おなかの赤ちゃんに質問してみよう!!

おなかの赤ちゃんに質問してみよう!!

~ポイント③赤ちゃんに質問してみる~

こんにちは。臨床心理士の飯島です。秋がだいぶ深まり、公園の木々も色づく季節となりました。皆様、いかがお過ごしですか?前回は、おなかの赤ちゃんとのコミュニケーションのポイントのうち、②赤ちゃんは、何か話したがっていると仮定するについて、お話させていただきました。今回は、ポイント③赤ちゃんに質問してみるについて、詳しくお話させていただきますね。

人とコミュニケーションを取る上で、とても重要な働きをするのが「質問」です。おなかの赤ちゃんとのコミュニケーションにしても、同じこと。質問することは、相手の存在を認め、「あなたに興味がありますよ」ということを暗に示していることにもなりますし、質問を通して相手の考えや気持ちを理解し、絆を深めることにもつながります。さて、心理学的に言うと、質問には2種類あると言われています。次のAとBの質問を比べて、何が違うか考えてみて下さい。

  • A.「あなたは、男の子?」 「今、起きてる?」
  • B.「今度のお昼ごはん、何がいい?」「あなたは、どうしてママのおなかに来てくれたの?」

AとBの違い、わかりましたか?Aは、「閉ざされた質問」と言われるタイプの質問です。「はい」「いいえ」で答えられるのが特徴で、会話のきっかけづくりとなる質問です。赤ちゃんとのコミュニケーション初心者の方でも比較的しやすく、赤ちゃんの胎動を感じるようになったら、キックゲーム(赤ちゃんにおなかを蹴ってもらってコミュニケーションを取る方法)などを通して、赤ちゃんからの答えも受け取りやすくなると思います。

Bは、「開かれた質問」と言われるタイプの質問です。「どうして~」「何が~」「いつ~」「どんな~」など、相手に自由な答えを促すのが特徴で、会話を広げ、相手との絆を深めることができる質問です。しかし、おなかの赤ちゃんとのコミュニケーションに用いるには、少し敷居が高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。でもね、使いやすいからと言ってAの「閉ざされた質問」だけだと、どうしても会話が行き詰まり、なかなか関係も深まっていきません。実際、ご主人や友人などに「閉ざされた質問」だけを使った会話を試してみると、それが実感できると思います(笑)。おなかの赤ちゃんとの絆を深めるためには、Bの「開かれた質問」も合わせてしていくことをおススメします。

では、どうやって、おなかの赤ちゃんからの答えを受け取ることができるのか??まだ言葉を通してコミュニケーションが取れないおなかの赤ちゃん。表情だって読み取れません。だけど、大丈夫。おなかの赤ちゃんからの答えを受け取る方法がちゃんとあるのです。次回は、「おなかの赤ちゃんとのコミュニケーションってどうすればいいの?~ポイント④ 赤ちゃんからの答えを受け取る~」について、詳しくお話していきますね。お楽しみに☆

飯島ゆみこ 先生

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー