「手伝おうか?」という言葉は何で駄目なの?

「手伝おうか?」という言葉は何で駄目なの?

手伝おうか?

ママに「手伝ってあげようか?」と声をかけたら、ママの機嫌が悪くなったということはありませんか?パパとしては好意でかけた言葉でもママを怒らせてしまう結果になったという事があるかもしれません。女性はなぜそのような言葉に怒りを感じてしまうのかを考えてみましょう!

「手伝う」ではなく、「関わりあう」

「手伝う」という言葉の裏には、「育児はママの担当で、僕の仕事ではない」という意識が隠れていているのでママの機嫌を損ねてしまいます。

「手伝おうか」といっておきながら・・・「○○ちゃん泣いてるよ~!ママがいいんだって」「うんちしてるよ~」と言うだけで、自ら動かなければ、それはさすがにママもカチンときてしまいます。育児はお手伝い感覚ではいけません。

ママは子育てをするのが当たり前・・・ということは、父親であるパパ自身も子育てに参加するのが当たり前ですね!なぜなら・・・ママとパパ二人の大切な大切な子だからです。パパが育児や家事に協力するのは当たり前のことなのです。

日中だけでなく24時間体制で子どもをお世話しているママに感謝の気持ちを持たなくてはいけません。

「ママ達は日中遊んでいていいよな・・・」と考えている方も中にはいるかもしれませんが、育児はそんなに楽なものではありません。自分のやりたい事(家事や仮眠など)が出来ない事や、小さい子はいつ体調を崩すか分からないという不安、動き回ることが出来るようになった子は、目をはなした隙に怪我をしたり、危ないことになってしまわないかという、命を守るというプレッシャーなどが365日間ずっと続くのです。ストレスやプレッシャー、不安などに押しつぶされそうになりながらも頑張っているママ達がたくさんいるという事を理解してもらいたいと思います。

育児や家事は、手伝うのではなくシェアしてお互いの負担を減らすという意識が大切です。以下の事はパパが今からでも始められる事です。

パパにできること「家事編」

  • 皿洗い
  • お洗濯
  • 掃除
  • 休日は出来るものでいいので食事をつくる

パパに出来ること「育児編」

  • 朝のお支度の準備
  • 子どもの送り迎え
  • お風呂にいれる
  • 寝かしつける
  • 絵本を読む
  • おむつを替える
  • ご飯をあげる
  • 遊びに連れて行く

普段は家族のためにお仕事を頑張っているパパは、なかなか赤ちゃんと触れ合う時間が少くないですよね。

「不器用だからできない」「普段やっていないからやり方がわからない」と、自分がやれる事は少ないと考えていませんか?実際はそうでもありません。パパに出来る育児はたくさんあります。また、赤ちゃんはパパとコミュニケーションをとる事を望んでいます。育児や家事は場数を踏むと自然と自信がついてきますので、積極的に赤ちゃんとの時間を作ってみてくださいね!

中には仕事がとても忙しくて休みも少なく家にいる時くらいはゆっくりしたいと考える方もいるかもしれません。しかしそれはママも一緒です。育児は年中無休。お互いに手を取り合って助け合って、時には「今日は俺(パパ)が1日面倒見るから休んでていいよ」「今日は私(ママ)が1日面倒見るから休んでていいよ」とリフレッシュする時間をお互いに作ってあげるのも大切です。

パパの育児参加はいいことがいっぱい

パパが子育てをすることで、たくさんのメリットがあるのをご存知ですか?まず、子どもの健やかな発育にとてもよい影響を与えます。パパも積極的に育児に関わることで子どもの興味や関心の幅が広がり、さまざまな世界観に触れることができます。

また、パパが自分を大切にしてくれている・愛してくれているんだと実感すると、子どもの「自己肯定感」が育ちます。

※自己肯定感とは・・・文字の通り自分を肯定する感覚の事を言います。自分の事を大切に思えるか、自分の事を信じることが出来るかという心の状態と関係してくるため、自己肯定感が低いと「自分は誰からも愛されていない」と感じたり、「どうせ自分がやると失敗する」と自分に自信が持てなかったりという子に育ってしまう事があります。

子どもの心が安定すると、非行防止にもよい効果があります。パパが育児に関わることで、ママに時間的な余裕がうまれ、精神的にもゆとりがうまれて子育てに前向きな気持ちになり、いい効果があります。

子育てに積極的に関わると、パパ自身の人生もとても豊かなものになります。「自分の親に感謝するようになった」「何でもない毎日も幸せに感じる」など、パパになった喜びをかみ締めることができます。

パパが育児をすることは、子どもやママにとってはもちろんですが、パパ自身にもとてもよい効果があります。

子育ては楽しさだけでなく、大変なことや苦労も共有してこそママとの信頼関係が育まれます。また、パパは日常からママに対しての感謝の気持ちなどを伝えましょう。

「いつもありがとう」「ママのおかげで、助かっているよ」など、ママを労う言葉をしっかり伝えましょう。そうすることで、「パパは頑張りを理解してくれている」「みてくれているんだ」とママは気持ちが楽になり、パパへの信頼感が増します。夫婦の絆・家族の絆がより一層深まるといいですね♪

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク