【漢方薬剤師が教える】髪が生えてこない赤ちゃんは漢方でフサフサに

皆さんこんにちは。
タクヤ先生こと杉山卓也です。

小さなお子さんの成長不全については親御さんからすると、心配が尽きない内容ですよね。

今回は漢方の視点から赤ちゃんの成長について、その中でも「髪の毛」を主題にしてお話しします。

髪の毛を漢方で捉えると

髪の毛は漢方では「血の残り」という風に考えられます。

体内に巡った血液が最後に髪や皮膚、爪などを滋養するという考えに基づいているわけです。

ということは髪の毛がなかなか生えてこない赤ちゃんは、この血液状態に問題がある(不足していることがほとんど)ことになります。

これを解決するにあたっては赤ちゃんがもともと持っている能力と、後から補充するエネルギーの2点について考える必要があります。

この記事もチェック!

スポンサーリンク

赤ちゃんの「先天の精」

赤ちゃんが生まれながらに持っている体質や内臓機能などはご両親から引き継がれるものです。
これを漢方では「先天の精(せんてんのせい)」と呼びます。

ある程度成長し、自分の手で栄養をとれるようになりますとそこからの生活習慣や食養生で培われる「後天の精(こうてんのせい)」という後付の成長要素が加わります。

赤ちゃんの時期にはやはり先天の精に頼って成長をおこなう必要がありますので、すなわち赤ちゃんがママのお腹に授かった段階までのご両親の健康度や力によって赤ちゃんの成長は大きく左右されることになるわけです。

この記事もチェック!

漢方でできるふさふさ髪の毛赤ちゃん!

赤ちゃんの時期から漢方薬を飲むことは可能ですが、授乳期まではまず母乳の質を高めることでママから赤ちゃんによりよい滋養を与えてあげることが大切です。

ママの体質として、貧血がち(漢方でいう「血虚(けっきょ)」)だったり、血液の循環が悪い状態(漢方でいう「瘀血(おけつ)」)、あるいは体内のエネルギーが慢性的に不足している状態(漢方で言う「気虚(ききょ)」)などがありますと赤ちゃんに対してよい栄養を与えることが難しくなります。

疲れやすい、めまいがする、気力や元気が出ない、食欲がわかない、便通が悪い、あるいは下痢がちという方はこれらの体質のいずれか、あるいはいくつかを併せ持っている可能性があります。

ですので漢方薬の服用により効果的に体質を改善させることで、母子ともに健康状態を高めることができます。

事実、当店で子宝漢方をしっかりと服用していただいたママやパパの赤ちゃんはいずれも大きく、元気で夜泣きもせず、そして髪の毛が多い!これが本当に多くみられます。

主人の抜け毛も気になるけど赤ちゃんとの優先順位は比べるべくもない、という身も蓋もない全国のママはまずは赤ちゃんのためにご自身の弱った体質を改善してみてくださいね

この記事もチェック!

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー