【小児歯科医が教える】「一生むし歯ゼロ」のために大切な2つの時期とは?

厚生労働省のおこなった平成28年歯科疾患実態調査によると、日本で永久歯のむし歯が1本もない人の割合は、
10歳以下で約90%、
15~19歳で約50%、
25~29歳で約10%と減っていき、
40代では1%以下
という残念な結果でした。

小児歯科にお子さんを連れてきてくれているママやパパに話を聞くと「自分はむし歯で苦労したので、子どもにはむし歯ができないようにしたい」という方がとても多いです。

でも、中には「私は今まで一度もむし歯になったことがないんです」というママやパパもいます。

毎日一生懸命歯をみがいて、甘いものもがまんしているのに次々むし歯ができてしまう人と、1年に1~2回歯科の定期検診に行くだけで、一度もむし歯になったことのない人には、どんな違いがあるのでしょう。

実は「一生むし歯ゼロ」でいるためには、子どもの2つの時期がとても重要なのです。

大人になってもずっとむし歯で苦労することがないようにするためには、いつ、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

(1)歯が生えてから3歳まで

まずひとつめの大切な時期は「歯が生えてから3歳まで」です。

赤ちゃんは生まれたとき口の中にむし歯菌はいませんが、歯が生えてくると、むし歯菌が歯に定着するようになります。

とくに1歳半から2歳7ヶ月の間に、周りの人からむし歯菌が感染するとわかっています。

この時期になるべく菌をうつさないようにすることが、その後のむし歯になりやすさに大きく影響します。

子どもにむし歯菌をうつさないようにするためには、子どもとふれ合わないようにするのではなく、周りの大人、特にママのお口の中をきれいにしておくことがもっとも効果的です。

具体的な方法については、こちらの記事をお読みください。

赤ちゃんにキスするとムシバ菌がうつるって本当?

また、この時期は子どもの味覚や好みが育つ時期です。

この時期に味の濃い甘いものが好きになってしまうと、薄い味のものが食べられなくなったり、甘いものがないといられない子になってしまいがちです。

3歳までに身についた味の好みは、大きくなるまでずっと続くことが多いのです。

ぐずったらおかし、ごほうびにチョコ、おとなしくしていてほしいときはアメ…と、しつけに甘いものを利用しないようにしましょう。

歯みがきよりも効果的なむし歯予防~甘い飲み物を覚えさせない~

歯みがきよりも効果的なむし歯予防~3歳までのおやつ~


スポンサーリンク

(2)乳歯から永久歯への交換の時期

次に大切な時期は、「乳歯から永久歯に次々生え変わっていく小学生から中学生」の時期です。

歯は、生えてから最初の2~3年はまだ弱いためにとてもむし歯になりやすいのですが、その時期をすぎると新しくむし歯になるリスクはぐっと少なくなることがわかっています。

つまり、全ての永久歯が生え揃ってから2~3年後までむし歯ゼロでいられたら、その後もずっとむし歯にならない可能性がとても高くなるということです。

この時期に定期的に歯科検診に通って、機械を使ったクリーニングや歯みがき練習、シーラントなどでしっかりむし歯予防をしましょう。

また、生えたばかりの歯は特にフッ素の効果が高いので、この時期に定期的にフッ素を塗ってもらうのもおすすめです。

参考:小児歯科学雑誌39(3) 「永久歯における齲蝕の発生に関する検討-新規発生と再発の状況-」

まとめ

つめものをしたりかぶせものをしたりインプラントをしたり、大人になってもむし歯と縁が切れない人と、定期検診だけでむし歯が1本もない人では、一生のうちに歯にかかる労力もお金もとても差があります。

子どもの2つの時期が、この分かれ道を決める重要な期間ですので、この時期にこそしっかり定期検診に通って「一生むし歯ゼロ」のお口を目指しましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク