ほとんどの妊婦が経験、前駆陣痛ってなに?

ほとんどの妊婦が経験、前駆陣痛ってなに?

前駆陣痛

「これって、陣痛…?」と思うような痛みに襲われても、実はまだ本当の陣痛ではなかったという経験をした妊婦さん、多いのではないでしょうか。出産を控えた妊婦さんが「陣痛がきた!」と思って産院へ駈け込んでも、実は本陣痛ではなく「前駆陣痛(ぜんくじんつう)」だったということがよくあります。人によっては、本当の陣痛かどうか間違えてしまうくらい強い痛みに襲われることもある前駆陣痛。赤ちゃんが産まれるのはもう少し先なのに、どうしてこのような痛みに襲われてしまうのでしょうか?

まるで生理痛、前駆陣痛が起こる原因って?

出産に関わる本陣痛を分娩陣痛といい、さらに産まれたあとは後陣痛、分娩陣痛の前に起こるものを妊娠陣痛という種類に分けることができます。妊娠陣痛の中でも特に分娩の前兆であるとされているのが「前駆陣痛」です。この前駆陣痛は子宮頚管が軟らかくなってきている事で起こります。

子宮頚管は子宮の出口と言える部分で、妊娠中はきゅっと閉まっていて赤ちゃんが出ないようになっています。それが、出産が近づくことで子宮頚管を軟らかくするホルモンが分泌されて子宮頚管は軟らかく、そして短くなっていきます。そうすると、大きく成長した赤ちゃんはどんどん下がってきて骨盤にすっぽりとはまり、産道を圧迫して生理痛のような痛みがあったり、恥骨を圧迫して痛みが生まれます。

これが、前駆陣痛です。

ふとしたときに「痛いかも…?」と感じることもあれば、人によっては本当の陣痛のように規則的に痛みに襲われることもあります。ただ、その状態がずっと続くわけではなく、気が付いたら痛みがなくなっていた…ということで本当の陣痛ではなかったんだ!と気づくようです。陣痛についてはこちら

前駆陣痛があると出産はもうすぐ!

出産が近づくと、以下のようなさまざまな変化があらわれます。

  • 胃を圧迫していた赤ちゃんが下に下がり胃のムカつきがなくなってスッキリする
  • 恥骨が痛む
  • トイレが近くなる

前駆陣痛もこのような変化のひとつで、そろそろ出産なんだなという心構えをしておくと良いでしょう。また、前駆陣痛と本陣痛の区別がつかない…という方も少なくありません。

「こんな程度じゃないだろう」と判断して、実は分娩陣痛だった!ということもあるので、間違えでも良いので自分で判断がつかないときには迷わず産院へ向かいましょう。特に、前駆陣痛とともに「おしるし」があったり、おりものの量が急に増えたりというときにはお産が近い証拠です。お産の兆候についてはこちら

入院セットをしっかりとチェックして、慌てることなく産院へ向かうことができたら良いですね。

我慢しすぎも「注意!」な前駆陣痛

前駆陣痛ですが、筆者の場合はとにかく痛かったものです(泣)ビキビキッと電流が走るような恥骨痛に動けなくなることはしばしば。。そしてまるで生理のときのような痛みがジンジンと襲ってきました。そして、その時間を計ると8~20分ごとなど間隔はバラバラなのですが1時間に何度も何度も襲ってくるため、陣痛が始まったのでは?とドキドキしました。結果的に、夜そのまま眠ってしまい何事もなく朝を迎えた…など、結局陣痛ではなかったのですが。

産院の先生いわく、特に初産の方は本陣痛を前駆陣痛だと思い込んでなかなか受診しないということが多いそうです。そのため、出産が間に合わず救急車の中・車の中・自宅で…ということもあるんだとか。すごく痛くても子宮口がまだまだ開いていなくて自宅に帰されるということもあるので、我慢してなかなか産院に行かないという方も多いそうなのですが、「あれっ?」と思ったら迷わず受診することをオススメします。

特に恥骨痛がひどいという場合には、赤ちゃんがどんどん下がって骨盤にすっぽりはまってきている証拠。子宮頚管が軟らかくなって、赤ちゃんがそろそろ出てこようとしているんですね。「これが陣痛なの?」と毎回ハラハラドキドキしてしまうかと思いますが、出産はもうすぐです!頑張ってくださいね!

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?