前駆陣痛の症状とは?時期前駆陣痛の症状とは?時期はいつから?痛みや本陣痛との違いなど

出産は女性にとって人生でもっとも感動と苦痛を味わう一大イベントです。
人生で味わったことのない程の痛みだとよく耳にしますが、どれだけ覚悟をしても不安が残るものです。
特に初産の方はいきなり本番を迎えることになるため、不安を覚える方が多いようです。

今回は、いよいよ出産予定日を間近に控えた妊婦が焦らなくて済むよう、「前駆陣痛」の症状や時期、本陣痛との違いなどを説明します。

前駆陣痛ってなに?

前駆陣痛(ぜんくじんつう)という言葉を耳にしたことはあっても「よく分からない」という方は多いのではないでしょうか。

前駆陣痛とは、出産前に起こる子宮収縮のことを指し、お腹や腰に生理痛のような鈍い痛みをともないますが、痛みの間隔や強さもその時々でバラバラで、規則的ではありません。
前駆陣痛は、別名で「偽陣痛」とも呼ばれ文字通り、本陣痛とは違い、子宮口もまだ開いていない状態で分娩には発展しません。

前駆陣痛は本陣痛の予行練習のようなもので、出産を迎えるまでに必要なプロセスのひとつです。

しかし、前駆陣痛は必ずすべてのママに起こるものでもなく、症状や痛みの感じ方にもかなり個人差があります。
前駆陣痛が感じられないまま出産を迎えるケースも良くあるので、前駆陣痛がないからといって不安になる必要はありません。

前駆陣痛が起きていることが分かれば、これを合図に入院準備、緊急連絡先の確認などと一緒に出産への心構えを始めましょう。
前駆陣痛は次第に治まりますし、普通に生活できる程度の痛みなので冷静に様子を見ながら過ごしましょう。

なぜ前駆陣痛は起こるのか

痛みは少ないに越したことはないですが、なぜ前駆陣痛が起こるのでしょうか。
まず、前駆陣痛には本陣痛が始まる前に子宮を収縮させることによって、赤ちゃんの通り道である子宮下部や子宮頸管を柔らかくする目的があります。
また、産道を柔らかくするためにさまざまな種類のホルモンが分泌されます。

前駆陣痛が起こるのは、子宮の中で大きくなった赤ちゃんが徐々に下がってくることにより、子宮が刺激され収縮を始めるためです。

このように、いよいよお産の時が近づいてくると体全体がお産をスムーズに行うためにウォーミングアップを始めます。
これが前駆陣痛の起こる原因です。

前駆陣痛が来たら出産間近?

前駆陣痛は、妊娠36~40週頃の臨月に入ってからおこる方が多いようです。
痛み方や症状に個人差があるように、前駆陣痛が始まる時期も人によっては、臨月前から前駆陣痛を感じる人がいれば、本陣痛が来る前日に感じる方もいます。

いずれにしても、もうすぐ赤ちゃんに会えるという出産間近のサインですが、前駆陣痛が起こってから出産までの時間は個人差がある点は知っておきたいポイントです。

前駆陣痛の症状は

前駆陣痛の症状を具体的にみていきましょう。

前駆陣痛はどんな痛みなの?

前駆陣痛は本陣痛ほど痛いわけではありませんが、どんな痛みや症状が現れるのか不安な方が多いようです。

前駆陣痛自体を感じない人もいるように、痛みの種類にも個人差があります。
一概にはいえませんが、お腹が痛くなる場合もあれば腰にくるケースもあります。

先輩ママの体験談では、「赤ちゃんがお腹の下を蹴っているような痛み」「腰痛のような痛み」「鈍い生理痛のような痛み」「お腹を下したときのようなゴロゴロ、シクシクした痛み」など感じ方はさまざまのようです。

どんな症状が現れるのか

では、実際にどのような症状が現れるのか、以下に挙げてみました。

  • 下腹部が硬くなり、張りやすい
  • 痛みの間隔が不規則
  • 痛みの強弱にばらつきがある
  • 徐々に痛みが引いていく
  • 重い生理痛のような鈍痛がある
  • 腰が痛くなる
  • 胃や腸が締め付けられる
  • 下痢や便秘になる

赤ちゃんが大きくなるにつれ子宮も大きくなって、胃や腸が圧迫されます。
それによって、胃がムカついたり、便秘になる人もいます。
また逆に、出産に備えるために分泌されるホルモンの変化によって腸が活性化し、下痢気味になるパターンもあります。

症状には個人差があるので、判断が難しい場合もあるかもしれませんが、少しの変化に気づけるよう、臨月に入ってからの体の変化については気にかけておきましょう。

本陣痛との違いはどこで判断したらいいの?

前駆陣痛と本陣痛の決定的な違いは、痛みが起こる間隔が不規則なのか、規則的なのかという点です。

前駆陣痛の間隔は不規則で、痛みを感じる長さも短かったり、長かったりします。
少し安静にしていれば、痛みが消えて行ったり、忘れたころにまた痛くなったりと、予測ができません。
本陣痛のように等間隔で痛みが現れたり、間隔が徐々に短くなることもありません。

痛みも本陣痛に比べれば弱く、立っていられない程の激しい痛みをともないませんし、どんどん痛みが増すということもありません。

臨月に入ってからお腹に痛みを感じたら、まずは間隔を測ってみるといいでしょう。
最近では、陣痛の間隔を測るアプリもありますので、活用してみてくださいね。

初産婦と経産婦では前駆陣痛に違いがある?

初産婦の場合はすべてが初めてのことなので、前駆陣痛には気づきにくい傾向にありますが、基本的に、痛み方や症状に大きな差はありません。

ただ、経産婦の場合は前駆陣痛から出産までにかかる時間が早くなるケースが多いので、ひとり目の時よりも出産のサインには気を付けておくとよいでしょう。

病院に連絡するタイミングは、自宅から病院までの距離や出産経験の有無、病院の方針によって多少違ってきますが、初産婦の場合、痛みの間隔が10~15分になったら連絡をしましょう。
経産婦の場合は15分を切る前には連絡した方が安心です。

こんな場合には要注意

もしも、下記のようなことがあればすみやかに医療機関を受診しましょう。

破水があった場合

前駆陣痛が起こるとともに、破水してしまう場合もあります。
破水かなと思ったら以下を確認してみてください。

  • トイレなどで座っているときにダラダラと流れてくる水があり自力で止められない
  • アンモニア臭がしない
  • 色が透明か薄いピンク色をしている

破水をしている状態というのは、おなかの中の赤ちゃんと外が繋がっている状態です。
つまり、体外の細菌やウィルスが赤ちゃんに感染してしまう危険性があるということです。

破水してしまった場合は、空気中の細菌を極力体内に入れないよう、股にバスタオルを挟むなどして、病院に破水している旨を伝え、指示に従うようにしましょう。

出血がある場合

出血があるケースは「おしるし」と「おしるしでない出血」があります。
それぞれ、どのようなものかみてみましょう。

おしるしならもうすぐ赤ちゃんに会えるサイン

おしるしは、血液の混じったおりもののことです。
おしるしも前駆陣痛と同様に、赤ちゃんに出会える時が近づいている合図です。

基本的に「前駆陣痛→おしるし→本陣痛→破水→出産」という順番で進んでいくことが多いですが、おしるしは前駆陣痛とは違い、出産の10日ほど前から出産直前に起こります。

前駆陣痛をまったく感じることなく、おしるしがあり本陣痛が起こるというケースもよくあります。

おしるしが見られた場合には、出産がかなり近いことを指しますので、いつでも病院に向かえるよう交通機関の確認や入院準備をしておきましょう。

おしるし以外の出血の可能性には要注意

臨月に入って出血があった場合、ティッシュに少量つく程度の出血であればおしるしの可能性が高いですが、明らかに生理の時やそれ以上の出血がある場合には、胎内に異常がある危険性があります。

または子宮口が開いて来ている可能性があるため、焦らず、まずは病院に連絡をするようにしましょう。

胎動を感じない場合

当然ですが、おなかの中の赤ちゃんは生まれる直前まで元気に動き回っています。
もしも突然、胎動が感じられなくなった場合は赤ちゃんに何か異常がある可能性があります。
臨月だからといって油断できないのが妊娠です。

おなかの動きを意識しながら過ごしてみて、丸1日赤ちゃんが動かない状況が続いた場合には、病院で検査してもらいましょう。

微弱陣痛の可能性がある場合

人によっては、前駆陣痛から微弱陣痛になってしまう場合があります。
前駆陣痛からそのまま微弱陣痛へと移行してしまった場合には、痛みの程度があまり変わらないことから妊婦本人も微弱陣痛になってしまっていることに気がつきにくいかもしれません。

前駆陣痛と微弱陣痛の大きな違いは、やはり痛みが起こる間隔です。
前駆陣痛の間隔にばらつきがあるのに対し、微弱陣痛は本陣痛のように規則的な間隔で陣痛が起こるのが特徴です。
この小さな変化に気がつけるように、間隔は常に測っておくことが望ましいです。

微弱陣痛が起こる原因は妊婦側にある場合と、赤ちゃん側にある場合とがありますが、長引くと母子ともに命に関わる事態になりかねません。
この場合、陣痛誘発剤や緊急帝王切開などの処置を行うことが一般的です。

痛みや張りが治まらない場合

陣痛の痛みというのは、前駆陣痛であれ本陣痛であれ、痛みがずっと続くわけでなく、一時は治まるものです。
しかし、痛みがずっと続いたり、お腹が継続してかたく張っているようであれば、母体と胎児の間で何か問題が起きている可能性があります。

特に、「胎盤剥離」という赤ちゃんがでてくるよりも前に、胎盤がはがれおちてしまう大変危険な状態になるケースがあるため、すぐに医療機関を受診しましょう。

臨月じゃないのに前駆陣痛を感じる場合

早い方だと臨月にはいる前の段階で、前駆陣痛や本陣痛が来てしまう場合もあります。
いつも通りおなかが張っているだけかなと思っていたらそれが規則的な間隔できていたり、痛みが強さを増すこともあります。

切迫早産と診断されたことのある妊婦は、少し注意しておいた方がいいかもしれません。
少しでも心配だと思えば、病院に連絡するに越したことはないでしょう。

赤ちゃんに会えるまであと少しのサイン!!

出産前に起こる兆候のひとつである「前駆陣痛」は、赤ちゃんに出会えるまであと少しというサインです。
臨月に入ったら、いつ産まれてもいいように出産準備はしっかりしておきましょう。

10ヶ月もの間、一緒に頑張ってきた赤ちゃんとママ、泣いても笑っても本当にあと少しです!
頑張りましょうね。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妊婦さんに必須の葉酸とは?なぜ必要?正しくとる方法

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!でもその理由は?どうやってとったらいいの?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

子どもの教育費や保険で悩んだときにどうすればいいのか、体験談を交えてご紹介します。