心と身体の準備をしてお産に向き合おう!赤川クリニックの赤川元先生にインタビュー

心と身体の準備をしてお産に向き合おう!赤川クリニックの赤川元先生にインタビュー

お産について不安や悩みはつきものです。

出産のためにどんな準備をしたらいいの?
自分の力でお産できるのかな?
母乳が出なかったらどうしよう。

わからないことがたくさんあると、心配でたまらない気持ちになるでしょう。

そこで、安心してお産を迎えるための準備について赤川クリニックの赤川先生にお話を伺いました。

赤川クリニックでおこなっている出産方法や乳がん検診についてもお聞きしました。

できる準備をしておくことで、お産の不安や悩みを軽くできます。
自分に自信を持って、前向きにお産を迎えられるようにしておきましょう。

赤川クリニック 赤川元院長

お産は家族みんなでするもの

赤川クリニックでは、「母親とその家族によりそうお産」を大切にしています。

ーーー「母親とその家族によりそうお産」のために取り組んでいることはありますか。

お産に関わることすべてが「母親とその家族によりそうお産」の取り組みだと考えています。
お産はママだけではなく、家族みんなでするものです。

パパや上のお子さんも一緒に新しい家族の誕生に向き合って、妊娠中やお産のときにママを応援してあげてほしいですね。

そのための手段として立ち会い出産を歓迎したり、子どもも泊まれる部屋を用意しています。

ーーー「お産は家族みんなでするもの」と、思われたきっかけはなんですか。

特別なきっかけはなく、「お産は家族みんなでするもの」が自然なお産のあり方だと思ってやってきました。

ママは自分の身体の中で赤ちゃんを育てますが、パパは違うため赤ちゃんが生まれてくる実感が少ない方も多いでしょう。

しかし、赤ちゃんはママだけのものではありません。
パパはママに赤ちゃんを預けている立場として、ママに寄り添うとよいでしょう。

妊娠・出産についてママと一緒に知ってほしいですし、パパがママにアドバイスすることもあっていいはずです。

見て楽しくて元気になる料理でお産をお祝い!

入院中の料理は「目で見て楽しい食事」というこだわりがあるようです。

ーーー「目で見て楽しい食事」を始めたきっかけを教えてください。

まだ当院が小規模だったころは、私の妻がひとりで料理を担当していたのです。

出産後のママはうれしい気持ちもあれど、疲れています。

そこで、ほっとしてもらえることをしたいと考え、「目で見て楽しい食事」を始めました。

しゃれた見た目やきれいな食器にもこだわった食事です。

もちろんおいしさや、たんぱく質が多いなど身体をきちんと作る栄養バランスも考えています。

食事は人を元気にするものでなければならないと思いますので、料理担当者が変わった今でも続けている取り組みです。

ーーーママたちの反応はいかがですか。

入院後のアンケートに「食事が楽しくておいしかった」と書いてくれたり、「あのご飯をまた食べたい」と言ってくれる方が多くいます。

食事を写真に撮っているママも多いですね。

赤川クリニックでのアクティブで自由なお産

赤川クリニックでは「お産に決まりはない」とのコンセプトで、お産をおこなっています。

ーーーどのようなお産なのでしょうか。

陣痛からお産までの過ごし方や姿勢は決めていません。

ある程度の決まった形はありますが、スムーズな分娩にいたる過ごし方やお産の姿勢は妊婦さんによってさまざまです。

そのため妊婦さん自身もお産の仕組みや進み方を知り、お産までに身体づくりをしておくことが大切です。

医師や助産師だけではなく妊婦さんが主体性を持ってアクティブにお産に向き合うことで、「自分の力で産める」ことに気づいてほしいのです。

基本的に女性の身体は、「出産」できるようになっています。

帝王切開など医療介入する場合もありますが、産める力が身体に備わっていることを意識してほしいです。

フリースタイル分娩とは…
一般的なお産は分娩台の上であおむけになるが、フリースタイルは横向きや四つんばい、立ったままの姿勢など、妊婦さんが力を入れやすい状態でおこなう分娩のこと。
赤川クリニックでは分娩台を使って自由な姿勢で、スタイルを縛らないお産をおこなっている。

ーーー自分の力で産むことに不安を感じている方は多いのでしょうか。

特に最近は社会に情報だけがあふれていて、自分で産むことに心配や不安を感じる妊婦さんが多くいます。

しかし妊娠・出産による身体の変化や仕組みを理解して、元気に出産される方もたくさんいるのです。

当院では妊婦検診や母親学級の際に、身体の仕組みや本来持っている力について、食事、運動、さまざまなことを話し自分で産めることに気づいてもらっています。

お産を通して、生きていく強さや自信も感じてもらえたらうれしく思います。

お産に向き合う準備とは?

よりよいお産をおこなうための「お産に向き合う」準備とは何か、お聞きしました。

ーーーどのような準備が必要と考えていますか?

知識を学んで心の準備をしておくことと、身体づくりをしておくことが大切です。

ーーー心の準備から教えてください。

まず、母親学級はぜひ出席していただきたいですね。

当院ではじめてお産をされる方のほぼ全員が参加され、パートナーと一緒に来られる方も多くいます。

妊娠・出産について知識を整理できるプログラムを用意しています。

ご自分の身体の変化を客観的にとらえられる場でもあります。

気になったことやわからないことはお気軽に質問してください。

知識を深めて、心の準備をしていきましょう。

ーーー次に身体づくりについて教えてください。

ストレッチや運動をおこなっていきます。

よく「歩いていいですか」と妊婦さんから質問されます。

どんどん歩いていただきたいです。
ただし無理はせず、妊娠の状況をチェックしながらおこなってください。

当院ではヨガクラスもあり、以前はベリーダンスクラスも開催していました。

ほかにはマタニティスイミングもおすすめです。

お腹が大きくなると浮力が増すため、普段よりも泳げるようです。
息継ぎの練習もお産に役立ちますし、よい運動方法です。

産前産後の骨盤ケアについて

赤川クリニックでは運動を推奨し、骨盤ケアクラスもおこなっています。
そこで、骨盤ケアについて教えていただきました。

ーーー妊娠すると骨盤はどうなるのでしょうか。

妊娠すると、狭い骨盤に赤ちゃんを通せるようにじん帯がゆるみます。

骨盤を支えるところにある大たい骨や恥骨、仙骨の関節もゆるみによってガクガクしはじめます。

歩行がつらくなったり腰や恥骨に痛みを感じる方も多く、日常生活に支障をきたす場合もあります。

ーーー妊娠中はどのような予防ができますか。

骨盤を支える筋肉を作るため、ストレッチや運動をおこないます。

トコちゃんベルトなどの、骨盤矯正ベルトを使うと痛みが軽減する方もいます。

当院では骨盤の仕組みを説明したうえで、家でもできるストレッチや日常生活で気をつけてほしいことをお伝えしています。

骨盤ケアクラスも開催しており、なぜ身体に変化が起こるのか理解を深めたり、実践を交えてストレッチを紹介しています。

ーーー産後の骨盤ケアはどうでしょうか。

基本的には同じです。
出産後はゆるんだ骨盤を戻すための運動をおこない、少しずつ身体を整えていきます。

ママの身体はお産でダメージを受けますので、気長におこなうことが大切です。

運動のほかに、日頃からきれいな姿勢を保つことも意識するとよいでしょう。

骨盤とは…
上半身と下半身をつなぐ部分のこと。
関節とじん帯からなり、骨盤の内側に子宮が位置している。
骨盤についてはこちらの記事もご覧ください。

母乳育児について

ーーー母乳育児を推進しているのはなぜですか?

ママの母乳で赤ちゃんを育てるのが自然なことだと考えているからです。

母乳を出すことはママの身体に備わったシステムで、活用するために準備をしておくことが大切です。

妊娠中から食事に気をつけたり、運動で身体づくりをしておくこともその準備のひとつだと思います。

ーーー母乳について、妊娠中にはどのようなアドバイスをするのでしょうか。

助産師が妊婦さんの乳頭の形をチェックしてアドバイスします。

最初から問題ない方もいれば、乳首がへこんでいるなど対策が必要な方もいます。

必要な場合はへこんだ乳首を引っ張り上げるグッズを紹介したり、マッサージをおこないます。

お産まで継続したチェックをして、一人ひとりに合わせたフォローをしています。

ーーー産後に母乳が出なかったら、どうしたらよいのでしょうか。

母乳が思うように出ないからといって、ショックを受けたり焦る必要はありません。

そもそも産後すぐは母乳があまり出ないママもたくさんいます。

1ヶ月健診後から、母乳の量が増えるケースもあるのです。

母乳が出ないときは栄養や水分を補うために粉ミルクを飲ませて、赤ちゃんの元気な状態を維持します。

しばらくすると赤ちゃんが母乳を吸えるようになる場合も多いので、粉ミルクを上手に使うというわけです。

ほとんどの妊婦さんが受ける乳がん検診

赤川先生は乳がん検診に力を入れており、乳がんの早期発見に努めています。

ーーー赤川クリニックで受けられる乳がん検診について教えてください。

一般の乳がん検診はマンモグラフィーを使っていますが、当院では超音波を使って乳房をチェックする方法をおこなっています。

妊娠中のため放射線を使った検査はスクリーニングに用いづらいことや、妊婦さんの乳腺は厚くなり、マンモグラフィーより超音波検査の情報が多いと考えています。

本来乳がんは早期発見しやすい病気です。
しかし末期でみつかるケースが非常に多く、残念に思っていました。

妊娠を機に乳腺疾患に関心を持ってほしいため、乳がん検診をおこなっています。

おっぱいはがんができる臓器だと意識していただきたいです。

自分の身体には力があると信じてほしい

ーーー今後どのようなクリニックを目指しているか、教えてください。

これからも今と同じように「自分の力で産む」妊婦さんを全力で支えていきます。

また、妊婦さんやその家族に関わっていきたいので、みんなが集まれる機会をもっと作りたいです。

今は産後2ヶ月の同窓会を開催して、当院で出産したママたちが集まってくれています。

ママたちが子育ての悩みを話し合えるような、産後4~5ヶ月に集まれる会を検討しています。

ーーー患者さんに伝えたいメッセージはありますか?

妊娠・出産についてさまざまなことを知る努力をしておくとよいでしょう。

経験したことのないことは怖くて当然です。
知ることが、怖さや心配を減らす手段になってくれます。

また、身体には妊娠・出産に対応できる力があると信じてください。

食事や運動で身体づくりをして、自分の持っている力を引き出してほしいです。

皆さんに寄り添いサポートしていきます。

赤川クリニックの情報

  • 住所/東京都杉並区上荻1丁目24-6
  • 電話番号/03-3391-6694
  • アクセス/JR中央線荻窪駅から徒歩6分、駐車場なし
  • ホームページ/http://akagawaclinic.jp/
注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク