ママ(妻)の事を名前で呼んであげよう!

ママ(妻)の事を名前で呼んであげよう!

ママ(妻)の事を名前で呼んであげよう

結婚して、赤ちゃんが生まれてから妻のことを何と呼んでいますか?日本では「ママ」 「お母さん」と呼ぶことが多いようですが、「おい」「おまえ」「ねぇ!」「ちょっと!」など、名前以外の呼び方をしている方も結構いらっしゃいます。

口には出さないだけで、ママ達は名前で呼んでもらいたい・・・と思っています。結婚前までは名前やニックネームで呼んでくれていたのに、結婚して赤ちゃんがうまれたら、パパから名前で呼んでもらえることがなくなり・・・・

また、外に出れば「○○ちゃんのママ」としか呼ばれなくなり、大人の女性として扱われないことで寂しさを感じています。名前で呼ぶことでさまざまな効果があることがわかりました。ママのことを名前で呼んであげると、どのような効果があるのでしょうか?

ママが名前で呼ばれると起こる変化とは?

「ママ」「お母さん」ではなく名前で呼ぶことで、体の中のホルモンの働きにいい影響が出るという研究結果があります。普段は夫から名前で呼ばれていない女性を対象に、彼女たちが名前で呼ばれたときに起こる体内の変化を調べたのです。その結果、名前で呼ばれることでオキシトシンという“愛情ホルモン”濃度が15.9%も増加することが分かりました。

オキシトシンは別名“愛情ホルモン”といわれていて、好きな人と触れ合ったときなどに分泌されるものです。分泌されたオキシトシンにより、お肌のターンオーバーを促すなど美容効果もあるといわれています。

名前で呼ばれると心地のよい幸福感で気分が安定し、さらに美肌効果もありさまざまな効果が現れるんです。名前を呼んであげるとママがさらに美しくなる可能性があるのです。

また、ストレスがある時に分泌されるホルモンのコルチゾールは平均13%減少することがわかりました。ただ名前を呼んであげただけなのに…凄いですよね!それほど、子どもを産んだ女性は自分の名前を呼ばれることが少ないということなのでしょう。

ママの名前で呼んでみよう!

普段「ママ」「お母さん」と呼んでいる方は、いざ名前で呼ぶとなると“照れくさい・恥かしい”“勇気がいる”と感じるでしょう。ですが、一度呼び始めれば恥かしさなんてなくなります。最初の一歩を踏み出すと、その後は慣れてしまい以前のように名前で呼び合うのが日常になります。

名前で呼ぶことで、その人の存在を認めていることにもなり、お互いを尊重し合いうことにもなります。それにより、2人の愛は深まります。夫婦でお互いのことを名前やニックネームで呼び合っている人は、「パパ」や「ママ」などと呼び合う人よりも『夫婦間の満足度が高い』というデータもあるんですよ!

名前で呼ばれる、ただそれだけのことのように感じますが、女性のホルモンにいい効果があらわれるなんて驚きですよね。

今まで名前以外で呼んでいた方は、急に名前で呼ぶようにするっていうのは、照れくさいと感じるかもしれませんが、呼んだあとの妻の表情は幸せに満ち溢れているはずです。妻も1人の人間です。妻自身の生き方を尊重する意思をこめて、是非名前で呼んであげましょう。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク