【小児歯科医が教える】乳歯の神経を治療すると永久歯はどうなるの?

乳歯のむし歯が大きくなると、「神経の治療が必要です。」と言われることがあります。

「乳歯の神経の治療をしたら、生え変わりの永久歯はどうなるんだろう」と心配になるママが多いようです。

今回は、乳歯の神経における治療と永久歯についてのお話しします。

乳歯の神経と永久歯の神経はつながっているの?

乳歯の神経と永久歯の神経は独立しています。

そのため乳歯の神経の治療が必要になっても、基本的に乳歯の神経の治療をしたことで永久歯の神経までなくなってしまったり、弱くなってしまったりすることはありません。

乳歯が大きな虫歯になってしまっても、適切な時期にしっかり神経の治療をすれば、通常の乳歯と同じように元気な永久歯にはえかわります。

ただし、乳歯の下には発育途中の永久歯がうまっていますので、乳歯の神経の治療には注意しなくてはならないことがいくつかあります。

スポンサーリンク

乳歯の神経を「治療してはいけないとき」


ママやパパ自身も「むし歯が大きいので神経の治療が必要です」と、言われたことがある方も多いでしょう。

「むし歯が大きくなってしまったら神経の治療をする」というのは、大人の永久歯ではあたりまえのことですが、乳歯の場合、いつでも神経の治療ができるわけではありません。

2~3歳で乳歯の奥歯が生えたばかりの頃は、まだ根や神経が未熟なため、神経の治療が難しい時期です。

乳歯の奥歯は、通常なら小学校高学年ではえかわります。

しかし3歳以下で乳歯が奥歯の神経を治療しなければならないほど大きな虫歯になってしまった場合、通常のはえかわりの時期まで乳歯を残しておけないことも多くあります。

また、永久歯へのはえかわりの時期が近づいてくると、乳歯の根はだんだん短くなっていきます。

乳歯の根が半分以上短くなっている場合、神経を治療できません

乳歯の神経を治療することで、発育途中の永久歯にかえって悪影響を与えてしまう可能性があるからです。

まだはえかわりが近い時期ではなくても、乳歯のむし歯が原因で、乳歯の根や、根の先にうまっている永久歯のまわりの骨が溶けてしまうことがあります。

このような場合も、乳歯の神経を治療できません。

むし歯が大きいのに神経の治療ができないと判断される場合には、永久歯に悪影響が出ないように、早めに抜歯したほうがよいときもあります。

乳歯の神経の治療をしてもよい時期かどうか、抜歯したほうがよいかどうかは、レントゲンで根の状態を確認して決めます。

乳歯の神経の治療をしたら必ず定期検診をうけましょう

神経の治療をした乳歯は、その後定期的に検診をうけることがとても大切です。

乳歯の根は永久歯と交換する時期が近くなると、だんだん溶けて短くなっていきます。

神経の治療をした乳歯は、通常のはえかわりの時期よりも早く根が溶けてしまうことがあります。

乳歯の根が溶けてしまったり、神経の治療に使った薬の効果がなくなると、根の先にうみがたまって歯肉がはれてしまう場合もあります。

何度も歯肉がはれてしまうような乳歯は、永久歯への悪影響が出ないように、早めに抜歯したほうがよいこともあります。

乳歯の歯肉がはれてしまった場合の永久歯への影響については、こちらをお読みください。

逆に、神経の治療をした乳歯は、はえかわりの時期になっても根がなかなか溶けず、乳歯が自然に抜けなくなってしまうケースもみられます。

乳歯がいつまでも抜けないと、永久歯の位置がずれてしまったり生えてこられなくなってしまうことがあります。

乳歯の神経の治療をしてもらったら、その後永久歯に生え変わるまで、必ず定期検診をうけましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー