妊活に漢方って効く?不妊症に効果ある漢方薬について

妊活中の女性にとって妊娠しやすい身体づくりは大切なことです。

冷え性
生理不順
生活習慣の乱れ

など、思うように改善できなくて悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

そのような症状に漢方が効くと耳にすることも。

漢方で体質を改善すると、妊活にも効果があるのでしょうか。

この記事ではそもそも漢方とは何なのか、不妊症によいとされる漢方にはどういった効果があるのかを紹介していきます。

漢方って何?


漢方とは東洋医学の一つで、草木の根や動物、鉱物など自然界に存在する天然の薬物『生薬』を組み合わせてできた天然の薬です。

医学には『西洋医学』と『東洋医学』があります。

西洋医学は病気が起こっているところを特定し、薬や手術で治療していきます。

一方、漢方などの東洋医学は身体全体の体質改善を目的としています。

血の流れが悪かったり血が少なかったり、消化器の働きが弱いなどの身体の内側全体から調子を整え、病気になりにくい身体になるようにサポートしてくれます。

また西洋医学と東洋医学との併用は可能です。
うまく組み合わせて活用することにより、不妊治療への大きな効果も発揮してくれます。

漢方といえば、ツムラの漢方を思い浮かべる方も多いようですが、さまざまなメーカーから発売されています。

漢方の副作用はないの?


漢方は天然由来の成分でできているため、身体への負担が少ないものです。

とはいえ、体質にあっていなかったり効果が強すぎたりすると、熱やじんましん、下痢、動悸などがみられます。

安易に自分で判断すると、過剰に摂取してしまったりアレルギーを引き起こす可能性があります。

自分にあった漢方を、選ぶことが大切です。

病院で診察を受けて処方してもらったり、漢方相談ができる薬局やドラッグストアでアドバイスを受けるとよいでしょう。

漢方で身体のバランスを整えて妊活しよう


まず不妊を引き起こす可能性がある原因はなにか、身体の内側がどうなっているかをみていきましょう。

病院などで検査をうけた結果、特に原因がないのになかなか赤ちゃんを授かれないといった場合もあります。

そのときは自分の体質が妊娠の妨げになっているケースもあるようです。

そこで不妊に大きく影響される体質のポイントを見てみましょう。

バランスが欠けると不調になる?

漢方では、私たちが生活する上で必要な3要素があると考えられています。

  • 気はエネルギー
  • 血は栄養
  • 水は潤い

3つのバランスがうまく巡ることで健康が保たれます。

ひとつでも欠けてくるとバランスを崩し、不調が続いたり、病気を引き起こすきっかけともなります。

それでは、不妊に影響のある身体の中の不調と、効き目のある漢方をみていきましょう。

不妊につながる不調と効き目のある漢方

身体の内側から改善し、バランスを整えることは不妊治療にとても大切です。

不妊に影響する状態と、改善してくれる代表的な漢方をみていきましょう。

瘀血(おけつ)

血の巡りが悪く、卵巣や子宮などに栄養がいきわたっていない状態です。

不妊の原因でもっとも多く、生理中に血の塊が出たり、背中や腰が痛かったり血液が黒っぽかったりする人は要注意です。

瘀血に効く漢方

  • 「桃核承気湯(とうかくしょうきとう)」…血液循環をよくするほか、便通をつけたり、不安やイライラを和らげる。
  • 「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」…血行をよくし、熱のバランスを整え、のぼせや冷えを改善し、子宮などの炎症をしずめてくれます。
  • 「温経湯(うんけいとう)」…身体の血液循環をよくし、身体全体をあたためてくれる働きや、乾燥した皮膚の改善にも効果があります。

血虚(けっきょ)

血虚は、血液が不足している状態です。

貧血や立ちくらみがあるときは、血液が足りていないと考えられます。

血虚に効く漢方

  • 「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」…血行をよくし身体をあたため、貧血状態を改善する効果が期待できます。
  • 「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」…血液を補うほか、消化器の働きを強め、腎を補います。

水毒(すいどく)

水毒は、身体に余分な水分が溜まります。

浮腫んでおり血液の流れが悪く、身体が冷える状態になる場合が多いようです。

水毒に効く漢方

  • 「防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)」…身体の水分を循環し、疲れや痛みを和らげます。
  • 「大柴胡湯(だいさいことう)」…身体の熱を取り、炎症を治める効果や痛みを和らげたり便通もよくしてくれます。

気滞(きたい)

気滞日常の仕事や妊活で、疲れやストレスが溜まっている状態です。

自律神経が乱れイライラしたりぼーっとしてやる気が起こらなかったり、不安感が強いのも特徴です。

気滞に効く漢方

  • 「加味逍遥散(かみしょうようさん)」…血液循環をよくして身体をあたため、のぼせなどの熱をさまします。また、ホルモンのバランスを整え、体が疲れやすくイライラや不安感を和らげる効果も期待できます。
  • 「香蘇散(こうそさん)」…身体の熱や腫れ、痛みを和らげます。

腎虚(じんきょ)

漢方では生殖にかかわる臓器を「腎(じん)」と呼びます。

不妊では卵巣機能が低下することによって、不妊への影響が大きくなります。

腎虚に効く漢方

  • 「六味地黄丸(ろくみじおうがん)」…身体の弱ったところを補い、特に下半身の衰えに効果があります。
  • 「八味地黄丸(はちみじおうがん)」…足腰や泌尿生殖器など下半身の衰えに効果があり、身体の鈍くなった働きを助けます。
  • 「四物湯(しもつとう)」…血液循環をよくし身体をあたためるほか、皮膚の乾燥を補ったり、ホルモンバランスを整えてくれます。

男性の妊活にも漢方がよい?


不妊の原因が男性にも48%あるいうことをご存じですか?

不妊は41%が女性側、24%は男性側に原因があり、24%は男女双方に原因があります。

男性の24%に男女双方の24%をプラスすれば、男性側の原因は48%になります。

八味地黄丸(はちみじおうがん)」は男性が服用しても効果があるといわれています。

女性の「腎虚(じんきょ)」にも効く漢方でもあります。

そのほかにも「牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)」「六味地黄丸(ろくみじおうがん)」も男性の不妊に効果が期待できます。

これらの漢方は精力向上や精子の質をよくしてくれるため、妊活にも期待できるでしょう。

漢方は、男性の妊活や不妊治療にもよい影響をもたらしてくれるといえます。


妊活に大敵の「冷え」に効く漢方は?


身体が冷えていると、血の流れが悪くなり身体全体の器官の働きがとても悪くなります。

血流が悪くなることで子宮や卵巣に十分な栄養が送られず、妊娠しにくい体質になってしまうということです。

上で述べた「水毒」には身体に余分な水分が溜まり、水分が滞ることで身体が冷えてしまいます。

とくに冷えに効果のある漢方は以下です。

  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

これらの漢方は血流をよくし、お腹を温めてくれたり手足の冷え対策にも効果的です。

それぞれの漢方に『当帰(とうき)』という生薬が含まれており、この生薬には「瘀血」を改善してくれる働きもあるのです。

また、不妊のほか月経痛や腰痛などにも効果的です。

夏場になると冷たい飲み物や半ズボンで寝たりすることがあると思いますが、なるべく身体を冷やさないことを心がけるのも大切です。

妊活に人気の「婦宝当帰嘐」


妊活に効く漢方を調べると、よく目にするのが「婦宝当帰嘐(ふほうとうきこう)」。

婦宝当帰嘐は70%が「当帰」の生薬でできており、血を増やし血流をよくし、身体を温めてくれるので血虚体質に効果を発揮し、妊活にもよい影響を期待できます。

妊活中の女性に人気のある婦宝当帰嘐の効果の声を、みていきましょう。

不妊治療お休み中に飲み始めて3本目で、久しぶりの体外受精で妊娠しました。今まで内膜が7ミリとかだったのに、コレを飲んだ時は10ミリありました。

飲み始めて冷え性もよくなり最初の生理は経血もキレイで、何と言っても生理痛が軽く鎮痛剤を飲まなくてもよくなったのが驚きでした。
そして飲み始めて1ヶ月が過ぎた頃妊娠しました。39歳という高齢と以前に流産していたので、こんなにすぐに妊娠するとは効果がすごすぎです。

妊娠はまだしていませんが、身体のリズムは、ととのっています。

不妊治療の一環として飲み始めたのですが(治療期間1年半)、なんと妊娠しました。飲み始めて1カ月。体の変化を感じ始めていた矢先でした。

まとめ


漢方についてや身体の仕組みと不妊に影響するポイントなどが、おわかりいただけましたか?

たくさんある漢方の中から、妊活に効果が期待できるものを中心に詳しくみてきました。

不妊には大きな効果を発揮してくれそうな漢方ですが、やはりそれぞれの体質や症状によって効き目はさまざまです。

薬や手術で不妊の治療が必要な方は、医師の診断のもとで正しい漢方を処方してもらいましょう。

漢方とうまく併用するには、自己判断しないで相談することが大切です。

自分に合った漢方を処方してくれる病院や薬局などを見つけ、自分の身体を見つめなおす手段の一つとして、うまく活用していきましょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク