いよいよ出産。入院に必要な物リスト

いよいよ出産・・・入院の準備はしましたか?

入院

妊娠後期に入り、いよいよ出産が間近になってきたママ。いつお産が始まってもいいように、入院セットの準備は済ませていますか?初めての出産で何を準備したらいいのか分からないというママさんも多くいらっしゃるかと思います。どのようなものが必要なのかまとめてみましたので、これを元に入院セットを準備してみてくださいね♪

いつまでに準備したらいいの?

入院セットは遅くても臨月に入る前の35週目までに準備しておきましょう。もしも、早く生まれる可能性があると病院から指摘を受けている場合は、いつでも持って出かけられるように入院グッズは早いうちにまとめておきましょう。

入院に必要な物リスト

急に陣痛くると、パニックになってしまい、急いで病院へと向かってしまいます。最悪・・・保険証さえ持っていけば分娩に臨めるのですが、その場合パパが必要なものを準備して届けなくてはいけません。どちらもパタパタと慌てないために、前もって準備が出来るものは旅行バッグなどにつめて準備しておきましょう!

入院に必要な物リスト印刷※PCのみ印刷可

入院に必要な物リスト

絶対に忘れてはいけないもの

  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 母子手帳
  • 病院の診察券

入院・退院に必要な衣服類

前開きのロングパジャマ

前開きタイプのロングパジャマを持っていくと便利です。人によっては、ズボンを脱ぎ着する事がツライという方もいらっしゃいますので、ズボンの脱ぎ着の手間が省けるロングパジャマがオススメです。長ズボンを数枚持っていき、寒いときには下から履くなどの工夫をしましょう!

カーディガン

脱ぎ着しやすい羽織物を一着でも持っていると便利です。

下着や授乳用のブラジャー

入院前までにブラジャーは授乳用を準備しておきましょう。ブラジャーの種類についてはこちら授乳服の種類と授乳のやり方についてはこちら

厚手の靴下

病室が冷える場合に役立ちます。

腹帯

産後の子宮収縮を促すために使います。2~3枚持っていくと便利です。

生理用ナプキン(夜用サイズ)

産後は悪露が出るので、生理用ナプキンを使用します。病院側から支給されることがありますが、デリケートゾーンが被れやすいなど、愛用の生理用ナプキンがある方は持参していくようにしましょう。出産時に膣壁が傷ついているのでタンポンの使用は不可です。準備するのであれば必ずナプキンを準備しましょう!妊娠中の頻尿、夜中の尿漏れ対策についてはこちら妊娠中の尿漏れについてはこちら

産褥ショーツ

気持ち多めに準備しておくと安心です。

母乳パッド

意外に足りなかったという声を聞くのが母乳パッドです。こちらも気持ち多めに持っていくようにしましょう。

ガーゼハンカチ

赤ちゃんが母乳を吐き出した際などに良く使います。洗ってもすぐに乾くのでとても便利です。

タオル

大きめのバスタオルを2~3枚と、フェイスタオルを3枚程度持っていくといいでしょう。

ヘアブラシやヘアゴム

退院時に着て帰る服と靴

陣痛が始まり、急いで病院に駆け込む際に忘れがちなのが、退院時に履く靴です。服はしっかりと入院グッズにしまっていても、それに合わせた靴を忘れてしまい、足元だけがラフになってしまう事があります。服に合わせた靴がある場合は、靴もしっかりと入院バッグにしまっておくようにしましょう。

退院時のベビー服

退院時に着せるベビードレスやおくるみ、靴下なども準備しておきましょう。

赤ちゃん用の肌着

赤ちゃん用のおむつ

病院にいる間は、病院がおむつを支給してくれるという病院が多いのですが、稀に自分で準備しなければならない産院があります。前もって確認しておき、必要な場合は新生児用の紙おむつを準備しておきましょう。

その他必要なもの

歯ブラシ、歯磨き粉、洗顔料

お風呂グッズ

シャンプー、コンディショナー、ボディソープなど、旅行サイズの物を準備しておくと便利です。

化粧品

入院中に家族、親戚、友人、沢山の方が出産祝いに駆けつける為、スッピンはちょっと・・・という方は化粧品を忘れずに。

小銭を準備しておく

販売機に飲み物や産後必要なものを買いにいく際に小銭を多く使います。出産前から、小銭をとっておき、入院中に役立てるようにしましょう!

筆記用具

メモとペンを持っていきましょう。後々アルバムを作る際に残しておきたいことがある場合にすぐメモが取れるので便利です。また、産院にいる間しか細かく助産師さんの話を聞く機会がありません。気になったことや分からない事は質問し、メモにとっておきましょう。

携帯電話やカメラの充電器

スマートフォンの充電器であれば忘れても貸してくれる病産院もありますが、頻繁に使うものなので忘れずに。

デジカメやビデオカメラ

出産後は赤ちゃんの写真を沢山撮りたくなります。カメラは忘れずに持っていきましょう!出産シーンをビデオカメラにおさめる予定の方は忘れずに持っていきましょう。

病院へ支払うお金

チャイルドシート

車で帰るという方は、退院日までにチャイルドシートを準備していなければなりません。前もって購入しておきましょう。

あると便利なもの

ティッシュペーパーやウエットティッシュ

病院にティッシュなどは準備されている事がありますが、場所によってはティッシュがないという病院もあるそうです。ティッシュのほかに、ウエットティッシュも持っていると便利です。

ハンガーや洗濯ばさみ

軽く洗ったものなどを干す際に便利です。ハンガーを数本と、洗濯ばさみを少し持っていきましょう。

部屋用の消臭・芳香スプレー

来客が帰った後に部屋の匂いが気になる事があります。持っていると気分転換にもなりますのでオススメです。共同のお部屋の場合は、周りの事も考えて使用しましょう。

ちょっとしたお菓子類

小腹が空いたり、口寂しくなったときに食べるものを準備しておくといいでしょう。

ストロー

分娩時に起き上がって飲み物を飲む余裕がありません。ストローがあるととても便利です。オススメはキャップ付きのペットボトルストロー。キャップ付きのペットボトルストローについては「陣痛中は暑い・口呼吸でのどが渇く!」の記事で紹介しています。陣痛中は暑い・口呼吸でのどが渇く!

ラップ(小)

お見舞いの方が食べ物を持ってきてくれる事が多くあります。食べ残しを後で食べたいという場合に、食品用のラップを持っているととても重宝します。

マイお箸、スプーン、フォーク、コップ

小腹がすいたときや、頂き物の食品を食べるさいに重宝します。

スリッパ

裏に滑り止めがついたスリッパを準備しておきましょう。

暇がつぶせるもの

ノートパソコンやゲーム機、本や雑誌などを持っていくといいでしょう。入院になってしまった…入院期間をどうやって乗り切る?

テニスボールやのし棒

背中などが痛くなった時や、陣痛の際のいきみ逃しに使えるものを持っていくといいでしょう。陣痛をやわらげるアイテムを準備しておこう!

使い捨ての食器

紙コップや紙皿があると、お客さんに飲み物を出してあげることができるので便利です。

アイマスク、耳栓

共同のお部屋の場合、周りの音が気になって眠れないこともあります。アイマスクと耳栓を持っていくといいでしょう。

いつお産が始まるか分からないので「明日でいっか~」などと、後回しにしてしまうと慌ててしまう事があります。「いつでもお産に迎えます!」くらいの万全な状態でいる事で、陣痛がきてもパニックを起こさずにすみますよ♪筆者が、この中で一番重宝したのがロングパジャマです。ズボンの着脱が辛いほどの腰痛と後陣痛があったため、とても便利でした。寒い時には下からズボンを履くと足が冷えるのを防ぐことが出来ます。また、前開きタイプというのがポイントです。ボタンをはずせばそのまま授乳も出来ますので、とても便利でした。上記以外にも個人的に持っていきたい物がないかを確認してみてくださいね♪

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?