子宮頸管が硬くて開かない時の医療処置とは?

子宮の熟化が進まない!?

子宮頸管が硬くて開かない

お産が近づいてくると、子宮口はホルモンの働きで赤ちゃんが通りやすくなるように柔らかくなります。このことを「熟化」といいます。しかし、何らかの理由でお産間近にも関わらず子宮口が硬い方がいらっしゃいます。

子宮口が硬いままだと、陣痛が起こりにくくなり、赤ちゃんが下りてくることができません。出産予定日を過ぎてしばらくしても、子宮口が硬くて開かない・・・という場合には、人工的に子宮口を開き、陣痛を誘発する処置を行う事があります。子宮口がうまく開かないという場合には、どのような処置をとるのでしょうか?

子宮口が硬くお産がすすまない時の処置とは?

予定日を過ぎても子宮口が一向に柔らかくならず、お産が進まないという方は意外に多くいらっしゃるものです。そのような場合に行われる処置は下の通りです。

陣痛促進薬

なかなか陣痛が強くならずお産が長引いたり、破水したのになかなか陣痛がはじまらない場合や予定日を過ぎてもお産がはじまらず、胎盤の機能低下の心配があるときなどに使われます。

陣痛が強くなりすぎる過強陣痛が起こっていないか、赤ちゃんに影響が出ていないかなどをしっかりと監視しながら、錠剤もしくは点滴で投与されます。強い陣痛・・・過強陣痛について知っておこう

子宮頸管熟化薬

名前の通り、子宮頸管を熟化させるお薬となっています。上でもお話したように、お産の日が近づいてくると通常はホルモンの作用で子宮頚管が柔らかくなります。そのことを「熟化」というのですが、出産に近づいても一向に子宮頚管が柔らかくならない方がいらっしゃいます。そういう場合に、子宮頸管熟化薬を使用することがあります。子宮頸管熟化薬を使用する際は、妊婦健診時に薬剤を子宮頚管に挿入します。

ダイラパン

ダイラパンは、親水性ポリマーをベースとしたスティックのような器具です。子宮頸管に入れると子宮内の水分を吸って2~3倍に膨張するので、その力で徐々に子宮口を押し広げていきます。子宮口がかたくて開きにくいときは、更に1本ずつ追加で子宮口に挿入していき、子宮口を広げていきます。初産婦、経産婦共に最大で5~10本程度まで子宮頚管に入れることがあります。

ラミナリア桿(ラミナリアかん)

コンブの茎根を原材料とした木の枝のようなもので、水分を含み膨らむ力を利用して、ゆっくりと時間をかけて子宮口を広げます。誘発分娩の際、子宮口が0~1.5cmしか開いていない場合などに、子宮口に挿入します。挿入時間は24時間以内と時間が限られています。類似品としてコンブで出来たラミナリア桿ではなく、化学繊維で出来た「ラミセル」もあります。

メトロインテル

水風船のようなもので「バルーン」 「メトロ」と呼ばれることもあります。管の先についた風船をしぼんた状態で子宮口に挿入し、注射器で滅菌水を入れて膨らませます。ふくらませた分だけ子宮口を広げる作用があります。ラミナリア桿では、思ったほど効果が得られなかった時や、子宮口が2~3cmしか広がらない時に使います。メトロインテルには、子宮口を広げる効果だけではなく、陣痛を誘発する効果もあります。

まとめ

子宮口の開きが1cm程度ならダイラパンやラミナリア桿、3cm程度ならメトロイリンテルを挿入することが多いようです。また、器具を使う前に子宮頸管熟化薬を試してみて、それでも子宮頚管の熟化が進まない場合に器具を使用するという方法をとる病産院も多いようです。

お産の進みは人それぞれです。うまく子宮頚管の熟化が進まない方も多くいらっしゃいますので、あまり心配する必要はありません。子宮頚管を広げる・熟化させることが出来たら・・・いよいよ待ちに待った赤ちゃんとのご対面(出産)が待っています。

初産の方は、恐怖心や不安感が大きくなってしまうでしょうが、緊張してしまうと筋肉がこわばってしまい、余計に痛みを感じたり、お産が長引いたりしてしまう可能性があります。リラックスしてポジティブ思考で出産に挑みましょう!陣痛への恐怖心を乗り越えよう!出産を怖がる女性は分娩が長引く!?

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?