質のまつげを使っていたとしても、衛生管理が行き届いていないとアレルギーや雑菌のために炎症が起こってしまうということも。実際、ニュースなどでもまつげエクステのトラブルが相次いでいた時期がありましたよね。

そして、妊婦さんは産後の抜け毛と同様、人によっては妊娠中から抜け毛が激しい…という方もいらっしゃいます。そうすると、髪の毛同様に自まつげもぽろぽろ抜けてしまうということも。そんな状態でまつげエクステをつけたら、余計に自まつげが抜けてしまいますし、せっかくつけたまつエクもすぐ取れてしまってもったいないですよね。

あくまで自己責任!万が一を考えて

もうひとつ、妊婦さんがまつげエクステをあまりオススメされない理由として、長時間の施術です。どれくらいの量をつけるかにもよりますが、短くても1時間~2時間程度はかかってしまいます。基本的には仰向けの姿勢で施術を受けますので、おなかが大きいとこの体勢はとてもつらいのではないでしょうか。おなかが圧迫されてしまいますし、張りやすくなってしまうので注意が必要になります。

これらの理由から、やはり妊娠中のまつげエクステは基本的にオススメされていません。

確かに、出産後の入院中にすっぴんでもOKということで、お見舞いに来てくれた人たちと自信を持って会えるということは大きなメリットだと思います。

しかし、赤ちゃんやママに与える可能性が確実にゼロではないということから、赤ちゃんのこと・自分の母体の万が一のことを考えると、避けておいた方が良いのではないでしょうか。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。