妊娠中に結婚式をあげる方が注意すべきこと

妊娠中に結婚式をあげる方が注意すべきこと

妊娠中に結婚式

女性なら誰もが憧れる、結婚式。ですが、何らかの理由で結婚式を挙げられないという方も少なくありません。近年では、式の準備中に妊娠がわかったり、妊娠をきっかけに結婚するという方が増えたため、経済的な理由や妊婦だからという理由で結婚式を挙げない方も。

でも、このように妊娠・結婚スタイルが変わってきたことで、妊婦さんであっても結婚式を挙げるという方も多くなっているんです。妊娠中に結婚式…準備やドレス選びなどとっても大変なことだとは思いますが、どのようなことに気を付けると良いのでしょうか?

妊娠中に結婚式、いつ挙げるのがベスト?

まず、大切なのは「無理をしない」ということです。結婚式を挙げるには本当に体力・労力を使うものですから、睡眠不足になったり緊張の毎日・不安の毎日で強くストレスがかかってしまうことも。そうすると、おなかが張りやすい状態になったり、強いストレスが赤ちゃんへの負担になったりということが考えられますから、決して無理はしないでくださいね。

さて、妊娠中に結婚式を挙げるということについてですが、式を挙げる時期としては妊娠5~6か月頃のいわゆる「安定期」がベストだと考えられます。できるだけおなかの小さいうちに…と考える方もいらっしゃいますが、妊娠初期はおなかの張りがわかりにくく、赤ちゃんからのサインがあっても見逃しやすい時期です。さらに、流産しやすいということ以外にもつわりの時期となりますから、体調不良に陥ってしまいやすいんです。逆に妊娠後期になると、今度はおなかが大きくなることでドレス選びが難しいということや、おなかが張りやすい・体調不良を起こしやすいということも。そのため、流産の可能性がぐっと低くなり、さらにつわりもおちついた安定期がオススメだということなんです。

妊娠をきっかけに結婚式を挙げる方の場合

妊娠をきっかけに結婚し、結婚式を挙げるという方。妊娠・入籍・引っ越し、そのうえ結婚式と本当にバタバタと忙しい生活だと思います。時間がない中での結婚式となりますが、最近では結婚式場でもマタニティプランが提案されているところも多くなっています。

こういったプランを利用すると準備がスムーズになりますし、さらに通常よりもお得に結婚式を挙げられるということも。式自体ですが、約1か月程度あれば打ち合わせや準備をして行うことが可能です。

マタニティプランが提案されている結婚式場であれば、急な体調不良や結婚式でも慣れているということが多いので、こちらがあたふたとしていてもしっかりサポートしてくれるでしょう。時間はないものの、できるだけ自分の理想通りの結婚式を挙げられるように相談してみてくださいね。

ひとつ注意点としては、短期での準備となりますからどうしても新郎新婦、特に妊婦である新婦さんに大きな負担がかかってしまいます。赤ちゃんのことを最優先として、つわりでの体調不良やおなかの張りがひどい時などには電話・メールでの打ち合わせにしてもらうなど、しっかりと赤ちゃんに配慮しながら準備を進めていきましょう。

結婚式の準備中に妊娠が判明した方の場合

突然の妊娠で喜び・驚いたのもつかの間、式が半年後や1年後…という場合にはどうしても時期を前倒ししなくてはなりません。ですから、まずは妊娠が確定したらプランナーさんに妊娠を報告しましょう。安定期に入ってから…という気持ちもあるかと思いますが、やはり式の日取りを決めておかなくてはなりませんから、母子手帳をもらう段階で伝えておき、日にちを変えるよう相談しましょう。

ドレスが決定している場合には、ドレスを変えてもらうか、そのドレスを調節してもらうことができるかどうかなど相談してみましょう。さらに和装の場合ですが、一見ぎゅうぎゅうと締め付けられてきつそうに見えますが、締め方や締め具合を調節してもらうことで意外と負担なく着ることができます。ですから、和装がいいけど赤ちゃんは大丈夫?とあまり心配しなくても大丈夫。

一気に準備がバタバタとなってしまうかと思いますが、こちらもやはり赤ちゃん・母体の体調を最優先して、無理の内容に準備を進めてくださいね。余談ですが、結婚式の中で赤ちゃんが出来たことを報告をする…という、ゲストへ向けてのサプライズをする方もいらっしゃるようですよ!

妊娠中、どんなウェディングドレスがオススメ?

結婚式を挙げる中でもっとも花嫁さんがワクワクすると言っても良いのが、ドレス選びではないでしょうか。真っ白なドレスは、一生のうちこの結婚式でしか着られないもの。自分にとっての晴れ舞台ですから、理想のドレスを着てゲストに祝福してもらいたいものですね。

妊娠中に結婚式をあげる場合は、ドレスはレンタルがオススメです。購入のドレスにしてしまうと、あまり早い時期にドレス選びを済ませてしまうと、いざ式になっておなかが大きくなって着られない!ということもあります。おなかだけでなく、妊娠中の体重増加によっておなか以外のところでもドレスが入らない・二の腕や背中のお肉が気になる…となってしまうかもしれません。レンタルであれば、もしもお腹が大きくなってしまって着る事が出来ないとなった場合も変更が可能です。できるだけ、ぎりぎりの時期にドレス選びができるよう、こちらも式場で相談してみてくださいね。

妊娠中に結婚式を挙げる場合、その時期にもよりますがやはりおなかのことを考えたドレス選びをしたいもの。あまりタイトなマーメイドドレスなどは、どうしてもおなかのラインが出たり体を締め付けやすいのであまりオススメできません。

結婚式のドレス

ふわっとした、いわゆるお姫様のようなかわいらしい「Aライン」や「プリンセスライン」のドレスがオススメ。おなかや腰のあたりからふわふわっと広がったラインのドレスは、おなかを目立たせずスタイル良く見せてくれるというのも大きなメリット。さらに、妊娠中はどうしても体重が増えがちですから、ちょっと太ってしまった…という部分もカバーしやすいんです。あまりかわいらしいのは苦手…という方は、フリルの少ないタイプや素材でドレスを選んでみてください。

つわりがある時期以外でも、締め付けによって気分が悪くなってしまうということはよくあります。式中に体調不良を起こさないように、ゆとりのあるドレスを選ぶようにしましょう。

また、寒い時期の結婚式の場合には羽織を忘れずに。温かいファーのものなど、寒さ対策できるものは式場で用意されていることも多いので、相談してみてくださいね。

女性にとっては一生に一度の晴れ舞台です。体調の面などで、大変な思いをされる事も多いでしょうが、納得のいく素敵な結婚式になるよう、パパやプランナーさんと協力して素敵な式にしてくださいね♪結婚式の当日に、体調が優れないのに誰にも言わず我慢する・・・なんて事は絶対にしないようにしてくださいね!もしもの事があると大変なので、絶対にプランナーさんに伝えるようにしましょうね!

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?