葉酸でつわりは悪化する?軽くなるの?

寝ても覚めても吐き気&胃痛。
朝起きては吐き、朝ごはんを食べては吐き、お水を飲んでは吐き…トイレから離れられない地獄のような日々…。

妊婦さんの8割はつわりを経験しています。
出産後はいずれ妊娠前の思い出として刻まれるのではないでしょうか。(思い出したくはないですね(;^ω^))

今回は、そんなつわりを少しでも”楽にする方法”と同時に、妊婦さんにとって重要な栄養素「葉酸」を、つわりの時期でも摂取できる対策方法を紹介します。

>>栄養を取りつつ、つわりが軽くなる!? おすすめ葉酸サプリをチェック

葉酸サプリでつわり軽減!? 楽になる?

検索するとよく見かけますが、「葉酸サプリはつわりを軽くしてくれる」というのは本当でしょうか?
つわりを少しでも軽くして、楽になる方法を一緒に見ていきましょう。

葉酸とビタミンB6を摂取するといい?

つわりを軽くしてくれる栄養素として、葉酸とビタミンB6があります。

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

葉酸とつわりの関係は?

「葉酸サプリを飲んだらつわりが軽くなった!葉酸のおかげかな?」という妊婦さんがたまにいますが、葉酸が直接つわりを軽くしてくれている証明はまだできていません。

ただ、葉酸はホルモンバランスを整える働きがあります。
そのため、つわりの原因として考えられているホルモンバランスの乱れを改善してくれるのです。

葉酸とビタミンB6の関係は?

葉酸サプリを飲んでつわりが軽くなった!という妊婦さんは、そのサプリに「ビタミンB6」が入っていたからかもしれません。

ビタミンB6は吐き気を抑えてくれる働きのある、なんとも心強い栄養素です。

では、妊娠中必要な栄養素もしっかり摂れて、つわりも軽くしてくれるビタミンB6の含まれた葉酸サプリはあるのでしょうか?

>>今すぐおすすめ葉酸サプリを知りたい方はこちら!

つわりを軽くする「葉酸サプリの選び方4つ」

ここでは、ぜひ知っておきたい葉酸サプリ選びのポイントを4つ紹介します!

1.ビタミンB6が含まれている葉酸サプリを選ぶ

先ほども紹介した、吐き気を抑える働きのあるビタミンB6。
葉酸サプリを選ぶ際は、ビタミンB6が含まれているものを選びましょう!

ビタミンB6は葉酸と同じく水溶性の(水に溶けやすい)ビタミンなので、体内への吸収率がよくありません。
ただでさえつわりで食べられないのに、食品でしっかり摂るのは難しいですよね。
全然栄養が摂れていない…と不安な方はビタミンB6の含まれた葉酸サプリで補いましょう。

2.葉酸が1日400㎍(厚生労働省の推奨量)摂取できる葉酸サプリを選ぶ

妊娠初期に葉酸を摂取すると、神経管閉鎖障害のリスクを低減できるといわれています。

そのため、厚生労働省では食品に加え、1日400㎍の葉酸をサプリから摂ることを薦めており、そのことは「母子手帳」にも記載されています。

妊婦さんにとって大切な栄養素である葉酸。
血を作る働きもあり、貧血予防のためにも妊娠中ずっと摂りたい栄養素です。

厚生労働省の推奨通り、1日400㎍摂ることができる葉酸サプリを選びましょう!

3.飲むのが楽な、小さい粒の葉酸サプリを選ぶ

葉酸サプリを摂取するといっても、吐き気が収まらない妊婦さんにはハードルが高いかもしれません。

そのため、できるだけ小さい粒を選ぶ必要があります。
妊娠中のママに配慮してくれている葉酸サプリを選びましょう!

4.「におい」が気にならない葉酸サプリを選ぶ

つわりを発症すると、食べ物のにおいさえ受け付けなくなります。
拒絶反応が出ない、コレならいける!と思える葉酸サプリがいいでしょう。

ランキングを見る!

つわり中にオススメの葉酸サプリは?

葉酸サプリの選び方4つを満たす、人気の葉酸サプリを紹介します。

20種類以上のビタミン・ミネラル配合!「はぐくみ葉酸」


>>はぐくみ葉酸公式サイト<<

はぐくみ葉酸は、オーガニックレモンから搾った葉酸です。

天然自然由来にこだわりつつも、厚生労働省の推奨するモノグルタミン酸の葉酸 もしっかり配合している優れた葉酸サプリです。

また、ビタミンB6をはじめ、普段の食事からは摂りにくい、ビタミンB12やビタミンC、鉄分も、はぐくみ葉酸1つでしっかり補給が可能!

さらに今なら71%OFFで試すことができるので、おなかの赤ちゃんが成長しきってしまう前に、しっかり葉酸を摂取しましょう。

>>(安心返金保証付き)はぐくみ葉酸の詳細をチェック

つわりで葉酸サプリが飲めない人に知ってほしい「対策方法3つ」

そもそもつわりがひどくて、サプリを飲むのも一苦労…!という妊婦さんに知ってほしい、「葉酸サプリを飲みやすくする工夫」を紹介します。(実際先輩の妊婦さんが試していたことです)

1.ヨーグルトなど、さっぱりしたものを食べた後に葉酸サプリに飲む

つわり期間中、これならなんとかいける!というものがいくつかあると思います。
ヨーグルトやりんご、グレープフルーツや梨などは、さっぱりして食べやすいです。

それらを食べたあと葉酸サプリを飲むと、なんとか飲めたという妊婦さんもいるので、無理をしないように挑戦してみてください。

2.ゼリーと一緒に飲む

小さい粒であっても、ゴクンと飲み込むのがしんどい妊婦さんもいるかと思います。
お水さえ受け付けなければ、飲み込むこともできませんよね…。

「薬を飲みやすくするゼリー」を利用して、スルリと胃に届ける工夫をしてみましょう。

ココだけの話、最終手段としてサプリをかじっていた妊婦さんもいるようです。
ただ、サプリの形状を変えてしまうと効果が得られなくなる場合もあるので、できるだけ避けたほうがよさそうです。

3.気持ちをポジティブにする!

つわりの原因として、精神的関係もあると考えられています。

誰でも、”吐いてしまう、思うように食事もとれない、体がだるい…”などの状態が続くと気持ちが沈みがちです。

そこで、「つわりは赤ちゃんが元気な証拠だから…!」と少しでも精神的安定を得られると、ちょっとは気持ちが救われます。

また、葉酸には脳内を幸せにする「セロトニン」を合成するお手伝いをする働きがあるので、精神的にリラックス効果も期待できます!

そもそもつわりの原因は?

つわりの原因は、ハッキリ言って不明です。
そのためつわり専用のサプリはなかなかみかけませんよね。

ただ、妊娠によるホルモンバランスの変化や、精神的な関係もあると考えられています。

つわりの症状としては、妊娠5~6週目にはじまり、16週目までには自然に楽になっていきます。

また、つわりは赤ちゃんが元気な証拠ともいわれており、妊婦さんにとって最初の試練かもしれません。
つわりについてもっと知りたい方は、こちらの記事がオススメです。

詳しくチェック!

つらいつわり時期でも、「ビタミンB6入り葉酸サプリ」で栄養を!

つわりには、吐き気を抑える働きのあるビタミンB6が役に立ちます。

葉酸につわりを軽くする直接の関係はありませんが、ホルモンバランスを整えてくれる効果がつわりの軽減につながります。
そのため、ビタミンB6入りの葉酸サプリをオススメします。

つわりがひどくて飲めないという方も、紹介した対策方法を試してみてください。

つわりはつらいですが、自然に落ち着いてくるまで無理はせず、赤ちゃんのために乗り越えていきましょう!

はぐくみ葉酸の公式サイトを見る

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク