張り止め点滴をストップ!「張り返し」ってなに?

妊娠中、なんだかよくおなかが張るな~…と思って産院へ行ってみると「即入院!」と言われたことがある方、いらっしゃるのではないでしょうか。妊娠22週以降・37週未満で、軽い陣痛がきてしまっていたり、子宮頚管が短くなってしまっているときには「切迫早産」と診断されます。子宮頚管の長さやおなかの張りの強さなどによって、どのような対処がされるかどうかは変わってきます。もっとも多いのは、張り止め薬(子宮収縮抑制薬)を処方されるというもの。1日3回内服薬を服用するか、張りの強いときに飲むか…というパターンです。

しかし、子宮頚管がよほど短かったり、妊娠中期などまだまだ赤ちゃんが外に出てきてはいけない!というときに管理入院という対策をとることがあります。つまり、赤ちゃんが出てきてしまうかも・出てくると危ないということですから、産院で入院をすすめられたら、できるだけ入院するようにしましょう。

さて、そんな赤ちゃんをおなかにとどめておくための入院ですが、入院中はおもに点滴で張り止め薬を投与していきます。この薬のおかげでおなかの張り、つまり陣痛がストップしているということは、薬の投与をやめてしまったときには陣痛が起こってしまうかもしれないということです。これが「張り返し」です。

おなかの張りってどうやって止めるの?

入院してから点滴をすると、それは陣痛をストップさせているためずっとその状態となってしまいます。つまり、四六時中点滴とともに生活をするということです。とは言っても、あちこち歩き回って良いわけではありませんので、基本的にはベッドの上で横になっています。歩いたり座ることで赤ちゃんが下がってきてしまい、よりおなかが張りやすくなってしまうということが考えられるからです。トイレに行くとき、また産院内でシャワーを浴びるとき以外は基本的にベッドにいるようになります。この状態で点滴をするのですが、おもに「ウテメリン(塩酸リトドリン)」や「マグセント(硫酸マグネシウム水和物)」といった種類の張り止め薬が投与されます。

また、あわせて子宮頚管の熟化(頸管がやわらかくなると陣痛が来やすくなる)を防ぐためのウリナスタチンという薬なども投与されることがあります。(ウリナスタチンは保険適用がありません※2016年1月調べ)これらの張り止め薬というのは、多くの方が副作用を経験しています。張り止めの副作用についてはこちらをご覧ください

また、人によっては薬に対するアレルギー反応が出てしまったり、ずっと点滴をさしっぱなしにしていることでかぶれたりというトラブルが起こることも。特にアレルギー反応があるという方は、点滴でも内服薬でも反応が起こるのは同じことなので投与することができません。薬の種類を変えるか、じっと安静にしているという対策がとられます。

張り止めはどうやって止めていくの?

そして、張り止め薬を投与されているお母さんがもっとも心配なのは、張り返しではないでしょうか。赤ちゃんがどれくらい育っているか、また病院や医師の方針によっても違うのですが、張り止め薬を投与している場合には2通りの方法でストップさせていきます。

張り返し

切迫早産で入院している人でもまったく状況が違いますし、薬の効きやすさなども人によって違います。たとえば、同じ週数でも赤ちゃんの体重が数百グラム違っているということはよくありますし、そうなるとやはり大きく問題なく育っている赤ちゃんなら張り止め薬をストップさせやすいですよね。また、先ほども言いましたがアレルギーがあったり点滴痕がかなりかぶれたり、内出血がひどい場合などは点滴をできるだけ早くストップさせたいですよね。このように、赤ちゃんの育ち具合と医師の判断に任せられることが多いのです。

そして、重要な張り返しですが、徐々に点滴量を減らしていっても、一気にストップさせても、陣痛がくる人・そうでない人というのはわからないものです。強い張りがやってきてそのまま陣痛につながってしまった!ということも多いのですが、逆に点滴を抜いたあとも特に張りがなく、そのまま予定日間近まで何事もなかった…ということも多いものです。ですから、そのまま陣痛がくる・こない…ということは、やはり一概には言えないのです。徐々に点滴量を減らしていくという場合でも、一気に張りが起こって陣痛につながるということもあります。

万が一陣痛につながったらどうなるの!?

お母さん方の不安というのは、やはり「赤ちゃんが出てきても大丈夫なの?」ということだと思います。特に36週より前の方は、不安が大きいものでしょう。

しかし、やはり医師も点滴を少なくする・ストップさせることで張り返しが起こるということは想定しています。もちろんそのまま陣痛・出産となる方もいらっしゃったと思いますし、逆にまだ出産につながらないだろうと予測することもある程度はできるのではないでしょうか。どちらにしても、張り止め薬をストップすると医師が判断したということは、産まれてきても大丈夫かこれ以上続ける事のリスクが大きいなどとなります。

意外にも、張り止めの点滴をストップしてそのまま陣痛につながった…という方は多くはありません。退院時に「すぐに産院に戻ってくるかもね」なんて言われて、そのまま予定日を過ぎてしまった…という方もいらっしゃいます。こればかりは誰にもわからないものですが、医師が点滴を外してもOKという場合には、色々な理由があると思いますので、しっかりと医師の説明を聞き、ネットにある情報にまどわされないようにしましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。