絵本とベビーサイン おすわりの頃の取り入れ方

絵本とベビーサイン おすわりの頃の取り入れ方

子育てがスタートすると出会うもの、それは絵本。私も、子供たちが生まれてから本当にたくさんの絵本を生活に取り入れました。もちろん、ベビーサイン育児でも絵本はとても重要な役割を果たしてくれます。

ベビーサインを育児に取り入れたお教室卒業生さんと講師たちへのアンケート結果では全体のなんと91%のお子さんが絵本好きに育ったという結果もあるくらい、ベビーサインをしていると絵本、将来的には読書が好きなお子さんに育つんです!

おすわりできるくらいからスタートできるベビーサイン。赤ちゃんとの絵本生活もこのころからスタートしてみてはいかがでしょうか?おすわりが安定してくると、両手が使えるようになり、今までただ、なめるだけだった絵本をじっと見るようになったり、ママのお顔と絵本を交互に見ながら絵本を楽しむ様子も見られるようになり、ママも絵本の時間が楽しくなる頃。

お勧めの絵本は

「くらいくらい」はせがわせつこ

赤ちゃんが初めてできるようになるサインとして確立の高い【電気】というサインを繰り返し見せてあげられる絵本です。この絵本を紹介したら、是非実生活でもお部屋の電気をつけたり消したりしながらサインを見せてあげてくださいね。

電気のベビーサイン
電気のベビーサイン

「いないいないばあ」 松谷みよこ

赤ちゃんの大好きな「いないいないばあ」を繰り返し見せてあげられる永遠のベストセラー。このころの赤ちゃんはママがお顔を隠しても、ばぁ~という声と一緒に顔が出てくるということを予測して、その予測通りになることを楽しむ時期です。ママは笑顔で赤ちゃんのこの繰り返しに付き合ってあげてくださいね。繰り返しの時には「もう一回する?」と言って、【もっと】のサインを忘れずに。

もっとのベビーサイン
もっとのベビーサイン

「ばいばい」 まついのりこ

ボードブックで赤ちゃんのよだれも気にせずに持たせてあげられる1冊。まずは【バイバイ】と【こんにちは】の日常でよく使うジェスチャーだけを取り入れながら見せてあげると良いですね。動物にも興味を示すようになったら【ゾウ】【ウサギ】【キリン】【カエル】なども教えてあげると良いですね。

  • 【ウサギ】・・・両手を頭の上においてピョンピョン動かすジェスチャー
  • 【電気】・・・片手をパッパッと開いたり閉じたりします
  • 【キリン】・・・片手で首を下から上になぞります
  • 【ゾウ】・・・片手でゾウの鼻をなぞるように下に動かします
  • 【カエル】・・・両肘をはって、上下に動かします

この時期は絵本の中に出てくる人や動物に興味を示す時期なので、そういったものが1ページにわかりやすく描かれたものを選ぶと良いでしょう。

赤ちゃんとのベビーサインを交えた絵本の時間、始めてみませんか?

吉中みちる 先生

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー