おなかの赤ちゃんからのメッセージを受け取るコツ

おなかの赤ちゃんからのメッセージを受け取るコツ

~ポイント④赤ちゃんからの答えを受け取る~

こんにちは。臨床心理士の飯島です。秋が通り過ぎて、木枯らしが吹く季節になりました。体調を崩しやすい時期ですので、お気をつけてお過ごしくださいね。さて、前回は、おなかの赤ちゃんとのコミュニケーションのポイントのうち、ポイント③赤ちゃんに質問してみるについて、お話させていただきました。今回は、ポイント④赤ちゃんからの答えを受け取るについて、詳しくお話させていただきますね。

前回、コミュニケーションを深めるためには、「質問」が大切な働きをするということをお話させていただきました。「質問」したら、今度は「答え」を受け取る番ですね。だけど、おなかの赤ちゃんは、もちろん、まだ言葉を話せません。表情だってわからない・・・。では、どうやって赤ちゃんからの「答え」を受け取ればいいのか?そのためには、質問した後、このように赤ちゃんに伝えるようにしましょう。「あなたからの答えを、ママにわかるように教えてね。」ここでのポイントは、「ママにわかるように」という一言を付け加えておくことです。そして、その後は、ご自分の感覚に意識を向けつつ、赤ちゃんからの答えを待ちましょう。

以前のコラムでも書いたように、ママとおなかの赤ちゃんのコミュニケーションの仕方は十人十色。ある人は、赤ちゃんからの答えをイメージで受け取るかもしれないし、ある人は、たまたま見た本のタイトルで受け取るかもしれない。あるいは、誰か別の人の話を通して、赤ちゃんからのメッセージを受け取る人もいるかもしれません。また、もしかしたら、すぐにはメッセージをもらえない人もいるかもしれません。でも、大丈夫。あきらめないで、待ち続けること。すると、ベストタイミングで、何となく「きっと、これが赤ちゃんからの答えだろうな・・・」という感覚が湧いてくると思います。

そう!!それが、まさに赤ちゃんからの「答え」なのです。大切なのは、「何となく○○な感じかなぁ?」という感覚です。どんな方法で受け取ったメッセージであっても、あなたの直感を信じてください。思い出して。赤ちゃんとあなたは、「へその緒」という絆で結ばれているということを。赤ちゃんとコミュニケーションを取るときは、「へその緒」を赤ちゃんと自分とをつなぐ「電話線のように意識して、お話ししてみるのもいいかもしれませんね。

赤ちゃんからのメッセージを受け取ったら、「ママは○○と受け取ったよ。ありがとう。」とフィードバックすることもお忘れなく!そして、どんどん質問して、答えを受け取り、おなかの赤ちゃんとの絆を深めていってくださいね♪赤ちゃんとのやり取りをメモにして残しておくのもおススメです。赤ちゃんが大きくなってからでも、いい思い出になりますよ。

ここまで、おなかの赤ちゃんとのコミュニケーションについてお話してきましたが、参考になりましたか??体験談やコラムの感想、リクエストなどもいただけると嬉しいです。次回は、「胎教」についてお話していきたいと思います。お楽しみに☆

飯島ゆみこ 先生

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?