【里帰り出産とは】メリット・デメリットは?しない方がいい?

「里帰り出産」とは、ママが現在暮らしている地域を離れて、実家付近の病院で出産をすることをいいます。

出産前後は、いつ陣痛がおこるかわからないため、あらかじめ予定を立てられません。
パパは仕事があるため、ママの不安は大きくなりがちです。

そんなときに、先輩ママでもある自分の母親に頼り、出産前後に里帰りをするという選択ももひとつの方法です。

里帰り出産のメリット・デメリット


里帰り出産は一概に「した方がいい!」と断言できません。

なぜなら、家庭環境や妊婦自身の性格によって向き不向きがあるからです。
里帰り出産を選ぶかどうか、メリット・デメリットを確認して夫婦でよく話し合いましょう。

里帰り出産のメリット

里帰り出産の大きなメリットは下記になります。

  • 出産経験のある先輩ママ(母)が近くにいる
  • いざというときに病院についてきてくれる身内がいる
  • 緊急時に、自分の家族に頼れる
  • 家事を母に頼れる
  • 出産後、子育てに専念できる

初めての出産や育児は不安になるケースが多いようです。
里帰り出産はママの実家に「里帰り」をするので、自分の母親に悩みや不安を聞いてもらえます

また、産後は体力の回復ができないまま、家事や育児に追われるということもなく、実家のサポートを受けながらゆっくり休んで育児に専念できます。

ママが生まれ育った家なので、気兼ねなくゆっくりできるのは大きな魅力のひとつです。

里帰り出産のデメリット

里帰り出産をすることは、精神的・体力的にもよい反面、いくつかのデメリットもあります。

  • いつまでも娘気分が抜けない
  • 夫婦が離れ離れになることで不安が生まれる
  • パパが父親になる自覚を持ちづらい
  • 子育てに対して両親が口を出しすぎてしまう
  • 長期滞在になると生活費などに気を遣う
  • 産後クライシスのリスクがあがる

里帰り出産を選択すると、パパとは離れて暮らす日々が続きます。
その結果として、夫婦間であまり相談ができずにすれ違いが起こったり、不安が溜まることがあるようです。

パパは日常と変わらない子どもがいない生活が続くため、子育てに参加をするタイミングがわからなくなってしまうこともあります。
子育てモードになっているママと、まだ父親の自覚を十分にもてていないパパとの間に溝ができてしまうことも。
週末だけでもパパに来てもらうなど、工夫が必要です。

また、ママの両親にとって「孫は可愛い」という気持ちから、子育てに過剰な協力をしすぎてしまうケースも多いようです。
世代間で子育て方法が異なる場合があり、ママと両親で喧嘩になってしまうということもあります。

デメリットを理解して「パパとのコミュニケーションをどうするか」「両親と子育ての方針を話し合う」などをあらかじめ考えたうえで、里帰り出産を選択するとよいでしょう。

里帰り出産をしないことのメリット・デメリット

里帰り出産をしない選択をした場合は、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

里帰り出産をしないメリット

里帰り出産の大きなメリットは下記になります。

  • 自分のペースで家事・育児ができる
  • 住み慣れた自宅で落ち着いて生活できる
  • パパと一緒にいられる
  • パパが育児に参加できる

里帰り出産できる環境にあったとしても、自分のペースで生活をしたいという方や、里帰りから戻ってきたときに大変そうだからという理由で、あえて里帰り出産をしないという方も多いようです。

退院後、赤ちゃんを囲んだ生活がはじまることで、パパも育児に参加ができます。
里帰り出産をするよりも、早い時期からパパと赤ちゃんが過ごすことで、父親としての自覚を持ちやすくなるパパもいるでしょう。

里帰り出産をしないデメリット

では、里帰り出産をしないことはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

  • ママはやることが多くて体を休ませる時間があまりない
  • 赤ちゃんのお世話で不安が募りやすい
  • パパの協力が不可欠

産後、まだ体力が回復していない時期に、育児と家事をする生活がやってきます。
ディンクスだったころのような自由気ままな生活ではなく、パパとママが二人三脚で家事をこなしていかなければなりません。

また、慣れない子育てに不安を感じたり、孤独を感じる方もいるようです。
里帰り出産で不安を感じたら、先輩ママでもある自分の母親に聞くことができますが、なかなか不安を解消できない方も。

自治体には子育ての不安や悩みを相談できる窓口があるので、不安になったらひとりで抱え込まずに相談をしましょう。

里帰り出産決定後から出産までのスケジュール


里帰り出産をするに当たって、どんな準備をすればよいのか、病院の選び方などを時系列にみていきましょう。

妊娠発覚~12週目まで:里帰り出産の決定と病院選び

妊娠12週目は、つわりに苦しんでいる方が多いようです。


しかし、この頃までに出産する病院を決めておかないと、病院によっては出産予約ができない可能性があります。
里帰り出産先の病院を予約する時期は、なるべく早く行いしましょう。

里帰り出産の場合は、妊娠20週までにお産の入院予約をするとよいようです。

しかし、分娩予約は妊娠12週までしか受付できないなど、病院によってルールはさまざまです。

なかには、早い時期の来院や、予約金が必要だったり、予約制限に達すると受け付けてもらえない病院もあるため、早めに産みたい病院を決定していきましょう。

病院選びのポイント

移動先の病院の決め方は、以下のことに気を付けて決めましょう。

  • 里帰り出産の受け入れが可能
  • 実家から距離が離れすぎていない
  • スムーズな交通手段がある
  • ママや赤ちゃんに異常があったときなど緊急時の体制は整っている
  • 出産スタイルは自分の考えと合っている

病院が決定したら、現在受診している病院に里帰り出産をすることを伝えます。
これまでの検査結果の引継ぎなどをする「紹介状」を書いてもらいましょう。

事前に調べておきたい妊婦検診の補助券について

母子手帳についている妊婦検診の補助券は里帰り先でも使えるのでしょうか。

今住んでいる場所と、里帰り先が同じ自治体の場合は、これまでどおり妊婦検診の補助券を使えます。

異なる自治体の里帰り先では、妊婦検診の補助券を使えないケースが多いようです。
その場合は自己負担になりますが、里帰り出産が終わってから、妊婦検診の領収書をお住まいの自治体に提出することで、費用の一部を払い戻してくれることがあります。

詳しくはお近くの自治体にお問い合わせください。

妊娠16週目~28週目ごろ:里帰り出産の準備をしよう

妊娠16週目を過ぎると、つわりが落ち着き安定期に入るため、体力的に楽になる方が多いようです。
この時期に里帰り出産の準備をしておきましょう。

28週目をすぎると妊娠後期となり、腰の痛みなどのマイナートラブルが出てくる時期になるので、体調がよい期間に準備をするのがおすすめです。

自宅から実家が離れているほど、忘れ物をしても簡単には取りに帰れないのでしっかりと準備をしましょう。

里帰り準備チェックリスト

  • 母子手帳
  • 妊婦検診に通っていた病院の紹介状
  • 健康保険証
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 入院に必要な書類
  • 下着やマタニティウェア
  • 授乳ができるパジャマ
  • お風呂や歯磨きグッズ
  • 化粧品など
  • 新生児用のベビーウェアやおくるみ
  • オムツやおしりふき
  • 赤ちゃん用の布団
  • 授乳クッションやミルクなどの授乳グッズ
  • 沐浴グッズ
  • ベビー綿棒などのケアグッズ

自分のものだけでなく、赤ちゃんのお世話に必要なものを準備します。
ほかにも準備しておくと便利な入院グッズは下記をご参照ください。

妊娠32週目~34週目ごろ:里帰りをする

里帰り出産は、妊娠9ヶ月目(34週目くらい)までに実家に移動しましょう。
これ以降になると、移動中に陣痛や破水が起こる可能性が高まります。

また、里帰り出産先の病院によりますが、妊娠9ヶ月(34週目)までに受診を勧めるケースが多いようです。
母子の健康状態などを病院側が早めに知ることは、安心して出産を迎えることにもつながります。

妊娠35週目~40週目ごろ:入院から出産まで

妊娠35週目を過ぎると「臨月」に入り、妊婦検査は週に1回に増えます。
実家では赤ちゃんを迎え入れる準備をしていきましょう。

そして、37週目の「正期産」を目途に入院の準備をしておくと安心です。
準備をしておいた書類などをもう一度確認しておきましょう。

赤ちゃんを迎え入れる準備も同時に行うと、退院後はスムーズな育児をおこなえます。
新生児の衣料へ水通しをすることや寝具、授乳用品、沐浴用品、おむつなどをすぐに使えるようにセットしておくのをおすすめします。

陣痛がはじまったら、陣痛感覚を計ります。
本陣痛が10分間隔になったら病院に連絡を取りましょう。

また、陣痛が起こる前に破水が起こるケースもあります。
放っておくと赤ちゃんが感染する危険があるので、すぐに病院に連絡してください。

自分で車を運転するのはNG

病院へ向かうときにママが車を運転して病院に行くのは避けてください。

実家にいる両親の運転で病院に向かえるとよいですが、不可能な場合は、公共交通機関を使用せずタクシーで病院まで向かいましょう。

出産~入院中:家族にお願いすること

入院している間に、赤ちゃんのお世話を助産師さんに教えてもらうことが多いようです。
出産という大仕事を終えたので、出来る限り安静にして体力の回復に専念しましょう。

実家の家族には、育児や家事についてサポートをお願いしておきましょう。
どこまでのサポートをお願いするかは、人それぞれですが、家事は実家の母親に任せてママは休むことと育児に専念する方が多いようです。

産後6~15日目くらい:退院後にすること

一般的に、自然分娩の場合は出産後6日ほどで退院できます。

無事出産が終えると、さまざまな手続きがあります。
詳しくはのちほど記載します。

それぞれ期限が定められているので、役所や加入する健康保険組合の指示に従って、手続きを進めていきましょう。
ママひとりですべてを行うのではなく、パパや家族にも頼るとよいでしょう。

産後4週間ごろ:1ヶ月検診をしよう

産後4週間ごろになると、赤ちゃんと一緒に1ヶ月検診に行きます。
ママの健康状態や、赤ちゃんの成長をみるだけでなく、心配事の相談にものってくれます。

基本的に1ヶ月検診は、出産を行った病院で受診します。

しかし、産後1ヶ月を待たずに里帰りから戻った場合は、ほかの病院で1ヶ月検診を受けることになります。
その場合、あらかじめ診察を希望する病院に問い合わせをしておきましょう。

里帰り出産の産後手続きについて


出産後の手続きは多く、初めての出産だと戸惑いを感じることがあるかもしれません。
産後にどのような手続きがあるのかをご紹介します。

役所で手続きを行うもの

里帰り先でできるもの

  • 出生届

住民票がある役所でするもの

  • 乳幼児医療費助成
  • 児童手当
  • 出産祝い金
  • 赤ちゃんの健康保険加入(国民健康保険の場合)
  • 高額療養費(国民健康保険の場合)

出生届は里帰り先でも提出できます。
そのほかの手続きはパパにお願いするとよいでしょう。




勤務先で手続きを行うもの

  • 赤ちゃんの健康保険加入
  • 出産育児一時金・出産育児付加金
  • 出産手当金
  • 育児休業給付金
  • 産前産後休暇保険料免除
  • 傷病手当金
  • 高額療養費
  • 出産祝い金(企業による)

加入している健康保険組合で行う手続きは、基本的に勤務先で行います。
妊娠中に手続きや申請方法を確認しておきましょう。





民間の保険会社に問い合わせるもの

  • 医療保険

切迫流産や切迫早産で入院したり、帝王切開で出産された方は、加入している民間の医療保険から給付金が出る可能性があります。

加入している保険によって内容は異なりますので、保険会社に問い合わせるとよいでしょう。

  • 税務署で行うもの
医療費控除(確定申告)

妊娠、出産に関わる通院費や入院費は医療費控除の対象です。

お世話になった両親に感謝の気持ちを!


里帰り出産を終えたら、両親に感謝の気持ちを伝えまょう。
娘が家に帰ってくることは、両親にとってうれしい反面、体力的・精神的・経済的に負担がかかっていることを忘れてはいけません。

「やってもらって当たり前」ではなく感謝の気持ちを、両親に伝えて生活をしましょう。

里帰り出産はいつ帰ればいいの?


里帰り出産をする場合、実家から家に帰る目安は赤ちゃんとママの1ヶ月検診の後です。

1ヶ月検診が済むと、ママと赤ちゃんの健康が確認できます。
産後から、なにもなく健康で過ごせると医者いより確認ができたら自宅に帰ることができます。里帰り出産の期間は、一般的には妊娠9ヶ月目から実家に帰って、産後の1ヶ月検診の後~産後3ヶ月までの間に自宅に戻る方が多いようです。

体力の戻り方は分娩方法や、年齢、ママの体力によってさまざまです。
産後1ヶ月で自宅に戻る方もいれば、2~3ヶ月実家でゆっくり過ごす方もいます。

必ずいつまでに帰らないといけないということはありませんが、パパと一緒に子育てをするためにも、自分の体力と相談しながら、無理をせずに決めていくとよいでしょう。

里帰り出産で体力を回復しましょう


里帰り出産には、メリットとデメリットがあります。
あらかじめ、よく夫婦で話し合い、サポートしてくれる家族としっかり打ち合わせを行いましょう。

里帰り出産のもっとも大きなメリットは、ゆっくり体力を回復できることです。
自分の両親と赤ちゃんとの絆を深めつつ、産前産後の体力を回復して育児に専念できるように調整していきましょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア