妊娠中にヘアカラーやパーマをしても大丈夫?

妊娠中の美容室に関しての疑問

女性として妊娠中に一番気になる事といったら、ヘアカラーやパーマに関する事ではないでしょうか。やっぱり女性として根元がプリンになっていたり、パーマが落ちかけてみっともなかったりすると気になってしょうがないですよね。妊娠期間中は、どのような事に気をつけていけばいいのか考えてみましょう。

妊娠中のカットは大丈夫?

カットに関しては何も問題ありません。ですが、美容室だと染料やパーマ液などの匂いがありますので、つわりの時期に行くと少しツライ思いをするかもしれないですね。長い時間同じ体勢で座っている事も浮腫みや腰痛を招いてしまうので、はじめに美容師さんに妊娠している事を伝えておきましょう。体調や座り姿勢に気を配ってくれるでしょう。

また、妊娠中~産後は赤ちゃんのお世話などで忙しくなり、髪の毛のお手入れが面倒になってしまったり、髪の毛が長いと邪魔になってしまったりします。妊娠中にいつもより少し短めに切っておくことで、産後髪の毛のお手入れが楽になります。思い切ってボブくらいの長さに挑戦してみてはいかがでしょうか。

妊娠中のヘアカラーやパーマは大丈夫?

妊娠中にヘアカラーやパーマをすると、毛穴から薬剤が染み込み、血液に混ざりこんだ薬剤が赤ちゃんへ伝わり、赤ちゃんに何らかの影響を与える可能性があると考えている方も多いようです。ですが、染料やパーマ液が毛穴を通って赤ちゃんへ届く・・・なんて事は医学的に今のところ根拠が無いそうです。

なぜ、妊娠中にパーマやヘアカラーに注意するように呼びかけられているかというと、妊娠中はホルモンバランスの変化により皮膚が大変敏感になっています。染料やパーマ液の薬剤で頭皮がかぶれたり、つわりの時期に染料や薬剤の匂いで気持ちが悪くなってしまったりする事もあります。また、パーマやヘアカラーは拘束時間も長く、妊婦さんにとって座りっぱなしでいる事は腰痛や浮腫みに繋がるので、妊婦さんの体調面を気遣い、いろいろな面から見て注意を呼びかけているのです。どうしても心配だという方は、産後授乳期間を終えてからカラーリングやパーマの施術を受けるといいでしょう。

美容室に関するまとめ

  • 妊娠している事を必ず申告しましょう。
  • 肌が敏感になっているので、心配な方は極力皮膚に付かないように施術してもらいましょう。
  • シャンプーの際に仰向けに寝かされます。30週目以降だとお腹が大きく苦しくなるので30週目以降カットのみ受けるようにしましょう。
  • 長時間かかる施術の場合は、姿勢をこまめに変えてみましょう。
  • トイレは我慢せず行くようにしましょう。

「胎児に何かあったら・・・」と、母親として何にでも疑いの目をむけ、胎児の事を考えて行動する事は本当に素晴らしい事だと思います。ですが、いろいろな事を我慢してママ自身がストレスを溜めてしまうと、また逆に胎児にとっては良くない事となってしまいます。あまり無理せず、何でも疑問に思う事は担当医へ相談して決めてもいいのではないでしょうか。たまの息抜きも大切にしましょう。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?