妊娠中のマタニティハイに気をつけよう!

妊娠中のマタニティハイに気をつけよう!

妊娠中のマタニティハイ

妊娠がわかり、嬉しいばかりでなく不安になる方ももちろん多いと思います。でもやっぱり、おなかの中にかわいい我が子が宿ってくれたんだ…と思うと、嬉しくなるものですよね。

妊娠するとお母さんの体にはつわりを始め、さまざまな変化が起こってきます。

そんな変化のひとつに、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。このホルモンバランスの変化というのは個人差がとても大きく、妊娠前と特に変わらない日常を過ごすという方もいれば、ふさぎこんでしまうという方。また、夫の本当に何気ない一言に傷ついてしまい、それが原因で離婚寸前…という事態も。

このホルモンバランスの乱れの原因なのですが、妊娠するとその状態をキープしようとするため、妊娠継続・安定させる「エストロゲン」や「プロゲステロン」という女性ホルモンがどんどん分泌されます。これによって、普段とは違うホルモンバランスに心身がついていかなくなってしまう…というわけなんですね。ホルモンバランスの乱れによる妊娠中のマイナートラブルに関する記事はこちらから

どうしてマタニティハイになるの?

妊娠中にわけもなくイライラしたり、気分がずーんと落ち込んでしまったり…という、自分でもよくわからない気分の変化を経験した妊婦さんはとても多いものです。これが、気分が落ち込んだりふさぎこんだりというマイナスだけではなく、気分が異常に高揚するなどプラスになってしまうこともあります。それが「マタニティハイ」です。

妊娠中に多くの妊婦さんが経験する情緒不安定を「プレグナンシーブルー」といいます。マタニティブルー(正式名はマタニティブルースといいます)と混同されることが多いのですが、妊娠中はプレグナンシーブルー・産後はマタニティブルーという使い分けをします。マタニティブルーに関する詳しい記事はこちらから

このマタニティブルーとは逆で、マタニティハイは妊娠の喜びや期待感などでいっぱい!!という精神状態のことをいいます。妊娠・出産はそう何度も何度も経験することではありませんから、女性の人生の中でも一大イベントとなります。そのため、妊娠・出産への不安はあるものの、やはりそれ以上に喜びや期待感が大きくなるため、マタニティハイになってしまうんですね。

マタニティハイになるとどうなるの?

では、マタニティハイになるとどんなことが起こるのでしょうか?まず、頭の中が産まれてくる赤ちゃんのことでいっぱいになり、そのために浮かれているような状態になるので冷静な判断がしにくくなることも。

  • ベビー用品を必要以上に欲しがったり購入する
  • SNSなどで赤ちゃんのエコー写真や健診の様子、赤ちゃんのことで更新がいっぱいになる
  • 嬉しい気持ちが先走ってしまうため、独身女性や不妊女性に対して子どもをすすめたり、無神経な発言をしてしまう
  • 読みにくい名前や当て字など、いわゆる「キラキラネーム」をつけてしまう

といったことが挙げられます。キラキラネームの詳しい記事はこちらからご覧ください

ウキウキと高揚した気分が続きますが、そのぶん周囲が迷惑してしまう…ということも少なくありません。特に、独身の友人に結婚をすすめたり、不妊の女性に対して子どものことをすすめたり話したりするなどの行為があると、友人など周囲の方からフェードアウトされてしまうことも。また、嬉しさのあまり職場への妊娠報告も安定期以前・妊娠初期段階で行ってしまうことも。妊娠報告のタイミング。いつ友人や家族へ妊娠を報告する?の記事はこちら

さらに、こういったマタニティハイというのは自分では自覚しにくいということや、夫なども巻き込んでハイになっていることもあるので気付きにくいのが難点です。

後悔しないように…マタニティハイに気を付けて!

マタニティハイが落ち着く時期というのは個人差があります。出産する前に落ち着くという方もいれば、出産直後、出産してからもしばらくハイの状態が続くという方も。

マタニティハイの期間中に、大切な友人や知人を知らず知らずのうちに傷つけてしまっていた・・・なんて事もありますので、嬉しい気持ちは分かりますが周りへの発言には十分注意しましょうね。

このマタニティハイで特に後になって困るのが、キラキラネームに関して。当て字、なかなか読めない、難しすぎる漢字の連続、読んでみると違う単語の意味があった…など、ワイドショーなどでもよく取り上げられているほどですよね。最近では、逆にあまりにも古風すぎて現代の雰囲気にそぐわない「シワシワネーム」(当サイトではヴィンテージネームと呼んでいます)というものもあるので、注意したいところ。名づけに関してはこのようにあまりにも驚くようなキラキラネームのために、改名したいという親子やいじめを心配して後悔するというケースが後をたちません。

もしも、自分が今子どもに名づけようとしている名前で一生を生きていくとしたら・・・まずは子どもの立場に立って考えてみるというのもいいでしょう。今後さまざまな事で後悔しないためにも、産前・産後ともに周囲とよく相談して「自分はマタニティハイではないか?」と気づくことができるよう、気を付けてみてくださいね。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク