水中出産は酸素ボンベを背負って水中で出産する!?

水中出産は酸素ボンベを背負って水中で出産する!?

水中

最近、赤ちゃんの部屋編集部で話題になった事で、小さい頃に母からよく言われていた言葉を思い出しました。筆者はよく母親に「自分の当たり前がみんなの当たり前であるとは限らない。」という言葉をかけられていました。例えば・・・我が家での夕食のご飯は普通サイズのご飯茶碗にしゃもじ2杯分が普通だとしても、友人の家はどんぶりサイズのお皿に山盛りがご飯茶碗1杯である可能性がある。全ての家庭が「ご飯茶碗1杯=しゃもじ2杯分ではない」という例題を聞かされていたことを思い出したんです。

なぜ、そのようなことを思い出したかというと・・・

赤ちゃんの部屋編集部で水中出産の話題になりました。「そういえば・・・若いママさんの間で水中出産は、ママもお医者さんも助産師さんも、みんな酸素ボンベを背負って、水中で出産するもんだと思っている方がいるみたいだよ!」という話。水中出産の写真を見たことがある私たちは「水中出産=半身欲のような状態での出産」と当たり前のように考えてしまっていた為、「水中出産=水深○mでの出産」という発想は全くありませんでした。

これには編集部一同、少し驚きましたが反省もしました・・・。文字だけ見ると、確かに・・・頭まで水に浸かって出産していそうなイメージですよね!(笑)

赤ちゃんの部屋の記事は、誰にでもわかりやすいように出来るだけ噛み砕いて書くことをモットーとしているのでいいお勉強になりました。

水中出産は、半身欲のような状態で出産する出産方法ですよ♪分娩方法に関する詳しい記事はこちらから

水中出産は酸素ボンベを背負って

何もかも当たり前を前提として話をしてはいけませんね!これからも出来るだけ皆様に分かりやすいように記事を書いていきたいと考えていますので宜しくお願いします!

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク