【助産師が教える】産後の抜け毛とその対策

産後に、「シャンプーしていたら髪の毛がごっそり抜けている!」「床には髪の毛だらけ」といった経験はありませんか?

産後に髪の毛が抜ける症状を感じる人は少なくありません。
髪の毛が抜ける時期と原因について、また自宅でできるセルフケアについて紹介します。

産後に髪の毛が抜けやすい時期


抜け毛は、産後2ヶ月~6ヶ月ごろがピークです。

6ヶ月~1年くらいたてば回復することが多いため、ピークの時期に正しい対策をすると抜け毛症状を最小限におさえることができます。

以前にこんな方がいらっしゃいました。

おひとりめを出産して2ヶ月後から髪の毛が抜けはじめ、ついにはほとんど全部の髪の毛が抜けてしまったのです。

その方は産後4ヶ月ごろからウィッグをつけるように。
慣れない育児とウィッグ生活でさらに頭皮に負担がかかったのか、1年たつころには頭頂部に数本残る程度という状態まで抜けてしまいました。

再び髪の毛が生えてくるまでに2年以上かかったそうです。

その方がおふたりめを出産した際に「私は髪の毛が抜けやすい体質なのだ」と意識して頭皮にやさしい生活を心がけたそうです。

すると、ほとんど髪の毛が抜けることなくウィッグも必要ありませんでした。

出産はからだのどの部分に影響が出るのかは一人ひとり違います。

お友だちと違う症状だとしても「自分だけ異常なのでは?」と悩む必要はありません。

この記事もチェック!

スポンサーリンク

産後に髪の毛が抜けやすい理由


産後の抜け毛の理由は大きく分けて以下の通りです。

女性ホルモンの関係

女性ホルモンであるエストロゲンが、出産すると急激に減少します。

引用・参考文献:青野敏博「新女性医学体系32・産褥」中山書店2001より

エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンで、肌や頭皮を若々しく維持する働きがあります。

また、髪の毛の成長を促し、髪の毛の寿命を延ばす働きもあります。

出産によってこのエストロゲンが急激に減少することで、髪の毛が抜けやすくなるのです。

この記事もチェック!

頭皮が乾くから

出産によって消耗した体力や毎日の母乳育児などにより、産後のからだは乾燥しやすい状態になっています。

特に頭皮が乾くことで、毛根が髪の毛を支えきれなくなり抜けてしまうのです。

産後は頭皮だけではなく、お肌の乾燥や目の乾燥などがあり、全身が乾燥しやすい状態になっています。

育児による生活スタイルの変化

出産により、夜間の授乳やくり返すだっこ。
また、自分のペースでおしゃべりやテレビを見ることもできません。

このような生活スタイルの変化に緊張し、ストレスを感じて血流が悪くなることも髪の毛が抜けやすい理由のひとつではないかと考えられています。

合わせて読みたい!


産後の抜け毛対策

産後に髪の毛が抜ける原因のひとつが「頭皮の乾燥」のため、頭皮を潤して栄養を与えることが基本です。

頭皮のオイルマッサージ

髪の毛にたくさんトリートメントをつけても頭皮に栄養を与えられません。

しかし頭皮に栄養を与えて潤すことで、髪の毛が抜けにくい状態を作れます。

まずは頭皮にオイルをつけてもみこみます
このときにつけるオイルの量は、手のひらいっぱい分くらいが適量です。

オイルの種類はさまざまありますが、ごま油やホホバオイル、オリーブオイル、アーモンドオイルなどの植物油が肌によく浸透します。

ベビーオイルは鉱物油なので、頭皮への使用はおすすめしません。

指先でやさしく頭皮マッサージをします。
髪の毛もべたべたになるので、シャンプーの前にもみこむと続けやすいですよ。

食事や睡眠

当たり前のことですが、ビタミンや良質なたんぱく質をしっかりとり、睡眠不足にならないことが髪の毛の成長を促します。

ただ、産後は「そんなことわかっているけれどできない~!」というなにかと忙しい時期。

抜け毛が気になるときは治療だと思って、ちょっとぜいたくな食生活はいかがですか?

おいしいお肉やお刺身、ウナギなど、良質なたんぱく質を摂って身体をいたわってくださいね。

頭皮を乾燥させない

頭皮を乾燥させることは、抜け毛対策のNGです。

たとえば、カラーリングやパーマは頭皮を乾燥を招きます。

産後にカラーリングやパーマ自体は問題ありませんが、抜け毛が気になるときは、せめて毛周期が変わる産後6ヶ月程度は控えるようにしましょう。

また、暑い夏に帽子をかぶらず太陽光を浴びることも乾燥につながります。

抜け毛が気になるときには帽子や日傘などを使用し、頭皮が乾燥しにくい工夫をしてくださいね。

この記事もチェック!

抜け毛対策は産後だけではない


髪という漢字は「長い友」と書き、女性にとって美しい髪の毛は憧れという方も多いでしょう。

産後に限らず、女性特有の病気や更年期など、女性の一生には抜け毛を感じる機会が何度もあります。

とくにエストロゲンが減少する更年期は抜け毛を感じる女性が多いようです。

抜け毛が気になるときは「髪の毛よりも頭皮に栄養を与える」「頭皮を乾燥させない」という対策を覚えておくことで、未来の抜け毛の早期対策ができます。

産後だけではなく年齢を重ねても、抜け毛が最小限ですみますように。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー