遊びの中でできる発音の練習

遊びの中でできる発音の練習

発音を改善させるためには、どんなことが必要でしょう。もちろん発音の「訓練」と言われる練習も必要です。ただ、子どもにとって楽しいと思える活動である方が、子どもも積極的に取り組めますよね。そこで、発音が改善するための遊びを紹介したいと思います。

吹く遊び

  • シャボン玉
  • ストローを吹いて水をぶくぶく泡立てる(食事中などにはやらないように伝えることが必要)
  • 絵具を使った吹き絵
  • 吹き戻し
  • 風船を膨らませる
  • ピンポン玉を吹いて的に当てるゲーム
  • ろうそく消し

うまく吹くことができないお子さんには、ストローを使って吹く練習をすると効果的です。また、シャボン玉のように吹いたことが視覚的に確認できる活動も効果的です。

口を動かす遊び

  • 顔真似遊び
  • にらめっこ
  • 口の周りにデコペン(チョコレート)などをつけて舐める(手を使わないルールにする)
  • 口に貼ったシールを手を使わずに取る

ただ口の動きを真似するのでは楽しくなくても、「変な顔大会」と称して様々な口の動きを促してみると楽しめるかもしれません。また、口の動きを促す際には鏡を見ながら行うことで、意図的に口を動かしやすくなります。

声を出す遊び

  • 絵カードをみながら動物の声あてゲームをする

「わんわん」のような動物の鳴き声は、同じ音の繰り返しであることが多いです。同じ音の繰り返しは、発音しやすく、練習には適した言葉になります。動物だけではなく、「プップー」は車の音など、同じ音の繰り返しが使えるものであれば、どんなものでも題材になります。

ここで紹介した物は、一例です。吹く遊びや、口を動かす遊び、声を出す遊びをすることで、口の機能が向上し、発音へ良い影響を与えます。ぜひお子さんと遊ぶときに、こういったことを意識して、遊びを選んでみてください。

中野美有 先生

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー