食事嫌いな子供にしないためにできること

食事嫌いな子供にしないためにできること

みなさん、こんにちは 美紀ピアです。私は、ハワイで2歳の娘の子育てをしています。

  • お腹を満たす
  • 一緒に食べる楽しみ
  • バランスよく食べられるようになること

これは回答ではなく、一例です。みなさんは、いくつ思い浮かべましたか?その中で、子供の将来につながっている言葉は出てきましたか?

食というのは、今のカラダやココロを作るものでもあるけれど、未来のカラダを作るものでもありますよね。

これから一生、続けていく『食べる』という行為

お腹を満たすだけではない楽しみのひとつになるように育てることは、大切な子育てのひとつです。

今は、子育ても学ぶ時代。子どもを授かっても、その後の育て方を教えてもらっていませんから。子どもごはん、オトナごはんも同じです。目の前にあるものをただ食べさせるのではなく、将来も見据えて、日々の食事を美味しいものにしていきましょう。

食事嫌いな子供にしないために一番大切なことは、食事中に怒らないことです。

ぐちゃぐちゃにしてしまったり、一生懸命作ったものを食べてくれないこともありますから。イライラする気持ちがあるのはわかります。我が家も以前は小食な娘でしたから、半分以上捨てていたこともしばしばありました。それでも、食=楽しい ものにしたいという気持ちが強いので、どうして食べてくれないの?と追及せずにきました。

今は、食べないものもありますが、たくさん食べてくれるようになりました。

食事中に怒ってしまうと、子どもが委縮してしまい食事の消化吸収に影響がある胃腸の働きを鈍らせることもあります。食事中の夫婦喧嘩や、怒ることは楽しいはずの食事も楽しくなくなってしまい、食事嫌いになってしまう事もあるので、避けるようにしましょう。

美紀ピア 先生

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妊婦さんに必須の葉酸とは?なぜ必要?正しくとる方法

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!でもその理由は?どうやってとったらいいの?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

子どもの教育費や保険で悩んだときにどうすればいいのか、体験談を交えてご紹介します。