妊活の期間って平均どれくらい?20代や30代で変わってくる?

「そろそろ子どもが欲しい」というときに、妊活に平均どれくらいの期間がかかるのか、気になる女性もいるのではないでしょうか。

妊活はどのくらいの時間がかかるの?
いつから妊活を始めたらいいの?
年齢によって妊活期間は変わるの?
妊活で自然妊娠はできる?

など、さまざまな不安や悩みを持っている方もいます。

そこで今回は、妊活の平均期間と年齢による妊活期間が変化、不妊治療に移行する期間について触れていきます。

ただ、妊活のペースは人それぞれであり、他人と比べることでストレスを感じることこそ妊娠確率を下げてしまうことがあるため、焦りは禁物です。

妊活期間の平均と妊娠率の違い


妊活期間の平均は、何ヶ月なのか気になる方もいるでしょう。
20代と30代で妊娠率に違いはあるのでしょうか。

ここでは、妊活期間の平均と妊娠率の違いを見ていきたいと思います。

妊活期間平均

妊活期間が平均どのくらいかかっているのか、下のグラフで見ていきましょう。

妊活中・妊娠中・育児中の女性を対象として実施した、妊活期間に関するアンケート調査の回答結果をグラフにしたものです。

妊活期間

3ヶ月以内:28.8%
4ヶ月以上~6ヶ月以内:25.8%
7ヶ月以上~9ヶ月以内:10.1%
10ヶ月以上~12ヶ月以内:14.5%
1年以上~1年半以内:7.7%
1年半以上~2年以内:7.1%
2年以上:6.0%

妊活期間が半年以内が54.6%で全体の半数以上となっております。

1年以内が約80%で、この調査結果ではほとんどの人が1年以内で妊娠していることになります。

年齢や心と身体の状態など個人差がありますので目安と考えて、心配しすぎないようにしましょう。

20代と30代の妊娠率の違い

年齢別には妊娠率の違いはあるのでしょうか。
ここでは20代と30代の違いをみていきましょう。

日本産科婦人科学会によりますと、男性も女性も年齢とともに妊娠率が下がるとされています。

女性は30歳を超えると自然妊娠の可能性が少なくなります。
さらに35歳以降は、明らかに妊娠確率が下がるのです。

これは、年齢が上がることで子宮内膜症など合併症が多くなることや卵子の質が衰えてくることが影響しています。

男性の精子は35歳を超えるとじょじょに質が下がり、妊娠させる力が低下する原因になりえます。

妊活は心身の準備をしておこう


妊活を行う上で大切なことは、妊娠しやすい身体作りと心作りをすること、そして自分の排卵日を把握しておくことです。

妊活における身体の準備3つ

まずは妊娠しやすい身体の状態を作りましょう。

(1)適度な運動

適度な運動は子宮や卵巣の血流のupにつながり、妊娠しやすくなります。

ただし、激しい運動によって活性酸素が大量に発生すると、卵子の質が下がり妊娠しにくくなるため、軽い運動を心がけましょう。

(2)太りすぎと痩せすぎはNG

身長と体重から計算できるBMIが30以上の人は不妊率が上がってしまいます。

長い間、肥満気味の方はホルモンバランスが崩れやすいため、妊娠しにくくなります。

ただし、急激に痩せすぎると無排卵月経を引き起こす可能性があるため、短期間の急激な減量はせず、計画的に体重管理をしましょう。

バランスのよい食事で必要な栄養をとり、妊活によいとされる葉酸などをサプリで補うこともよいでしょう。



(3)不規則な生活習慣はNG

生活習慣が乱れると、生理不順や排卵障害になってしまう可能性があります。

夜勤の仕事がある方は妊活中だけでも、夜勤シフトから日勤シフトに変えてもらうなど規則正しい生活習慣ができるようにしましょう。

これらの準備は妊活中だけではなく、妊娠中も出産に向けて大切なことです。

妊活における精神面の準備2つ

次に、心の準備についてみていきましょう。

(1)ストレスを抱え込むことはNG。

妊活のプレッシャーからストレスを感じてしまう方も多くいます。

周りの人から妊娠報告などを受けると、自分は妊娠できるのかと心配になるかもしれません。

しかし自分は自分です。
ほかのママと比べる必要はないと考えて、穏やかな気持ちで妊活に臨みましょう。

ストレスがたまるとホルモンバランスが崩れ、妊娠しにくくなってしまう可能性があります。

できるだけストレスを発散するために、自分の好きなことをしたりゆっくり過ごす時間を作って気分転換することがコツです。

旅行に行く、趣味に没頭するなどの方法もいいかもしれません。

妊活中はストレスをためこみすぎないようにしましょう。

(2)妊活の悩みは夫婦で話し合う

妊活についての悩みは、親しい友人であってもなかなか打ち明けられなものです。

そんなときは、旦那さんやパートナーに相談し、悩みを聞いてもらうことも必要です。

苦しい妊活期間だからこそ夫婦やカップルで協力して乗り越えていきましょう。

妊活は排卵日の把握が大切!

妊活をおこなう上で把握したいことは、自分の排卵日です。

生理周期において妊娠の可能性が高いタイミングは、月に1回の排卵日が影響します。

卵子の寿命は24時間程度ですので、排卵から24時間以内に精子と出会わなければなりません。

精子の寿命は卵子よりも長いため、排卵予定日の数日前から子作りに励まれることをおすすめします。

排卵日付近で確実に子作りを実施するためには、自分の排卵日を知っている必要があります。

方法としてはいろいろありますが、基礎体温を測る方法があります。
基礎体温は1日に1回、朝起きたタイミングで測る必要があります。

これを毎日チェックし、3ヶ月程度データを集めれば、自分の排卵のタイミングがわかります。

また、今は排卵検査薬というものがありますので、活用して子作りの頻度の参考にするのもよいでしょう。


自然妊娠から不妊治療への移行期間


妊活をおこなう上でさまざまなことを心がけ、排卵日に合わせたタイミングで子作りをしても、なかなか結果が出ない場合もあります。

そろそろ病院で不妊治療の相談をしようと考える方もいるでしょう。
いつから不妊治療に移行すればよいのでしょうか。

そこで、妊活から自然妊娠に至らない場合の、不妊治療に移行する期間について解説していきます。

妊活から不妊治療への移行期間

WHO(世界保健機関)によると、不妊症の定義は「1年間」とされ、女性が35歳以上には「6ヶ月」を過ぎると不妊症の検査が認められる、とされています。

妊娠を計画してから半年、もしくは1年たっても妊娠しなければ、不妊治療をはじめることを考えるとよいでしょう。

不妊治療はどんなことをするの?費用は?


それでは不妊治療は、どのようなものがあるのでしょうか。

不妊治療のステップ

どのような治療にどれだけかかるのか、詳細をみていきましょう。

不妊治療は、不妊治療前の検査によりその方にあった原因と、効果が期待できる治療法を模索し、実施していきます。

段階に合わせたステップアップ治療がおこなわれます。

ステップアップ治療

  1. タイミング法
  2. 人工授精
  3. 排卵誘発法
  4. 体外授精
  5. 顕微授精

最初のタイミング法や早い段階で、妊娠できる場合もあります。

しかし顕微授精のステップまでおこなった場合は、1回の治療で40~60万円の治療費がかかります。

夫婦でよく話し合いながら、治療を進めていくとよいでしょう。

【妊活の基礎知識】何をするの?方法は?タイミングとかある?

「妊活」は、どのようなことをするのでしょうか。
妊活の基本を詳しく紹介しています。

不妊治療の方法

不妊治療は、産科や婦人科の医師がその人に合った方法を見つけてくれます。

治療のことで質問などがあれば、納得するまで聞いて理解することが大切です。

また、夫婦が治療についての理解をしたうえで、一緒に不妊治療をやっていくという意識を持つ必要があります。

不妊治療の種類をみていきましょう。

タイミング法
排卵の2日前ごろ、最も妊娠しやすいと言われている時期に性行を持つようにする方法
卵胞の大きさや尿中のホルモンを測定し、排卵日を推定します。

排卵誘発法
内服薬や注射で排卵を促す方法

人工受精
採取した精液から良好な精子を取り出して、最も妊娠しやすい時期に子宮内に注入する方法

体外受精
膣から卵子を取り出し、体外で精子と受精させ、数日後に、子宮内に受精卵を戻す方法

顕微授精
精子と卵子が自然に受精しない場合、あるいは精子の数が極端に少ない場合に、細い針で精子を卵子の中に入れる方法

不妊治療の費用

不妊治療の期間は平均2年程度といわれていますが、多額のお金が必要になる場合も多いようです。

平均でも140万円ほどかかりますし、2年以上の不妊治療を続けようと思うともっと多額のお金がかかります。

そんなときに困らないためにも、国や住んでいる地域の助成制度について調べておく必要があります。

 

不妊治療の種類 費用
タイミング法 1回数千円
排卵誘発法 1回1万5千円程度
人工受精 内服薬の場合は1ヶ月500円程度

注射であれば1回400円~2,000円

体外受精 1回20~50万円
顕微授精 1回40~60万円

妊活中の人・今から始める人へ


妊活の平均期間や20代・30代での妊娠率・不妊治療の移行期間についてみてきました。

妊活には個人差があり、年齢や身体の状態・心の状態によっても妊娠する可能性は変わってきます。

自分は自分だと思いながら、心身ともに健康な状態を保っていくことが大切です。

しかし、年齢的に焦りを感じている方は、不妊治療の移行期間を参考にして夫婦で相談した上で早めに不妊治療について病院で相談しましょう。

不妊治療は、基本的にどの治療も多額のお金がかかります。

事前に国や自治体の助成について調べておくとよいでしょう。

焦りによるストレスや身体の不調こそが妊娠力を下げるひとつの理由となるため、無理のないペースで妊活や不妊治療を進めていきましょう。

赤ちゃんを授かるには夫婦間での精神的な助けが必要ですので、自分ひとりではなくふたり一緒に妊活を進めてください。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク