【妊娠初期に下痢が続く原因と対処法まとめ】腹痛や胃痛は大丈夫?

妊娠初期は「下痢になりやすい」といわれていますが、下痢の症状がずっと続くと「大丈夫かな?」と不安に感じるかもしれません。
お腹の赤ちゃんへの影響を心配し「流産になったらどうしよう」と考える人も少なくありません。

そこで今回は、妊娠初期に下痢が続く原因と対処法を紹介します。

妊娠初期に下痢が続く原因


妊娠初期には、以下のようなことが原因で下痢になる場合があります。

(1)自律神経の乱れ

妊娠をすると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)エストロゲンプロゲステロンなどのさまざまなホルモンが分泌されます。

ホルモンバランスの変化は、自律神経にも影響をあたえ、消化機能の低下、身体の冷えなどを引き起こします。

人によっては、ストレスが溜まりやすくなることも。
その結果、胃腸の働きが弱まり、下痢にになることがあります。

(2)食生活の変化

下痢の原因のひとつに、食生活の変化があげられます。
つわりや、食欲の増加などが消化器官に影響を与えるのです。

つわりの影響

妊娠初期は、つわりで匂いに敏感になるため、温かい食べ物より冷たい食べ物を好む人が多いといわれています。

また食事が偏って栄養バランスが崩れたり、つわりがひどくて水分中心の食生活になったりする場合もあります。
そのため、胃腸の働きが悪くなり、下痢になってしまうのです。

いっぽうで、食事量が増加し、普段の何倍も食べてしまう方もいます。
ホルモンバランスの変化によって血糖値が下がり、食欲が増すことが原因です。

食べ過ぎると消化不良を起こし、下痢になる可能性があります。

(3)便秘

妊娠初期は、下痢だけでなく便秘にもなりやすい時期です。
便秘の原因も、下痢と同じく、自律神経の乱れやつわりが多いようです。

便秘が続くと、便が溜まったことによって排出機能が高まり、下痢になってしまうことがあります。

そのため、妊娠初期に「便秘と下痢を繰り返す」という方も多くいます。

吐き気や嘔吐、激しい腹痛をともなう下痢は要注意


これまでご紹介したように、妊娠初期の下痢は、ホルモンバランスや食生活の変化によって引き起こされる場合が多いため、過剰に心配しなくても問題ありません。

ただし、吐き気や嘔吐、腹痛などをともなう下痢には注意してください。
ウィルスが原因の「感染性胃腸炎」の可能性があります。

お腹の赤ちゃんにも影響を与えることがあるため、病院で診察を受け、早急に対応しましょう。

「つわり」と「感染性胃腸炎」の違い

「吐き気や嘔吐をともなう下痢は危険度が高い」と説明しましたが、なかには「つわりとどう違うの?」と思う方もいるかもしれません。

吐き気や嘔吐に関しては「つわりとの違いはほぼない」といわれています。
人によっては、「食べ物の匂いをかいでいないのに気持ちが悪くなる」など、普段のつわりとは違うことを察する場合もありますが、このような自覚がある人は少数派のようです。

感染性胃腸炎は、吐き気や嘔吐以外に腹痛や発熱といった症状があることも。

しかし、つわりだと思って見過ごしてしまうケースがあるため、少しでも異変を感じたら自己判断をせず、かかりつけの産婦人科に行きましょう。

妊娠初期の下痢で流産になる可能性


妊娠初期に下痢が続くと「流産になってしまうのでは」と不安になる方も多くいるようです。

下痢が原因で流産になる可能性はないといわれています。
子宮と腸は近い場所にありますが、下痢が直接赤ちゃんに悪影響を及ぼすことは、ほぼないといってよいでしょう。

ただし、下痢は脱水症状を引き起こす場合があります。
ママが脱水症状に陥るとは、赤ちゃんに栄養が届きづらくなり、結果的に、流産になってしまう可能性がでてきます。

母体が不健康になると、直接的ではなくとも、赤ちゃんに悪い影響を与えることがあるため、充分に気をつけましょう。

妊娠初期の下痢が続く期間


妊娠初期の下痢が続く期間は、人によってさまざまです。
一般的には、妊娠4週目から症状が出はじめ、妊娠12週目までに症状がおさまることが多いといわれています。

また2~3日ですぐに症状がなくなる方もいれば、安定期に入るまで、継続的に下痢が続く方もいます。

妊娠初期の下痢の対処法


妊娠初期に下痢が続くときは、以下の方法で対処しましょう。

食事に気をつける

ひとつ目の方法は、食事に気をつかうことです。

冷たい飲みものや食べものは、なるべく控え、身体が温まるものを選びましょう。
具体的には、人参やレンコンなどの根菜類、ショウガ、みそなどがオススメです。

生ものを食べるのは避けてください。
出来る限り、火が通った食べものを口にしたほうが、消化しやすくなり、食中毒のリスクから身を守ることにもつながります。

そのほか、食べ方も工夫をするとよいでしょう。
よく噛んで食べる、1回の食事量を少なくして小分けに摂取するなどをして、胃腸への負担を減らすように心がけてください。

身体を温める

ふたつめの方法は、温めることです。
とくに妊娠中はあたたかい格好で過ごし、身体を冷やさないようにしましょう。

お腹周りはもちろん、足元も厚手のタイツやレッグウォーマーなどを着用して、温めるとよいでしょう。

また激しい運動はNGですが、ウォーキングなどの適度な運動は、冷え対策に効果的です。

ストレスをためない

妊娠中は環境の変化や、自律神経の影響でストレスが溜まりやすくなっています。
とはいえストレスの蓄積は、胃腸の働きを弱めることにつながります。

仲のよい友人と会話をしたり、家事がつらいときは周囲の人の助けを借りたりして、なるべくリラックスした状態でいるように心がけてください。

自己判断で市販薬を服用しない

下痢が続いても、妊娠中は自己判断で市販薬を飲まないようにしましょう。
必ず医師に相談してください。

なお、整腸剤として知られる「ビオフェルミン」は、公式サイトで、妊娠中に飲んでも問題ないことを明言しています。

しかし、下痢の原因がウィルスだった場合は、根本的な治療にはなりません。
まずは病院で診察を受け、医師の判断を仰ぐことが大切です。

水分補給はこまめに

下痢が続くと、脱水症状を起こしやすくなります。

脱水症状になると、母体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響を及ぼすため、水分補給はこまめに行いましょう。

妊娠初期の下痢は自己判断NG!


妊娠初期に下痢が続いた場合は、不安な気持ちになってしまうかもしれません。
しかし、下痢が原因で流産になる可能性は極めて低いといわれているため、過度に心配しなくても大丈夫です。

だからといって、自己判断で「単なる妊娠初期症状」と断定してはいけません。
ノロウィルスやその他の感染症が原因の場合、早急な対応が必要だからです。

下痢の症状が出始めたら、必ず産婦人科でその様子を伝えてください。

診察で「あまり心配しなくてもよい下痢」と言われた場合も、身体を温める、食生活を見直すなど、適切に対処しましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。