「伝える」「伝わる」という喜びがコミュニケーションを育てる

「伝える」「伝わる」という喜びがコミュニケーションを育てる

話をしていて、相手にきちんと自分の思いが伝わるとうれしいのと同時に、またこの人と話がしたいと思うのではないでしょうか。またその反対に、うまく伝えられない時には(例えば、外国語で相手に伝えるときなど)、「もう話すのをやめようかな」とくじけてしまうこともあるかもしれません。

大人になると「伝わる」ことが当たり前に感じるかもしれませんが、子どもにとって、「伝わる」ということは大きな喜びになります。また、その喜びが「もっと話をしよう」というコミュニケーションの力を育ててくれます。では、「もっと話をしよう」と子どもが思えるための、関わり方の一例をご紹介したいと思います。

言葉を話す前の子ども

喃語でのおしゃべりができるようになると、「あーあー、うーうー」と相手に向かって語り掛けてくると思います。その時に、大人が同じように声を真似て返したり、「そうなの」などと相槌をうってやり取りをするだけでも、コミュニケーションの力が育っていきます。そしてどんどん喃語が活発になっていきます。

こちょこちょ遊びなどで、動きを止めたときに、子どもがもう一度やってほしくて何かしらのアクションを起こします(声を出したり、手を動かしたり、目を合わせたりなど)。そのアクションを受け止めて、「もう一回やりたいの?じゃやってみよう」と繰り返し遊びを行うことで、「こうしてほしい時には、こうすればいいんだ」ということがわかってきます。

言葉を話し始めた子ども

言葉を話し始めた子どもの言葉ははっきりしないものも多いと思います。聞き取れるものに関しては、「~なんだ!」と繰り返し、きちんと伝わっていることをフィードバックしてあげましょう。また、聞き取りにくい言葉もあるかもしれませんが、「そうなんだ」と相槌を打ちましょう。次第に、「そうなんだ」と相槌だけでは子どもが満足できなくなってきたときには、言葉以外の手段(ジェスチャーや絵など)を使って何と言っているのかを子どもと一緒に確認するようにしましょう。またその際には、正しい言葉を聞かせてあげるようにしましょう。

また、子どもがリクエストしてきたことに対して、できるだけ応じるようにしましょう。ただ、生活の中ではすべてに応じることができないのが現実だと思いますので、「今はできないから、~の時にやろうね」などと約束をしてみてください(「あとでね」の曖昧な約束ではなく、明確に伝えることも大切です)。また、どうしてもできない時には、「出来ない理由」を伝えてあげてください。

言葉を話し始めた子どもの発音が聞き取れないこともあるかもしれませんが、そういう時に「何と言ってるかわからないよ」「もっとちゃんと言って」といったような返答をすることで、「相手に伝わっていないんだ」というフィードバックを与えてしまいます。せっかく育ち始めたコミュニケーションの力をさらに伸ばすために、きちんと伝わっていることを子どもにフィードバックするようにしてみましょう。

中野美有 先生

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー