パパに知っていてほしいママの身体の変化(妊娠中期編)

パパに知っていてほしいママの身体の変化(妊娠中期編)

妊娠中期編

妊娠中期に入ると、ママのお腹は大きくなり、パパから見ても変化が分かるほどになってきているのではないでしょうか?

妊娠中期は「安定期」と呼ばれる時期に入ります。妊娠5ヶ月に入る頃には、つわりが落ち着くママも多くいらっしゃいますので、元気なママの姿を見ることができるようになるでしょう♪それでも、妊娠中は様々なトラブルを多く抱えているものです。妊娠中期にはどのような体の変化があわられるのか見ていきましょう!

妊娠中期って、いつからいつまでの事を言うの?

妊娠5ヵ月~7ヵ月(妊娠16週から27週まで)を妊娠中期といいます。妊娠中期になると、それまで苦しんでいたつわりから解放され、流産のリスクも減り、ほっとする時期です。妊娠中期は心も体も安定しやすい時期、“安定期”ともいわれます。

妊娠中期のママの体の変化

妊娠中期は、妊娠初期と違い様々な変化があらわれます。どのような変化があらわれるのか見ていきましょう!

つわりが落ち着きはじめる

つわりが落ち着き、食欲が出てきます。だるさもなくなり、体調が落ち着き始めます。※稀に妊娠後期、出産直前までつわりが続く方もいます。症状やつわりの期間には個人差がありますので、仮病だと疑わないようにしましょう!つわりについての詳細はこちら

頻尿になる

子宮が骨盤の下のほうへ下がるため、膀胱への圧迫が増し、頻尿になるママもいます。トイレが近くなります。「またトイレに行くの?」とからかわないようにしましょう!

便秘・痔

妊娠による女性ホルモンの影響と、妊娠して運動量が減ってきます。その為、腸の動きが鈍くなり、日に日に大きくなる子宮に腸が圧迫されてしまい、便秘に悩まされるママは多いものです。

皮膚トラブルが起きることもある

妊娠によるホルモンの影響で、かゆみや肌荒れなど、皮膚トラブルが起きることもあります。肌の乾燥やかゆみに悩まされるママが多くいらっしゃいます。頭皮がかゆくてイライラするというママもいらっしゃいます。

胎動を感じます

早いママだと、妊娠16週頃から胎動を感じ始めます。胎動とは、お腹の中の胎児が動く事を感じたり、目でみて分かるようになる事です。初めは弱かった胎動も週数が進むにつれて、強くはっきり感じるようになります。

おなかが目立ってくる

妊娠中期からは、妊婦健診で子宮底長を測れるようになります。子宮底長を測ることで、胎児の発育状況を知ることができます。

貧血になりやすくなる

妊娠中は、胎児の発育のために鉄分の必要量が増し、貧血になりやすくなります。赤ちゃんが成長する為に、ママの血液から赤ちゃんを優先的に栄養と酸素が送られています。

めまい・動悸・たちくらみ

妊娠中はおなかの赤ちゃんに優先的に血液が送られるため、脳への血液循環が低下しやすくなります。そのため、脳貧血を起こしやすくなります。

腰痛・背中の痛みがでてくる

大きくなお腹を支えるため、体の重心がずれおなかの重みで腰痛や背中に痛みが出てきます。生まれてくるとき、赤ちゃんが通過しやすいように準備がすすんでいるのです。

むくみ・足がつりやすくなる

ふくらはぎの筋肉が疲労し、足のつりが起こりやすくなります。妊娠中はおなかの赤ちゃんの成長に伴って、血液量がどんどん増えていきます。血液が増えると体内の水分も同じく増えるので、むくみやすくなります。

妊娠線が出来やすくなる

おなかが大きくなるのに伴い、皮膚が引き伸ばされて皮下組織が断裂し、妊娠線ができやすくなります。できてしまっても、産後は白っぽく目立たなくなってきます。妊娠線についてはこちら

骨盤関節の痛みがでる

おなかの重みやホルモンの影響で、骨盤の関節がゆるみ、腰痛が酷くなることがあります。

妊娠中期の注意点を知っておこう!

安定期に入れば、流産のリスクは減りますが、妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病切迫早産早産などの心配は残っています。「安定期=安全」と勘違いされている方々がいらっしゃいますが、妊娠初期にくらべると流産の可能性が減り、少しだけ安心していい時期に入ったという事ですので、安定期も油断は禁物です。引き続きママに無理をさせないようにしてくださいね。

妊娠中期にやっておこう!

妊娠中期に入ったら以下の事をやっておきましょう♪

帯祝い

妊娠5ヵ月のはじめの「戌の日」に、腹帯を巻いて安産を祈る日本独自の行事です。犬はたくさんの赤ちゃんを一度に産む動物で、安産の象徴とされています。それにより、戌の日に安産祈願をするようになったのです。ぜひご夫婦で安産祈願に出かけてみてください。

夫婦の思い出をつくる

赤ちゃんが生まれるとなかなかパパとママ二人きりで外出することは難しくなります。安定期に入ったら、夫婦の思い出作りをするのもよいでしょう。映画を見に行ったり、思い出の場所へ行ったり、近くの県に思い出作りの旅行に出かけるのもいいですね♪海外旅行や飛行機に乗っての国内旅行は、旅行先での緊急出産の例が多くあります。出来るだけ長距離の移動は控えるようにしましょう!

夫婦二人でベビー用品を見にいく事でさえ楽しい時期です。二人っきりで出かけることが今後少なくなるのかと思うと・・・夫婦水入らずの時間を楽しみたいと考えるようになりませんか?二人の時間を楽しく有効に使ってくださいね♪

妊娠中期からはだんだんとおなかも目立ってきます。7ヵ月頃からは殆どのパパが赤ちゃんが動くの(胎動)を感じることができるようになります。胎動を感じたパパは「父親になる喜び」を感じる方が多くいるようです。赤ちゃんは聴覚機能も発達し、赤ちゃんはパパの声を覚えて反応することもあるので、ママのおなかを触りながら、赤ちゃんに優しく話しかけてあげましょうね♪

※赤ちゃんはお腹の中から聞いています。ママに対して「家事をサボるな」「寝てばかりいるな」と文句を言ったり、怒鳴ったりすると、赤ちゃんも聞いているということを忘れないようにしましょう。稀に体内にいた頃の記憶をもって生まれてくるお子さんがおり、話せるようになった頃に「パパがママをいじめていた」と、胎内記憶を語りだす子もいるんだそうです。胎内記憶についての記事はこちらからごらんください

安定期に入ったと言っても、全ての不安要素がなくなったわけではありません。出産は、分娩後まで何があるか分からないものです。絶対にママに無理はさせないようにしましょう!

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク