妊娠中の長風呂は大丈夫?

妊娠中の長風呂は大丈夫?

妊娠中の長風呂

妊娠すると以前より体が疲れやすくなったり、さまざまなマイナートラブルが出てきます。そんな時はゆっくりとお風呂に浸かって、体も気持ちもリフレッシュしたくなるものです。

しかし、妊娠すると気になるのはおなかの中の赤ちゃんのこと。「長くお風呂に入って赤ちゃんに影響はないのかしら?」と心配になりますよね。妊婦さんがお風呂に入る際、気をつけるポイントはどのような点なのでしょうか?

妊娠中の長風呂の注意点を知っておこう!

妊娠するとママの体は、ホルモンのバランスや子宮が大きくなる事など、めまぐるしいほどの変化があらわれます。大きな変化があらわれる子宮ですが、子宮は熱の影響をうけやすい器官だといわれています。そのため、長い時間お風呂に入っていると、温められて血流が増えすぎてしまい、子宮収縮が激しくなってしまう事があるんです。

上記の事を踏まえて、妊娠中に浴槽に浸かる場合は以下の事に気をつけるようにしましょう!

入浴時間に気をつけましょう

お湯につかる時間は10分程度にしましょう。あまり長くお湯につかると体に負担がかかってしまいます。また、長時間お風呂に入ると、お湯から出たあと血圧の変化の影響で倒れてしまう可能性があります。肩までお湯につかるのではなく、おなかの辺り(半身欲程度)にしておきましょう。

温度に気をつけましょう

羊水の温度は37~38℃だといわれています。熱すぎるお湯もいけませんし、冷たすぎるのもいけません。37℃ぐらいのぬるま湯がいいでしょう。

体調の変化を見逃さない

入浴中に急に体調が悪くなってしまうこともあります。出産間近のママはいつ破水や陣痛が起きるか分かりません。そのため、入浴する際は、できるだけご家族がいる時間帯を選びましょう。ご家族がいない場合は、近くに携帯電話を置いておき、いつでも助けを呼べるような状態にしておきましょう。

浴室で転倒しないように気をつけましょう

浴室は濡れていたりシャンプーの泡が残っていたり、とても滑りやすい状態です。また、妊娠中は大きくなったおなかで足もとが見えなくなります。貧血でたちくらみを起こしてしまうこともあります。その場合は慌てず、座って治まるのを待ちましょう。治まったら、お風呂から出て水分補給をしたり横になって様子をみましょう。

妊娠時期別の入浴時の注意点を知っておこう!

妊娠時期別で入浴時に気をつけなければいけない点があります。以下の点に注意しましょう!

妊娠初期
妊娠初期に熱いお湯につかると流産の確率が高まると言われています。子宮は熱の影響を受けやすいので、入浴温度には十分注意し、入浴時間の目安は10分以下にしましょう。
妊娠中期
だんだんとお腹が目立ちはじめる時期です。この時期はお風呂でバランスを崩して転倒してしまうママが多くいらっしゃいます。脱衣所やお風呂の床は水で濡れていないか十分に注意して移動しましょう。この時期も熱いお湯は避けましょう。
妊娠後期
大きくなったおなかで、足もとが見えなくなる時期は、特に足もとに注意する必要があります。床には必要の無い物は置かないようにしましょう。お風呂での転倒を防ぐために、日ごろから湯船や床はよく洗っておきましょう。腰痛が酷い・おなかが張りやすい・おなかが大きくて掃除が大変というママは、パパやご家族にお掃除をお願いしましょう。

お風呂は心身ともにリラックスできていいですよね。そんなリラックスタイムに、転倒などトラブルが起こってしまっては元も子もありません。妊娠中はおなかの赤ちゃんのとママの体調面を第一に考えて、お湯の温度、入浴時間、転倒に注意するなど、気をつけながらバスタイムを楽しみましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。