きれいな発音ができる時期

きれいな発音ができる時期

子どもが赤ちゃん言葉から、大人と同じような発音になるのはいつかご存知ですか?自分たちがいつから、今はなしているようなきれいな発音になったか、覚えている方は少ないかと思います。

かわいい赤ちゃん言葉を話していた子どもも、気が付くと、いつの間にか大人のような発音ができるようになっていることが多いです。ただ発音の発達は個人差の出やすいもののひとつです。周りのお子さんとの比較だけで、「うちの子は発音が悪い」と感じるのではなく、いつ頃までに発音ができていればいいのかを知ることが大切です。

日本語の音は、それぞれおおよそ獲得できる時期(きれいに発音できる時期)があります。

  • 母音:子音より早く、3歳までにはきれいに発音できるようになります
  • 子音:母音より遅く、6~7歳までにはすべての音がきれいに発音できるようになります。

日本語の音の中では、「パ行・バ行・マ行・タ・テ・ト・ダ・デ・ド・ナ行」が早い時期に発音ができ、その次に「カ行・ガ行・ワ行・ハ行」が発音できるようになります。「サ行・ラ行・チ・ツ・ザ行」は発音ができるようになるのに時間がかかる音と言われています。

例えば、1歳前後で話し始めた子どもが、3歳になって「バス」を「バチュ」と言っていても大きな心配はありませんが、「バス」を「アウ」と言っていたら早めに原因を探り対応する必要があります。

早い時期に発音ができるようになる音については、3歳を目安に発音できているかチェックをしてみましょう。それ以外の、特に発音ができるまでに時間がかかるものについては、5歳になるまでに発音ができない場合には、専門機関に相談にいきましょう。ただ、6~7歳まで自然に改善する可能性もあるため、大人は焦らずにお子さんのペースに付き合っていくようにしましょう。

また、話し始めの遅いお子さんは、話し始めるのが遅い分、きれいに発音できる時期が少し遅くなることがあることも覚えておきましょう。

中野美有 先生

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー