葉酸でつわりは悪化する?軽くなるの?

葉酸サプリでつわりが軽くなった」という妊婦さんがいます。

妊婦さんの8割は、つわりを経験します。
つわりは一過性のものとはいえ、吐き気や眠気を感じながら過ごすのはつらいものです。

そこで今回は、葉酸サプリとつわりの関係を解説します。
つわりの時期に飲みやすい葉酸サプリを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

>>栄養を取りつつ、つわりが軽くなる!? おすすめ葉酸サプリをチェック

葉酸サプリを飲むとつわりが軽くなるってホント?

葉酸サプリを飲むとつわりが軽減される、という科学的な根拠はありません。

とはいえ、「葉酸サプリを飲んだらつわりが軽くなった! 葉酸のおかげかも」という妊婦さんがいるのも事実です。
葉酸サプリの摂取で、つわりが軽減されたと感じる理由を解説します。

葉酸が自律神経を整えてつわりが和らぐ

葉酸は神経系に作用するはたらきがあり、つわりの原因である自律神経の乱れを整えてくれる効果があります。

精神状態が不安定でストレスが多い場合は、つわりが悪化するケースがあります。
いっぽうで気分転換をすると「つわりが和らいだ」という妊婦さんがいます。

葉酸は気持ちを安定させるセロトニン(幸せホルモン)の生成に深くかかわっています。
セロトニンは喜びや快感情をつかさどるドーパミンと、恐怖や驚きといった感情をつかさどるノルアドレナリンをコントロールして精神を安定させます。

葉酸を十分に摂取するとセロトニンのはたらきで精神が安定しやすくなるので、つわり軽減につながるというわけです。

葉酸サプリに含まれるビタミンB6がつわりを軽減させる

葉酸サプリの多くは、つわり症状に効くビタミンB6が配合されています。
ビタミンB6は乗り物の酔い止め薬に含まれる栄養素で、吐き気を改善させるはたらきがあります。

妊娠中にビタミンB6と抗ヒスタミン剤(ドキシラミン)を服用すると、つわりが70%軽減されたという研究結果が海外で発表されています。
米国産婦人科学会(ACOG)は、つわりの治療としてビタミンB6の摂取を推奨しています。

トリプトファンの代謝異常を改善してつわりを軽減する

ビタミンB6はトリプトファンの代謝異常を改善させるはたらきがあります。
トリプトファンは必須アミノ酸のひとつで、代謝異常をおこすとキサンツレン酸という成分濃度が高くなります。

つわりの症状がひどい妊婦さんは尿中のキサンツレン酸の濃度が高くなっているので、ビタミンB6を摂取するとトリプトファンの代謝が改善されてつわり軽減につながります。

つわりがひどくて葉酸サプリが飲めないときは?

なかには、つわりがひどくて「サプリすら飲めない」という妊婦さんがいるでしょう。

つわりがおこる妊娠初期は、胎児が成長するために葉酸が欠かせない時期です。
お腹の赤ちゃんが細胞分裂をおこなう材料が、葉酸なのです。

そこで、つわりがひどい時に「葉酸サプリを飲みやすくする工夫」を紹介します。

さっぱりしたものを食べたあとに葉酸サプリを飲む

葉酸サプリは空腹時を避けて、さっぱりしたものを食べたうえで飲んでみてください。

つわり期間中、「これならなんとかいける!」というものがいくつかあると思います。
ヨーグルトやりんご、グレープフルーツや梨といったフルーツは比較的にさっぱりしていて食べやすいでしょう。

さっぱりしたものを食べた後に葉酸を飲むと「なんとかサプリを摂れた」という先輩ママさんがいるので、無理のない範囲で挑戦してみてください。

ゼリーと一緒に飲む

小さい粒であっても、ゴクンと飲み込むのがしんどい妊婦さんもいるかと思います。
お水さえ受け付けなければ、飲み込むこともできませんよね。

薬を飲みやすくするゼリー」を利用して、スルリと胃に届ける工夫をしてみましょう。

タブレットを砕いてから飲む

固形のままで飲みづらい場合は、砕いて粒子状にして飲んでみましょう。

ココだけの話、最終手段としてサプリをかじっていた妊婦さんもいるようです。
ただ、サプリの形状を変えてしまうと効果が得られなくなる場合もあるので、できるだけ避けたほうがよさそうです。

つわりで吐くときは無理に飲まない

つわりがひどいときは、無理に葉酸を摂ろうと頑張りすぎないのも対処法のひとつです。
サプリは薬ではないので、決められた時間に必ず摂らなければならないものではありません。

誰でも、”吐いてしまう、思うように食事もとれない、体がだるい…”などの状態が続くと気持ちが沈みがちです。
とはいえ、気持ちの不安定さは余計につわりを悪化させてしまう可能性があります。

そこで、「つわりは赤ちゃんが元気な証拠だから…!」と少しでも精神的安定を得られると、ちょっとは気持ちが救われます。
葉酸サプリは体調が良いタイミングで飲めば良いと考えておきましょう。

つわりの時期におすすめの葉酸サプリは?

つわりの時期におすすめの葉酸サプリメントを紹介します。
葉酸サプリは「つわりでも飲みやすい」「つわりを軽減させるビタミンB6が含まれている」ものがおすすめです。

つわりの時期によい葉酸サプリの選び方4つ

まずは、「つわりを軽くする葉酸サプリの選び方」を解説します。

1.ビタミンB6が豊富な葉酸サプリを選ぶ

先ほども紹介した、吐き気を抑える働きのあるビタミンB6。
葉酸サプリを選ぶ際は、ビタミンB6が含まれているものを選びましょう!

ビタミンB6は葉酸と同じく水溶性の(水に溶けやすい)ビタミンなので、体内への吸収率がよくありません。
ただでさえつわりで食べられないのに、食品でしっかり摂るのは難しいですよね。
全然栄養が摂れていない…と不安な方はビタミンB6の含まれた葉酸サプリで補いましょう。

2.葉酸が1日400㎍摂取できるサプリを選ぶ

妊娠初期に葉酸を摂取すると、神経管閉鎖障害のリスクを低減できるといわれています。

そのため、厚生労働省では食品に加え、1日400㎍の葉酸をサプリから摂ることを薦めており、そのことは「母子手帳」にも記載されています。

妊婦さんにとって大切な栄養素である葉酸。
血を作る働きもあり、貧血予防のためにも妊娠中ずっと摂りたい栄養素です。
とはいえ、葉酸は水溶性ビタミンで調理加熱に弱く食事から摂取しづらい栄養素なのです。

厚生労働省の推奨している摂取量どおりに、1日400μg摂れる葉酸サプリを選びましょう!

3.小さめな粒で飲むのがラクな葉酸サプリを選ぶ

葉酸サプリを摂取するといっても、吐き気が収まらない妊婦さんにはハードルが高いかもしれません。

そのため、できるだけ小さい粒を選ぶ必要があります。
妊娠中のママに配慮してくれている葉酸サプリを選びましょう!

4.「におい」が気にならない葉酸サプリを選ぶ

つわりを発症すると、食べ物のにおいさえ受け付けなくなります。
拒絶反応が出ない、コレならいける!と思える葉酸サプリがいいでしょう。

ランキングを見る!

つわりの時期におすすめ!はぐくみ葉酸はビタミン類・ミネラルが豊富

はぐくみ葉酸は、オーガニックレモンから搾った葉酸です。

天然成分にこだわりつつも、厚生労働省の推奨するモノグルタミン酸の葉酸 もしっかり配合している優れた葉酸サプリです。
添加物が含まれていないので安心して摂取できます。

また、ビタミンB6をはじめ、普段の食事からは摂りにくい、ビタミンB12やビタミンC、鉄分も、はぐくみ葉酸1つでしっかり補給が可能!
葉酸を含むビタミンB群は同時に摂ると相乗効果があるので、はぐくみ葉酸はおすすめというわけです。

さらに今なら71%OFFで試すことができるので、おなかの赤ちゃんが成長しきってしまう前に、しっかり葉酸を摂取しましょう。

そもそもつわりの原因ってなに?

つわりの原因は、ハッキリ言って不明です。
症状や重さ、おこるタイミングも個人差が大きく、「これだ!」という対処法がないのです。

つわりの症状一覧 吐き気、異常な眠気、食欲低下、好みの変化、だるさ、頭痛、唾液の異常分泌 など

つわりは妊娠によるホルモンバランスの変化や、精神的な理由もあると考えられています。

つわりの原因は諸説ある

つわりの原因は医学的に解明されていないものの、諸説あります。

  • ホルモンバランスの変化
  • 受精卵の着床によるアレルギー反応
  • 環境や体の変化による精神的なストレス
  • 体内の水流が滞っておこる(水毒)
  • 妊娠によって体質が酸性に偏っている

妊娠をするとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの分泌がはじまったり、黄体ホルモンが増加します。
ホルモンの分泌が増えると脳が刺激されたり胃腸の機能が低下するため、吐き気につながると考えられます。

妊娠中は体が酸性にかたより、肉や米といった酸性食品を受け付けなくなる妊婦さんがいます。
野菜や果物(アルカリ性の食品)が食べたくなるのは、体がアルカリ性に戻ろうとしているためです。

つわりは16週目あたりで自然になくなっていく

つわりの症状は妊娠5~6週目にはじまり、16週目までには自然に楽になっていきます。

また、つわりは赤ちゃんが元気な証拠ともいわれており、妊婦さんにとって最初の試練かもしれません。

つわりが16週以降も続く場合は妊娠悪阻かも

つわりの症状がひどく、16週を過ぎてもなくならない場合は妊娠悪阻の可能性があります。
妊娠悪阻は全妊娠の1%におこる「ひどいつわり」です。
1日中ひどい症状が続き、病院で治療をうける必要があります。

水を飲んでも吐いてしまったり、体重が急激に落ちている場合は病院に相談してください。

つわりがひどい時は病院で治療を

つわりがひどいときは我慢をせず、病院で治療を受けましょう。
吐き気がひどい場合は吐き気止めの注射をしてもらえます。

とくに嘔吐がひどい妊婦さんは点滴で脱水症状を予防するのが大切です。

つわり時におこなう点滴は吐き気などつわり症状を改善するのではなく、体に必要な水分を補充してあげるのが目的です。
吐くと体力を消耗するほか、体に必要な水分やミネラルを不足させてしまうので点滴治療を受けるようにしましょう。

つわりについてもっと知りたい方は、こちらの記事がオススメです。
詳しくチェック!

つわりがつらい時期はビタミンB6入りの葉酸サプリで栄養を

つわりには、吐き気を抑える働きのあるビタミンB6が役に立ちます。

葉酸につわりを軽くする直接の関係はありませんが、ホルモンバランスを整えてくれる効果がつわりの軽減につながります。
そのため、ビタミンB6入りの葉酸サプリをオススメします。

つわりがひどくて飲めないという方も、紹介した対策方法を試してみてください。

つわりはつらいですが、自然に落ち着いてくるまで無理はせず、赤ちゃんのために乗り越えていきましょう!

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク