低出生体重児で生まれる原因について

低出生体重児で生まれる原因について

低出生体重児

日本では10人に1人の割合で低出生体重の赤ちゃんが生まれていると言われています。低出生体重児と一言で言っても、原因は様々です。低出生体重児で生まれると、どのような治療を受けるのか・・・低出生体重児にはどのような病気にかかるリスクがあるのかをお話していきたいと思います。

低出生体重児って何?

低出生体重児とは、WHOの定義で「出生体重が2500g未満の赤ちゃん」と定められています。また、出生体重1000g以上1500g未満の赤ちゃんを「極低出生体重児」。1000g未満を「超低出生体重児」といいます。

低体重といっても、予定日よりも早くに生まれたために発育が十分でない場合と、週数は順調に進んで出産したものの、赤ちゃんの体が小さく生まれる場合があります。

同じ2400gの体重の赤ちゃんでも、予定日前後に生まれた赤ちゃんと、予定日よりも1か月早く生まれた赤ちゃんとでは、からだの機能の発育・体力が違います。これが発育真っ只中の時期だと、大きな差になります。

低出生体重児の赤ちゃんは、体温の調節や呼吸機能、母親からの免疫抗体などが十分でないため、しばらくの間は、保育器の中で育てられることになります。保育器の中の赤ちゃんをママが抱っこできるかどうかは、赤ちゃんの状態によって違います。病院の許可を得て抱っこが可能なら、積極的に抱っこしてあげるようにしましょう。保育器に入っている期間は、状態によりますが、一般的に予定日よりも早く生まれた日数分だけ保育器の中で育てるというのが目安です。

低出生体重児になる原因って何?

赤ちゃんが低出生体重児で生まれてくる原因は以下の通りです。

妊娠中の喫煙

ママが喫煙や飲酒をすると母体の血管が収縮して赤ちゃんに十分な血液が送られなくなり、赤ちゃんは栄養不足になってしまい、発育が遅れてしまいます。ママがタバコを吸っていない場合でも、隣でパパが吸っているという場合は同じことが言えます。妊娠中の喫煙に関する記事はこちら

妊娠中の飲酒

アルコールは胎盤を通じて胎児へと移行します。大人はアルコールを肝臓で分解する機能がありますが、胎児は肝臓機能が発達していないために、アルコールの影響をじかに受けることになります。妊娠中の飲酒についての記事はこちら

妊娠中のダイエットによる栄養不足

最近は妊娠中の体重増加を嫌がるママが多く、体重が増えないように食事制限し、ダイエットをする方もいます。ママにとっても赤ちゃんにとっても栄養不足になってしまい、発育が遅れてしまいます。妊娠中のダイエットについての記事はこちら

歯周病

歯周病菌が歯と歯茎の間の溝から体内に侵入して血中に入ると、血管を通して全身を回り、胎盤を通して赤ちゃんにも歯周病菌が送られてしまい、成長を妨げてしまうといわれています。

妊娠高血圧症候群

胎盤の血管に圧力がかかり、赤ちゃんに十分な栄養が送れなくなるため、赤ちゃんの成長が妨げられることがあります。妊娠高血圧症候群に関する詳しい記事はこちら

高齢出産

40歳以上では、低出生体重児の原因となる早産の確立が高くなりますので、注意が必要です。高齢出産に関する詳しい記事はこちら

上記の条件に当てはまっていない場合でも、早産によって低出生体重児で出産してしまうことがあります。赤ちゃんにとっては、1日でも長くママのお腹の中で育ててあげる事が理想なので、「妊娠中は無理をしない」「生活面で改善すべき点があれば改善する」という事を心がけるようにしましょう。

低出生体重児はどのような医療処置を受けるの?

1500g未満の「極小出生体重児」や1000g未満の「超出生体重児」の場合、体がまだまだ未発達のため、ふつうの保育器では十分な処置ができません。その為、小児科医の管理の下、新生児特定集中治療室(NICU)や未熟児室(GCU)を備えている施設で、サポートを受けます。

低出生体重児は呼吸運動が弱いほか、体温調節がうまくできません。育てられる保育器の中は、温度や酸素を調節し、ママの子宮の中と同じような環境に保たれています。

NICUには呼吸を助ける人工呼吸器、体の状態を細かく観察するモニター類などさまざまな医療機器を備え、専任スタッフが24時間体制で赤ちゃんを見守っています。

NICUでの新生児医療の進歩によって、20年から30年前までは、死亡率の高かった小さい赤ちゃんの治療成績はよくなってきました。ただ、治療が難しいケースも多くあり、未熟である事によりさまざまな合併症が起こりやすくなります。NICUでの治療が必要と判断された赤ちゃんは、設備のない産院では救急車で搬送されます。

NICUとは
早産児や低体重児や何らかの疾患を持って生まれてきた新生児を集中的に治療・ケアするお部屋です。
GCUとは
「Growing Care Unit」の略で、「継続保育室」「回復治療室」「発育支援室」など、さまざまな訳語が当てられています。NICUで治療を受けて、低体重を抜け出した赤ちゃんが、引き続きケアを受けるお部屋です。NICUには入らず、始めからGUCに入る赤ちゃんもいます。

低出生体重児の子は、NICUやGCUで以下のような医療処置を受けます。

  • 体温調節ができるようになる2000gに体重が増えるまでは保育器に入ります
  • ミルクを飲む力が弱いため、乳量が少ない間はブドウ糖や食塩水を点滴します
  • 無呼吸発作を起こす事があります。酸素吸入や、重症だと人工呼吸器を使って管理します

低出生体重児がかかりやすい病気について知っておこう

低出生体重児は、以下のような病気にかかりやすいといわれています。

未熟児網膜症
通常、胎内で発達する網膜が、低出生体重児の場合は出生後に発達します。胎内とは違う環境で発達するため、網膜の血管が異常に発育する事があり、ときには網膜剥離などになる場合があり、重症化することもあります。
無呼吸発作
生後順調に始まった呼吸が、突然一時的に止まってしまうもので、放っておくとチアノーゼを起こします。呼吸を助ける、酸素濃度をあげるなどの処置をします。チアノーゼ・・・血液中の酸素が不足してしまい皮膚や粘膜が紫藍色になることをいいます。
呼吸窮迫症候群
肺胞の内側をおおっている表面活性物質が十分に作られないため、自力で呼吸できず、酸素不足になることがあります。酸素吸入や、人工的に作った表面活性物質を補充して治療します。
未熟児貧血
低出生体重児は、血液をつくる機能も十分でないため貧血を起こしやすくなります。輸血などにより治療します。
壊死性腸炎
腸管の壁に炎症が起き、症状が重くなると、腹膜炎、敗血症を起こすといった危険があります。無呼吸発作、吐くなどの症状が見られることもあります。手術が必要になります。

早産を防ぎ、妊娠中の生活に気をつけていても、赤ちゃんが低出生体重児でうまれてくるケースはあります。近年は低出生体重児医療がかなり進歩しているので、出産時のリスクも成長面での問題も以前よりは少なくなってきましたが、さまざまな合併症が起こりうるリスクがあります。小さく生まれた赤ちゃんはの成長は、他の赤ちゃんと比べてしまいがちですが、どんな赤ちゃんでも成長には個人差があるので、焦らずに、じっくりと見守っていきましょう!

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク