【神経管閉鎖障害(NTDs)】症状は?妊娠中の予防法は?

赤ちゃんの先天性の病気のひとつに「神経管閉鎖障害(NTDs)」というものがあります。

せっかく生まれてくる赤ちゃんに、何も異常がないことこそ一番好ましいですが、神経管閉鎖障害は特に予防しておきたい病気です。

今回はこの神経管閉鎖障害の症状や原因、予防方法などについて解説します。

≫神経管閉鎖障害の予防方法を知りたい人はコチラ

神経管閉鎖障害(NTDs)ってどんな病気?

そもそも「神経管閉鎖障害(Nneural Tube Defects略してNTDs )」は妊娠初期に起こる先天異常です。

神経管閉鎖障害は、妊娠4~5週の時期に神経管がうまく形成されず一部分がふさがり脳や脊髄の機能に異常をきたす病気です。

神経管の下部が塞がってしまう場合「二分脊椎症(にぶんせきついしょう)」、上部に現れる場合「無脳症(むのうしょう)」を発症します。

二分脊椎症の症状は?

神経管の下部が塞がり発症します。

通常であれば、脊椎の管の中にあるはずの「脊髄」が管の外にさらされることで、損傷してしまいます。

脊髄が傷つくことで神経障害がでてしまい、日常生活をかなり困難なものにしてしまいます。

日本国内での発症率は、1万人に6人前後です。
さらに二分脊椎症には、顕在性二分脊椎症と潜在性二分脊椎症の2種類あり、それぞれで症状の現れ方が違います。

顕在性二分脊椎症(開放性)

どの部分がどの程度損傷したのかによりますが、症状には重度から軽度までかなり個人差があります。

下肢に何らかの異常が起これば歩くことが困難になったり、排せつが思うようにできない、また知的障害が発症する場合もあります。

車椅子での生活や、排泄障害に対しては排泄を促すこともすべて人為的に行います。

また、顕在性(開放性)二分脊椎症は、以下のような合併症があります。

合併症 症状
1.水頭症 髄液が頭蓋腔内に貯まり、脳室が正常より大きくなる病気。
2.けいれん 自分の意志とは関係なく、筋肉の収縮が続く状態になる
3.キアリ奇形 小脳が蓋骨から脊椎に落ち込んだ状態になる
4.股関節脱臼 関節の位置がずれてしまう病気
5.側彎症 脊柱が側方へ曲がり、そのうえ、ねじれも加わる病気
6.脊髄空洞症 脊髄の中心部に脳脊髄液がたまった空洞を作り、ちくわ状になることにより、脊髄を内側から圧迫して、いろいろな神経症状が起こる病気。
7.学習障害 聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定されたものの習得と使用が難しくなる病気。

潜在性二分脊椎症(脂肪腫)

潜在性二分脊椎症は多くの場合、幼児期はあまり症状が見られません。

大人になってから症状が現れたり、小学生や思春期のころになって体機能の低下がみられます。

脊髄係留症候群といって、腰の部分でくっついた脊髄が、身体の成長についていけずに引き伸ばされる状態になります。

下半身の神経の低下が顕著で、転びやすくなったり、尿が漏れるなどの症状が出ることもあります。

無脳症

神経管の上部がふさがると発症する無脳症は非常に重大な病気です。
神経管の閉鎖によって脳が作られず、頭蓋と大脳がない状態になります。

この場合、超音波(エコー)検査により妊娠14週頃には診断できます。

脳以外の臓器には異常がない場合も多く、胎児は成長を続けますが結果的に流産や死産になることがほとんどです。

日本での無脳症の発症率は約1,000に1人いるかいないか程度です。
そのうち75%が死産となり、1週間以内の生存率はかなり低くなります。

神経管閉鎖障害が起こる原因は?

では、この神経管閉鎖障害はなぜ起こるのでしょうか?

神経管閉鎖障害の主な原因として挙げられるのは、妊娠中の葉酸不足、妊娠期間中の環境、遺伝的要因の3つだといわれています。

妊娠初期における葉酸の不足

妊娠初期は脳や神経など、人間にとって非常に重要な部分を形成する時期です。
葉酸はDNAの合成や細胞分裂の過程でとても重要な役割を果たす栄養素です。

妊娠初期に葉酸の摂取量が著しく不足すると、細胞増殖が十分に行えずに神経閉鎖障害の発症するリスクが高くなります。

この記事もチェック!

妊娠中の生活環境

バランスの取れた食生活や正しい生活習慣も妊婦さんの基本ですが、なんでもないようなこれらの習慣が、とんでもないリスクを生むこともあるのです。

16 ~45歳の女性の野菜,肉,卵と牛乳の不足、つまり、葉酸、亜鉛,ビタミンAとビタミンB12の不足もリスクを高めることがわかっています。

つまり葉酸だけではなく、栄養バランスの乱れも神経管閉鎖障害の原因になるということです。

また、妊婦さんに、糖尿病や肥満、てんかん薬の内服、妊娠初期の高熱発作、放射線被爆、ビタミンAの過剰摂取などがあると、神経管閉鎖障害の原因となります。

喫煙やアルコールなども細胞分裂の働きを邪魔し神経管閉鎖のリスクを上げることがあります。

この記事もチェック!

遺伝的要因

そして最後にあげられるのが遺伝的な要因です。

神経管閉鎖障害のケースのうち、20~30%は遺伝子異常が関係しているため、遺伝子レベルで自己予防することは難しいといえるでしょう。

しかしながら、原因の半分以上は、そのほかの外的要因なので対策をとることが可能です。

神経管閉鎖障害は葉酸で予防できる?

葉酸の摂取が予防に最も有力!

現段階の研究結果では、神経管閉鎖障害の防止に有効な防止法として、アメリカをはじめ、世界中で呼びかけられているのが葉酸の摂取です。

日本でも厚生労働省から、以下のように葉酸摂取に関する情報が提供されています。

厚生労働省が推奨する葉酸のとり方

妊娠前1か月~妊娠3か月の女性に、通常の食事でとる葉酸(推奨量240㎍)にプラスして400㎍の葉酸を栄養補助食品から摂取することを推奨しています。

わざわざ栄養補助食品とされているのは、配合されているモノグルタミン酸型葉酸が食事からとれる葉酸とくらべて吸収がよいとされているためです。

上記のように葉酸を補うことで神経管閉鎖障害の発症リスクを70~80%減らすとされています。
(妊娠に気づいてからの葉酸摂取でもリスク低減されるという報告もあります。)

可能であれば妊娠を計画中の段階から、それができなかった場合は妊娠に気づいた段階で葉酸の摂取を心がけたいところです。

≫【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

推奨摂取量をきちんと守ろう!

葉酸が妊婦さんに重要な栄養素だからと言って、過剰に摂取することは避けましょう。

厚生労働省は葉酸の上限摂取量を1日1,000μg(1mg)としています。

これはサプリメントを過剰摂取すると、妊娠中の必須栄養素であるビタミンB12が不足していても、それを発見できなくなってしまうためです。

定められた量はしっかり守りましょう。

合わせて読みたい!

普段からの健康管理は大前提!

葉酸摂取もかなり大切な要因ですが、栄養バランスの乱れや喫煙、飲酒も神経管閉鎖症の理由になると説明しました。

これらの要因をひとつひとつ排除していくことが予防するための近道です。

妊娠を計画している女性は、妊娠中のみならず妊娠前からの適切な食事、生活習慣の改善、禁煙・禁酒が必要不可欠です。

できる限りの予防をして子どもを守ろう!

神経管閉鎖障害は100%完全に予防することが難しいのは確かですが、努力次第で、発症リスクをかなり高確率で防ぐことができます。

神経管閉鎖障害が発症すると、赤ちゃんだけでなくママやパパもさまざまな困難を乗り越えなければなりません。

葉酸や日ごろの生活習慣を見直して、少しでもリスクを抑えるようにしましょうね!

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク